小林敦司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
小林 敦司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都北区
生年月日 (1972-12-08) 1972年12月8日(44歳)
身長
体重
182 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1990年 ドラフト5位
初出場 1995年7月13日
最終出場 2001年4月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小林 敦司(こばやし あつし、1972年12月8日 - )は、東京都北区出身の元プロ野球選手投手)。2001年の登録名は小林 渥司(読み同じ)。

来歴・人物[編集]

拓大紅陵高校を経て1990年度ドラフト会議にて広島東洋カープから5位指名を受けて入団。入団当初は本人によればストレートは速いとは言えず、コントロールも悪かったと言う[1]。3年目の1993年にサイドスローに転向した[1]。サイドスロー転向後はスライダーの切れが増し[1]、制球が安定する[1]。入団以来4年間、一軍登板の機会はなかったが、1995年に一軍へ昇格してようやくプロ初勝利をマークし(結果的にこれが現役唯一の勝利となった)、主に中継ぎ投手として起用された。

1996年には右膝を痛め靭帯の再建手術を受けた。復帰後の1999年には自己最多の30試合に登板して防御率2点台前半の好成績を残し、同姓の小林幹英との継投パターンは「あつかんリレー」と呼ばれた[2]。これ以降は伸び悩み登板試合が減り、成績も下降線を辿った。2000年11月に広島から戦力外通告を受け、千葉ロッテマリーンズにテスト入団したものの6試合の登板にとどまり、わずか1年で戦力外通告。2001年11月に28歳の若さで現役を引退。

引退後は様々な料理(イタリアン・和食・ケーキ)の修行に励み[3]パティシエとして働いている[2][3]。2011年4月、東京・代官山に「2-3Cafe Dining」を開業[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1995 広島 16 2 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 111 25.1 20 4 16 2 2 17 0 1 13 11 3.91 1.42
1996 3 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 10 2.1 3 1 0 0 0 1 0 0 2 2 7.71 1.29
1999 30 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 122 28.2 25 2 16 1 2 14 0 0 15 7 2.20 1.43
2000 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 42 9.0 11 3 6 0 1 10 0 0 10 10 10.00 1.89
2001 ロッテ 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 38 6.1 7 0 11 0 1 6 0 0 6 5 7.11 2.84
通算:5年 59 2 0 0 0 1 1 0 -- .500 323 71.2 66 10 49 3 6 48 0 1 46 35 4.40 1.60

記録[編集]

背番号[編集]

  • 62 (1991年 - 2000年)
  • 48 (2001年)

登録名[編集]

  • 小林 敦司 (こばやし あつし、1991年 - 2000年)
  • 小林 渥司 (こばやし あつし、2001年)

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d 週刊ベースボール2011年11月21日号 セカンドキャリアの「球人力」P105
  2. ^ a b 今井貴久 (2010年4月22日). “元広島、ロッテ・小林敦司「パティシエ」/引退後記”. 日刊スポーツ. http://www5.nikkansports.com/baseball/imai/94682.html 2010年4月22日閲覧。 
  3. ^ a b 週刊ベースボール2011年11月21日号 セカンドキャリアの「球人力」P104
  4. ^ 元広島投手、東京・代官山でカフェ経営!店名がユニーク”. ZAKZAK (2012年4月11日). 2012年4月11日閲覧。

関連項目[編集]