宮脇健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
みやわき けん
宮脇 健
本名 宮脇 康之
生年月日 (1961-06-13) 1961年6月13日(55歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1964年 -
事務所 麗タレントプロモーション芸能部
主な作品
ケンちゃんシリーズ

宮脇 健(みやわき けん、1961年6月13日 - )は、日本俳優。旧芸名および本名は宮脇 康之(みやわき やすゆき)。子役時代は劇団日本児童に所属し、「ケンちゃん」としてお茶の間の人気者だった。

東京都出身。麗タレントプロモーション芸能部所属。堀越高等学校卒業。

経歴[編集]

  • 1964年山田洋次監督の映画『運がよけりゃ』で芸能界デビュー。
  • 1966年テレビドラマ『チャコねえちゃん』(四方晴美主演)に出演。以後1976年の『フルーツケンちゃん』までケンちゃんシリーズに出演。しかし、テレビでの活躍とは裏腹に家庭の崩壊、兄の自殺未遂、そして保証人になったことによる多額の借金と苦難に満ちた人生を送ることになる。
  • 1977年頃、ジャニーズ事務所の合宿所にも出入りしていた。
  • 1980年 、テレビドラマで共演した三原順子との交際が芸能誌に報じられる。しかし、その後、芸能界から干される状態となる。
  • 1982年、子役からの脱却を目的ににっかつロマンポルノ(本)噂のストリッパー』に出演。
  • 1984年マハラジャで黒服をやりながら結城哲也に弟子入りする(その際、吉本新喜劇にも出演)。
  • 1986年頃、マハラジャを退職し、東京でさまざまな職を転々する(墓地関係の営業など)[1]
  • 1989年沖縄地上げ屋に従事する傍ら、ローカルタレントとしての活動を行う。
  • 1990年豊川誕らと共にロックバンド『豊川誕とケンちゃんバンド』を結成した。
  • 1993年頃、東京で再びさまざまな職を転々する。
  • 1996年に結婚。
  • 1997年、子役時代の家庭崩壊などの内情を綴った『名子役の虚構 ケンちゃんの真実』を出版し話題となる。この頃はガス検針の仕事をする。
  • 1990年代末頃から2000年代初頭、「あの人は今!?」といった企画の常連となり、芸能界復帰への意欲を語り、『ケンちゃんシリーズ』を知らない後世代からも知名度を得る。
  • 2000年、占い番組において占い師から名前を「宮脇康之」から「宮脇健」に変えた方がいいとアドバイスされて芸名を「宮脇健」に変更。
  • 2004年1月、自叙伝『ケンちゃんの101回信じてよかった』(講談社)を発表。現在は2001年から始めた還元水生成器ビジネスで成功を収め、その後はバッテリーのリサイクル事業も行ないながら講演活動で全国をまわる傍ら、芸能活動も行っている。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

チャコちゃんシリーズ・ケンちゃんシリーズ(以上TBS

その他の作品

映画[編集]

  • 『チャコとケンちゃん』(1969年3月18日公開、東映
  • 『おもちゃ屋ケンちゃん よそではいい子』(1973年8月1日公開、東映)
  • 『お嫁にゆきます』(1978年7月22日公開、東宝
  • (本)噂のストリッパー』(1982年9月15日公開、日活
  • 『銀玉マサやん』(1992年12月12日公開、竜企画)
  • キリマンジャロは遠く』(2016年10月29日公開)

オリジナルビデオ[編集]

  • 『銀玉マサやん 琉球パチンコ決戦』(1993年9月17日発売、ポニーキャニオン
  • Zero WOMAN 危ない遊戯(ゲーム)』(1998年5月1日発売、マグザム)
  • 『闇の天使 DREAM ANGEL』(2001年8月3日発売、ケイエスエス)
  • 『麻雀飛龍伝説 天牌2』(2002年2月8日発売、ケイエスエス)

バラエティ(ゲスト含む)[編集]

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

  • 三洋金属
  • インターコネクト『翌ケロ』

著書・参考文献[編集]

  • 『名子役の虚構 ケンちゃんの真実』バラス、1997年
  • 『ケンちゃんの101回信じてよかった』講談社、2004年 - ISBN 406212226X

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • ジャンケン・ケンちゃん(1969年、東芝音楽工業) - B面は宇野ゆう子「さよなら また あした」
  • すし屋のケンちゃん/ないしょだよ(1971年、東芝音楽工業)
  • ケーキ屋ケンちゃん/さみしいな(1972年、東芝音楽工業)
  • おもちゃ屋ケンちゃん/ケンちゃんと遊ぼう(1973年、CBS・ソニー)
  • きみはマリちゃん/勇気と夢を(1973年、日本コロムビア)
  • おそば屋ケンちゃん(1975年、日本コロムビア) - B面は岡浩也「きょうだいって いいな」
  • フルーツケンちゃん(1976年、ポリドール) - B面は岡浩也「はしゃぎっこいじめっこ」
  • 坂の道(三洋金属イメージソング)/Dear Friend(2010年9月)

アルバム[編集]

  • ケンとチャコの東京恋物語(ラヴ・ストーリー)(1994年10月21日、日本クラウン)
  • ケンちゃんの主題歌コレクション(2006年9月23日、ウルトラ・ヴァイヴ)

自叙伝でケンちゃん役についての言及[編集]

自叙伝で宮脇は次のように述べている。

「ドラマの中では、宮脇康之でいることは許されなかった。ケンちゃんにならなければならず、必ず半ズボンを穿いていなければならなかった。6年生にもなったら、半ズボンがたまらなく嫌になり、やめさせてくれなければ役を下りるとプロデューサーに申し入れたら、聞き入れてくれたが、その代わりケンちゃん役からは下ろされ、たまに登場するだけの中学生のお兄さん役に回された。」

実際、『ケンにいちゃん』以降の作品では、主人公の「ケンちゃん」は、宮脇の演じる「ケンイチ」ではなく、岡浩也の演じる「ケンジ」であり、「ケンイチ」は「ケンにいちゃん」となり、脇役的な役回りになっている。ただし、これは、宮脇の言うような理由によるものではなく、「小学生をターゲットとした同番組の主人公としては宮脇が成長しすぎて、小学生の感情移入の対象としては無理な年齢になったための措置である」と、番組関係者は語っている(朝日放送驚きももの木20世紀』堕ちた天使 子役のそれから… ケンちゃんの三十七年)。

『ケンちゃんの101回信じてよかった』では、自身が大人の俳優となれなかった主因を、高校生のとき俳優になるための勉強を怠り大金を使って遊んでいたためと、自らの責任としている。しかし、一方では1980年代におけるTBSなどの扱いに関する不満(1982年以降、テレビ局に行っても仕事の話をしようともしなかったこと)も述べている。

ケンちゃん役を降板した後3年ほどは大いに仕事があったが、その後は仕事はほとんどなくなった。原因の一つは三原じゅん子との熱愛疑惑とされる(自叙伝『ケンちゃんの101回信じてよかった』より)。

しかしこれについては、20年後に日本テレビ『いつみても波瀾万丈』の三原じゅん子の回で、三原本人の口から「熱愛報道は宮脇さんの事務所の意向ではなかったか」と踏み込んだ発言があった(この番組はゲスト芸能人の自叙伝的番組であり、個々のスキャンダルにゲスト本人がここまで言及するのは異例である)[出典無効]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 自叙伝『ケンちゃんの101回信じてよかった』
  2. ^ 大恐竜時代”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。