小出真保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
小出 真保
本名 小出 真保
ニックネーム 小出ちゃん まほちゃん でーこい
生年月日 (1982-02-24) 1982年2月24日(35歳)
出身地 日本の旗 日本長野県上田市
血液型 B型
身長 152cm
方言 共通語
最終学歴 大東文化大学卒業
コンビ名 麦芽(2005年 - 2012年)
相方 鈴木奈都(コンビ時代)
芸風 ものまね、コント、漫談
事務所 太田プロダクション
活動時期 2005年 -
配偶者  未婚
公式サイト http://ameblo.jp/bakuga-koide/

小出 真保(こいで まほ、1982年2月24日 - )は、日本お笑い芸人、タレント、女優である。

長野県上田市出身。太田プロダクション所属。特徴、丸めの顔と小柄。身長152cm。愛称は、小出ちゃん、まほちゃん。でーこい。

略歴[編集]

  • 1982年、長野県生まれ。三姉妹の次女。
  • 中学時代は吹奏楽部でフルートを吹いていた。KinKi Kids堂本剛の大ファンでファンクラブに入っていた。
  • 高校はミッションスクール長野清泉女学院高等学校[1]。高校生時代から文化祭で漫才を披露していた。この頃から芸人を志している。高校卒業後上京、大東文化大学に進学し、同大学を卒業。大学生時代は放送研究会に入っていた[2]
  • 最初は女優志望だった。太田プロの俳優ワークショップを受けたが落選。ショックを受けるが役者はやめて一番好きなお笑いをやろうともう一度太田プロにメールを送ったところ「芸人なら来ていいよ。」と言われリベンジの気持ちで太田プロに入った[3]
  • 2005年1月、麦芽を結成。2013年からピンで活動。もともとコンビ芸に憧れコンビで活動していたが2012年12月で解散を発表。小出が先にモノマネで世に出たことが理由ではなくぎりぎりまでコンビを希望したがこれ以上は結果が出ないとさらなる飛躍のためピンになることを決意。鈴木は8歳も離れたお姉さんだったが気を使うことなく仲が悪いわけではなかった[4]。解散発表はYahooニュースにもなった。
  • 芸能人女子フットサルチーム「YOTSUYA CLOVERS」に所属(背番号は『8』)していたが、2006年12月29日のファンイベントをもって退団した。
  • とんねるずのみなさんのおかげでした』のコーナー、第10回「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」(2007年10月4日)で、『王様のブランチ』での優香のものまねを披露し、関根勤らから好評を得て決勝戦まで進出、『見たい』賞(従来は存在しない事実上の『特別賞』)に選ばれた[5]。これ以後モノマネレパートリーを増やしたりテレビ出演が増えた。
  • サークルKサンクスechoesFM長野)とのコラボ企画で、「7種のはじける太陽 ビビンバ丼」をプロデュースし、長野県内のサークルKサンクスで2013年の夏季限定で販売を行った[6]。また好評のため、2015年に第2弾があり、小出がネーミングを考え売上総額4万近く売りあげた。

人物[編集]

  • 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権でまだ誰もやったことのない優香のモノマネでデビュー。当時芸歴二年目。審査員から絶賛され特別賞(見たい賞)を初めて作った。二回特別賞を受賞。小出が優香のモノマネをしてからまだ誰もやっていないマニアックな可愛い芸能人のモノマネをする人が増えた。優香の物真似をする際には、背筋を張って両肩を後ろに引き、小動物的な笑い方でややタメ口で、時に無邪気なボディータッチなどを入れながら、といったスタイルで演じている[7]。11回大会からこれまで物真似レパートリーにはこの他、小林麻耶泉ピン子上野樹里ベッキーaikoAI水川あさみ、コラボ祭りでは桃井かおり、白木葉子(あしたのジョーより)など新ネタを毎回出している。
  • 根っからのラジオ好きで、深夜ラジオが大好き。小学校の頃FMラジオから入り高校時代はAMラジオに没頭していた。自分でハガキ職人もしていたことがあり[8]、ラジオネームはしみ人間。そしてTBSラジオJUNK」ファン[9]で、そのJUNKにも出演経験あり。友達がほぼいない時期もあり、その時も深夜ラジオばかり聴いていた[10]
  • 英語検定準2級、フランス語検定4級の資格を所持(フランス語は「タンタンの冒険旅行」を原文で読みたくて猛勉強したという[2])。イギリスホームステイにしていたこともあった[11]。他、資格はパンシェルジュ検定3級。YAMAHAピアノグレード試験8級。
  • ピアノを10年やっており、中学生時代は吹奏楽部でフルートを演奏していた[12]。歌もうまく音楽好き。2009年CDデビューをしている。小学校から文系の部活しかしておらず文系が大好きである。大学でも放送研究会に所属していた。[13]。また2012年、2015年には渋谷でDJも行っている。流す曲は、テクノ、EDMが多い。
  • 尊敬する芸人は爆笑問題フォークダンスDE成子坂。フォークダンスDE成子坂は小出曰く「衝撃受けた」と言う存在でファンクラブにも入っており[14]、爆笑問題は小学校の頃からの大ファンでサイン会などに最近までは参加していた[15]。お笑い好きになったきっかけは5歳離れた姉が、フジテレビ夢で逢えたら』などを小学生の頃から見せてくれていて当時から深夜番組などが大好きなテレビっ子でもあったという。
  • 漫画が大好きで藤子不二雄作品をこよなく愛している。理想の男性が忍者ハットリくん。また梶原一騎作品も大好きであり、『あしたのジョー』ファンとしてテレビ出演したり(あしたのジョー芸人を名乗りギャル達にあしたのジョー講座をしたことがあるなど)、『あしたのジョー芸人トークライブ』にも出演したことがある[16]。そして、漫画やアニメのフィギュア収集も趣味[17]
  • アニメ好きでもあったため子供の頃の将来の夢は声優であり、当時は真剣に目指していた。女神のマルシェの商品紹介のDVDでナレーションをしている。今でも声の仕事に興味を持っている。日高のり子田中真弓のファンである[18]。小出の地元・FM長野で放送されていた日高の番組『サタデーときめきステーション』にもよくハガキを出していたという[19]
  • 目標は『寅さんのような人間になること』[20]
  • グランドセフトオートの大ファン。全シリーズプレイしている。Red Dead Redemptionは達成率95%。100%にすると終わってしまうから止めている。X-BOXの番組に準レギュラーで出演していた。他、ゲームは、ドラゴンクエストぼくのなつやすみみんなのゴルフかまいたちの夜の大ファン。LINEゲームもやり込んでおり、ラインレンジャー、ブラウンファームを空いてる時間があればやっている。
  • 二郎系ラーメン好きで、ラーメン二郎好きな芸人でイベントにも呼ばれたことがある。
  • 嫌いで、小学生のときに犬に追いかけられていたことがきっかけだったという(しかし、相方の鈴木は11歳のときから犬を飼い続けているほどの犬好きである)[21]
  • 広島被爆三世であることを明かしている[22]
  • ものまねレパートリーのほぼ全員に許可をもらっている。歌手のAIの母親とFacebookで友達になるなど、悪意があると言われるものまねネタのわりには本人に喜んでもらえている。[23]
  • 「ブサかわいい」というジャンルを作った女芸人と言われている[24]
  • 有吉弘行のラジオでリスナーからの下ネタメールにノリノリで答えていたら「ブスの下ネタご勘弁」というキャッチコピーがつきいじられた[25]
  • フジテレビもしもというドキュメント番組で石油禁止生活を2週間行い、これについて本人は「ショックでハゲた。」と話していた[26]。最後日は号泣している[27]。なお、ブログは過去2回炎上している[28]
  • 地元長野県で2009年から春または夏の特番(旅番組)をメインで務めている。地元愛も強く長野県出身の芸人達で番組を作りたいと語っている。
  • ラジオ好きを理由にひとりでパーソナリティをしハガキ職人からネタを集めるイベント『中二ingラジオ 小出真保の まほ〜をぶっかけてあ・げ・る★』を、2012年3月17日(第一回)に阿佐ヶ谷loftA(杉並区)にて行った。
  • 小出が主催するライブ『小出お笑いサークル』を1〜2か月に1回のペースで定期的に行っている。
  • ピンでのネタには、モノマネを交えた一人コントの他、「キューティーまほちゃん」などのキャラクターに扮してのもの、様々な人に対しての“悪口”を交えた漫談・コントもある[29]
  • パンが好きなため2013年夏にパンシェルジュ検定3級の資格を取った[30]
  • 地元長野県でレギュラー放送のラジオでは不定期に作・演出をしたラジオドラマを披露しており、700人集まるイベントでラジオドラマを披露したこともある[31]
  • 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権でaikoのモノマネをした際に、ストッキングがやぶれパンツが丸見えになるパプニングを起こした[32]
  • 2015年5月から芸人女子軟式野球部『ミラクルキッシーズ』でも活動。このチームでキャプテンを務める関谷友美(元コブラナッツ)に誘われて加入した[33]。このチーム名の名付け親は小出である[34]。運動神経がなく幽霊部員と化している。[35]

ものまねレパートリー[編集]

公式プロフィールなどより)

出演[編集]

麦芽2人での出演は、麦芽 (お笑い)#出演を参照。

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

CM出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 御開帳!”. 小出真保オフィシャルブログ (2015年5月28日). 2015年11月13日閲覧。
  2. ^ a b 大東文化大学HP「あの人このひと・小出真保さん」
  3. ^ 参考:『週刊大衆』(双葉社)2005年12月5日号『ビジュアル系美人芸人30組』
  4. ^ “細かすぎる優香モノマネ”小出真保のお笑いコンビ「麦芽」解散、コンビ内格差など否定”. RBB TODAY (2012年12月4日). 2014年6月26日閲覧。
  5. ^ DVD「とんねるずのみなさんのおかげでした 博士と助手 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 vol.1 「リカコと過ごした夏」 EPISODE1-5(avex trax)に収録
  6. ^ FM長野公式サイト「サークルKサンクス×echoes 夏の弁当対決」
  7. ^ EX大衆双葉社)2016年9月号 p.94
  8. ^ 太田プロによる公式プロフィール(2016年8月2日閲覧)より
  9. ^ コロッケナイト”. 小出真保オフィシャルブログ (2008年2月20日). 2014年6月26日閲覧。
  10. ^ ひとりごと”. 小出真保オフィシャルブログ (2011年2月10日). 2016年12月5日閲覧。
  11. ^ バイ エアメール”. 小出真保オフィシャルブログ (2008年4月4日). 2014年6月26日閲覧。
  12. ^ そういえば…”. 小出真保オフィシャルブログ (2013年9月22日). 2014年6月26日閲覧。
  13. ^ 気球に乗ったコイデとマボロシのパン 2013年5月9日「文系人間」より。
  14. ^ ”. 小出真保オフィシャルブログ (2014年4月23日). 2014年6月26日閲覧。
  15. ^ 打ち上げ”. 小出真保オフィシャルブログ (2008年12月22日). 2014年6月26日閲覧。
  16. ^ 気球に乗ったコイデとマボロシのパン 2010年3月30日「あしたのジョー」など。
  17. ^ マイラブ”. 気球に乗ったコイデとマボロシのパン (2008年8月1日). 2016年12月23日閲覧。
  18. ^ 気球に乗ったコイデとマボロシのパン 2013年11月27日「エトピリカ」より。
  19. ^ 気球に乗ったコイデとマボロシのパン 2011年2月15日「ラジオ!!!」より。
  20. ^ 小出真保twitter 2012年1月13日より。
  21. ^ TV Bros.』2009年10月31日号「平成の綱吉に続け! いぬぎらいのきもち」内インタビュー(12P-13P)より
  22. ^ 気球に乗ったコイデとマボロシのパン 2013年9月12日より。
  23. ^ 御開帳!”. 本人公認!小出真保のAIモノマネ「自分の母親の呼び名が悪口みたいになってしまったAI」 (2015年1月15日). 2015年11月13日閲覧。 など
  24. ^ ファッションリーダー”. 小出真保オフィシャルブログ (2009年1月28日). 2014年6月26日閲覧。
  25. ^ 2011.02.27”. JFN有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』番組公式サイト (2011年2月27日). 2014年6月26日閲覧。
  26. ^ 気球に乗ったコイデとマボロシのパン 2008年7月4日「むぅ」より。
  27. ^ フジテレビHP「もしも3」より。
  28. ^ オフィシャルブログ『気球に乗ったコイデとマボロシのパン』の冒頭紹介にて「過去二回炎上」とある。
  29. ^ 2014年11月10日(月)太田プロ月笑 ライブ報告”. 太田プロダクション (2014年11月14日). 2015年11月13日閲覧。 など
  30. ^ これだ!”. 小出真保オフィシャルブログ (2013年12月31日). 2014年6月26日閲覧。
  31. ^ ラジオイベントきたー!!!”. 小出真保オフィシャルブログ (2015年1月18日). 2015年11月13日閲覧。
  32. ^ よく聞かれる”. 小出真保オフィシャルブログ (2013年1月29日). 2014年6月26日閲覧。
  33. ^ ミラクルキッシーズ始動☆”. 気球に乗ったコイデとマボロシのパン (2015年7月7日). 2015年7月28日閲覧。
  34. ^ ミラクルキッシーズ☆つづき。”. 気球に乗ったコイデとマボロシのパン (2015年7月7日). 2015年7月28日閲覧。
  35. ^ いざ練習初日!”. せきやともみブログ「学生時代帰宅部だったけど、芸人女子野球チームはじめました!」 (2013年6月23日). 2015年6月23日閲覧。
  36. ^ 旅×情報バラエティー”. 長野放送「宮本利之 ぽかぽか アナウンサーのひろば」 (2014年3月16日). 2015年11月13日閲覧。
  37. ^ TVでた蔵「2014年10月2日放送 フジテレビ とんねるずのみなさんのおかげでした」”. ワイヤーアクション長野放送 (2014年10月2日). 2015年11月13日閲覧。
  38. ^ おはよう。”. 小出真保オフィシャルブログ (2015年11月3日). 2015年11月13日閲覧。
  39. ^ マヤリンマホリン”. 小出真保オフィシャルブログ (2015年3月25日). 2015年11月13日閲覧。