小倉みね子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
おぐら みねこ
小倉みね子
本名 小島千鶴子
生年月日 1914年
没年月日 2006年10月14日
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 女優

小倉みね子(おぐら みねこ、本名:小島千鶴子、1914年 - 2006年10月14日)は、日本の女優。東京都出身。

来歴・人物[編集]

松竹歌劇団第一期生。同期には水の江滝子、小野小夜子らがいる。1933年、米沢正夫監督の「白百合の花」に出演。1940年、後に西日本パイレーツ監督を務めるプロ野球選手小島利男と結婚した。

2006年10月14日、肺炎のため92歳で死去。

松竹レビューガール労働争議事件[編集]

1933年、労働条件改善を訴えて、水の江らとともに労働争議(桃色争議)を起こす。しかし、小倉自身は乗り気でなく、会社側の要求を受け入れた。このため、西条エリ子らとともに強硬派の水の江から組合を除名された。

主な出演映画[編集]

主な著書[編集]

  • 「小島利男と私―都の西北と松竹少女歌劇」