小仏トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
中央自動車道 小仏峠 景信山
相模嵐山山頂より見た中央自動車道(左側)。稜線右側の鞍部が小仏峠で、その真下を小仏トンネルが貫いている。

小仏トンネル (こぼとけトンネル)は、東京都八王子市神奈川県相模原市緑区都県境にあるトンネルである。都県境の小仏峠標高548m)付近のを貫いている。

JR中央本線中央自動車道で同一名称が使われている。甲州街道国道20号)はこれより南の大垂水峠を越えるが、勾配をなるべく避けたい鉄道高速道路は直線的な地形・ルートが望まれたことから、大垂水峠経由ではなく小仏峠経由で造られた。

中央本線 小仏トンネル・新小仏トンネル[編集]

小仏トンネル・新小仏トンネル
Kobotoke tunnel on JR Chuo Main Line.jpg
新小仏トンネル(左)、小仏トンネル(右)
概要
路線 中央本線
位置 東京都神奈川県 北緯35度38分8.43秒 東経139度12分59.9秒 / 北緯35.6356750度 東経139.216639度 / 35.6356750; 139.216639
現況 供用中
起点 東京都八王子市
終点 神奈川県相模原市緑区
運用
開通 1901年(明治34年)8月
(小仏トンネル)
1964年(昭和39年)9月
(新小仏トンネル)
所有 東日本旅客鉄道(JR東日本)
技術情報
全長 2,574m(小仏トンネル)
2,594m(新小仏トンネル)
軌道数 1(単線
軌間 1,067mm
電化の有無 有 (直流1500V

JR東日本中央本線(中央東線)の高尾駅相模湖駅の間にあるトンネル。「あずさ」・「スーパーあずさ」「かいじ」などの特急列車が走り、東京から大月河口湖甲府へ向かう大動脈のトンネルとして機能している。

トンネルの断面が小さいため、パンタグラフの折り畳み時の高さが大きい電車や電気機関車は通過できない。そのため、通過できる車両とできない車両が判別できるよう、通過可能な車両には◆マークが付けられている。また、パンタグラフ取り付け部分の天井や屋根を低くした「低屋根車」も存在した。

小仏トンネル
全長:2,574m 単線。上り列車専用
官設鉄道によって造られたトンネル。
新小仏トンネル
全長:2,594m 単線。下り列車専用
同区間の複線化時に開通。

中央自動車道 小仏トンネル[編集]

小仏トンネル
Chuo-Expressway-Kobotoke Tunnel For Takaido.jpg
中央自動車道小仏トンネル上り線
概要
位置 東京都神奈川県 北緯35度38分17.09秒 東経139度12分55.89秒 / 北緯35.6380806度 東経139.2155250度 / 35.6380806; 139.2155250
現況 供用中
所属路線名 Chuo Expwy Route Sign.svg 中央自動車道
起点 東京都八王子市
終点 神奈川県相模原市緑区
運用
開通 1968年(昭和43年)12月
所有 中日本高速道路
通行対象 自動車
技術情報
全長 (上り線)2,002m
(下り線)1,642m
道路車線数 (上り線)2車線
(下り線)2車線
設計速度 --km/h

中央自動車道八王子JCTから相模湖東出口(下り線)、相模湖IC(上り線)の間にあるトンネル。上下線とも、片側2車線。

正式には、下り線が小仏トンネル、上り線が小仏第二トンネルという名前だが、一般には下り線も上り線も併せて小仏トンネルと呼ぶ。

小仏トンネル
全長:1,642m
小仏第二トンネル
全長:2,002m
トンネル内の壁面に東京都と神奈川県の都県境が書かれている。

[編集]

中央自動車道
(6)八王子JCT - 小仏トンネル - (7)相模湖東出口(下り線出口) - (8)相模湖IC

渋滞[編集]

上下線ともトンネル手前は上り坂であるため、土日(祝日・祭日)、5月の大型連休、お盆、シルバーウィーク、10月の大型連休、年末年始をはじめとする繁忙期の交通情報には渋滞個所としてたびたび小仏トンネルの名前が出てくる。激しい場合は上り線は笹子トンネル付近まで、下り線は高井戸IC付近まで渋滞する場合があるほか、近接する八王子JCTから圏央道の両方向へ渋滞が延びる場合がある。

2007年末には上り線のトンネル手前の区間に登坂車線が設けられたが、現在は登坂車線を走行車線に変更することにより3車線での車線運用を行っている[1]。この区間では、2010年1月28日から2011年6月8日まで現在の車線運用での効果渋滞削減実験が行われていた[2]

国土交通省は、首都圏高速道路で土日を中心に渋滞が常態化している場所を改良するため、新たにトンネルを掘削する方向で2011年度内に関係機関による準備会を立ち上げ、2012年度から具体的な検討に入り同年度予算に関係箇所の調査費を計上した[3]2015年3月25日の同省作業部会において、上り線の渋滞対策案として、延長3.5km・単車線のトンネルの新設により旧登坂車線をそのまま八王子方面に引き込むと同時に、トンネル以東1.5km区間も車線運用の見直しによって3車線化する案が了承された[4]。これにより、相模湖バスストップから八王子ジャンクションまで3車線での通行が可能になるとしており、2015年度より現地測量と設計業務を実施している。

関連商品[編集]

中央自動車道の石川パーキングエリア(上り線)では「小仏トンネルロールケーキ」を販売している。

脚注[編集]

  1. ^ 渋滞削減のため、中央自動車道の車線運用を変更します~下り線元八王子地区と上り線小仏TN手前~” (日本語). 中日本高速道路 (2012年3月8日). 2012年9月3日閲覧。
  2. ^ 6月8日車線運用を変更します【中央自動車道(上り線)小仏トンネル手前】” (日本語). 中日本高速道路 (2011年6月3日). 2012年9月3日閲覧。
  3. ^ “中央道 小仏に新トンネル検討”. 山梨日日新聞 (山梨日日新聞社). (2011年10月16日) 
  4. ^ “中央道・小仏トンネル渋滞対策案 上り線にトンネル増設”. 日刊建設工業新聞 (日刊建設工業新聞社). (2015年3月26日). http://www.decn.co.jp/?p=25604