寺前正雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
寺前 正雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市城東区
生年月日 1972年5月2日(44歳)
身長
体重
186 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1990年 ドラフト1位
初出場 1996年9月24日
最終出場 1997年7月31日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

寺前 正雄(てらまえ まさお、1972年5月2日 - )は近鉄バファローズ阪神タイガースに所属していた元プロ野球選手ポジション投手大阪府大阪市城東区出身。

来歴・人物[編集]

北陽高校ではエースとして1990年第62回選抜高等学校野球大会ベスト4に進出。準決勝の新田戦では延長17回を戦い、17奪三振の快投を見せたがサヨナラ本塁打を打たれ敗れた。この新田の宮下典明とは後に近鉄でチームメイトとなる。同年、ドラフト1位指名で後にチームメイトとなる小池秀郎の外れながら入団。入団当時は背番号18を与えられた。

1996年のシーズン終了間際にプロ入り初の一軍昇格を果たすと、9月24日の対ダイエー戦で、鈴木貴久の代走という、投手としては異例の形でプロ初出場を果たした。その同月26日にプロ初登板で3者連続三振というデビューを果たし、シーズン最終ではプロ初先発を勤めた。翌1997年には開幕直後に1軍登録され、先発ローテーション入りを果たした。完投するなど遅まきながら活躍するかと思わせたが、打線の援護に恵まれない等結果を残せず、未勝利に終わる。

1998年に近鉄を退団、翌年阪神に1年在籍。しかし阪神では一軍に昇格すら果たせずシーズン終了後戦力外通告、オリックスへの入団テストが不合格となったのを機に一軍未勝利のまま現役引退。引退後は実家(運送業)を継ぐと発表された。

高校時代は変則的オーバースローのフォームだったため、アルバトロス投法と名づけられていた。しかし、プロに入った後すぐに矯正される。

また身長186センチのスラリとした長身・長脚に彫りの深い顔立ちで、女性ファンが多かった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1996 近鉄 2 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 25 6.1 5 1 1 0 0 8 1 0 4 4 5.68 0.95
1997 7 5 1 0 0 0 4 0 -- .000 127 26.2 27 3 22 0 1 8 1 0 19 14 4.73 1.84
通算:2年 9 6 1 0 0 0 5 0 -- .000 152 33.0 32 4 23 0 1 16 2 0 23 18 4.91 1.67

記録[編集]

背番号[編集]

  • 18 (1991年 - 1993年)
  • 52 (1994年 - 1998年)
  • 58 (1999年)

関連項目[編集]