小林賢太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
小林賢太郎
本名 小林賢太郎
ニックネーム コバケン
生年月日 1973年4月17日(43歳)
出身地 神奈川県横浜市旭区
血液型 A型
身長 182cm
方言 共通語
最終学歴 多摩美術大学版画
コンビ名 ラーメンズ
相方 片桐仁
事務所 トゥインクル・コーポレーション
活動時期 1995年 -
同期 ドランクドラゴン 品川庄司 など
作品 漫画 『鼻兎
著書 『小林賢太郎戯曲集』
他の活動 漫画家、劇作家、演出家
配偶者  既婚
公式サイト 小林賢太郎のしごと
受賞歴
~笑劇開演~小林賢太郎テレビ ATP賞テレビグランプリ最優秀賞

小林 賢太郎(こばやし けんたろう、1973年4月17日 - )は、日本芸人コメディアン俳優劇作家、パフォーミングアーティスト、演出家漫画家アニメ監督。既婚。

片桐仁と共にコントユニット・ラーメンズとして活動。また、小島淳二との映像製作ユニット「NAMIKIBASHI」、升野英知(バカリズム)との大喜利ユニット「大喜利猿」としての活動、田中知之(Fantastic Plastic Machine)との音楽ユニット「SymmetryS」、ソロコント公演「POTSUNEN」も行っている。

来歴・人物[編集]

神奈川県横浜市出身。

中学3年生の頃、文化祭でやった演劇で脚本、演出に立候補し担当した所、それが優勝したことから、この世界に入るきっかけの一つとなったと語っている。[要出典]

1996年片桐仁とともにラーメンズを結成。

2002年、自ら脚本演出をつとめる演劇プロジェクトである小林賢太郎プロデュース公演(KKP)を立ち上げた。

舞台演劇情報誌の「演劇ぶっく」にて、2007年度では演劇ランキングと俳優ランキング、2010年、2012年度には俳優ランキングで第1位を獲得した。

2005年、ソロコントプロジェクト「POTSUNEN」を立ち上げた。2012年には、初の海外公演(パリ・モナコ)を果たす。

漫画家としては「ヤングマガジンアッパーズ」に『鼻兎』を連載していた。

舞台を中心に活動しており、テレビ番組にはほとんど出演していなかったが、2013年4月28日放送の『ボクらの時代』に出演し、バカリズムいとうせいこうと共に鼎談を行った。長年の友人であるバカリズムの熱烈なオファーにより、約10年ぶりの民放テレビ出演を果たした。また、2014年5月放送の『小林賢太郎テレビ6』に松重豊が出演したことが縁となり、同年9月に放送された『孤独のグルメ Season4』の最終話にて初めてテレビドラマに役付で出演した。

自らを「コントの虫」と称するほどのコント好き。「コントには無限の可能性があると信じている」と発言、自由な発想でその領域を追究している。また、観客を気持ちよく騙すことに快感を覚えるそうで、その性格は脚本に色濃く現れている。小林の作るコントの特色に、マジックを使った演出がある。これは小林にプロマジシャンの経験があり、マジックを特技とすることによる。ソロ公演はマジックショー的な雰囲気も強い。また、作品中にパントマイムや物真似などもよく見られる。[要出典]

ライブ[編集]

プロデュース公演[編集]

  • 小林賢太郎プロデュース公演#001「good day house」(2002)
  • 小林賢太郎プロデュース公演#002「Sweet7」(2003)
  • 小林賢太郎プロデュース公演#003「Paper Runner」(2004)
  • 小林賢太郎プロデュース公演#004「LENS」(2004)
  • 小林賢太郎プロデュース公演#005「TAKEOFF 〜ライト三兄弟〜」(2006、2007)
  • 小林賢太郎プロデュース公演#006「TRIUMPH」(2008)
  • 小林賢太郎プロデュース公演#007「ロールシャッハ」(2010、2012)
  • 小林賢太郎プロデュース公演#008「うるう」(20110-2012、2015-2016)
  • 小林賢太郎演劇作品「振り子とチーズケーキ」(2013)
  • 小林賢太郎演劇作品「ノケモノノケモノ」(2014)

ソロ公演[編集]

脚本、演出、美術、出演:小林賢太郎

  • KENTARO KOBAYASHI SOLO CONTE LIVE 「ポツネン」(2005)
  • KENTARO KOBAYASHI SOLO CONTE LIVE 「○ -maru-」(2006)
  • Kentaro Kobayashi Solo Performance Live Potsunen 2008 『Drop』(2008)
  • ポツネン氏の庭 ~The spot garden of Mr.Potsunen~(2009)
  • Kentaro Kobayashi Solo Performance Live Potsunen 2010 『SPOT』(2010)
  • ポツネン氏の庭 ~The spot garden of Mr.Potsunen~(2011)
  • Kentaro Kobayashi Solo Performance LIVE POTSUNEN 2011 『THE SPOT』(2011)
  • Kentaro Kobayashi Solo Performance LIVE POTSUNEN 2012 『P』(2012)
  • Kentaro Kobayashi Solo Performance LIVE POTSUNEN 2013『P+』(2013)
  • Kentaro Kobayashi Solo Performance LIVE POTSUNEN 2014/2015『ポツネン氏の奇妙で平凡な日々』(2014-2015)

新作コント公演[編集]

  • カジャラ♯1 『大人たるもの』(2016)

出演[編集]

※コンビでの出演作はラーメンズの項を参照のこと。

バラエティ番組[編集]

現在のレギュラー番組
過去のレギュラー番組
単発出演

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

PV[編集]

映像作品[編集]

短編映画[編集]

  • 「ライフ・イズ・ジャーニー」(監督:田辺誠一、2003年)

出版物[編集]

  • 「小林賢太郎戯曲集―home FLAT news」(幻冬舎 2002年1月 / 幻冬舎文庫 2007年4月)
  • 「小林賢太郎戯曲集―椿・鯨・雀」(幻冬舎 2004年4月 / 幻冬舎文庫 2007年8月)
  • 「小林賢太郎戯曲集―CHERRY BLOSSOM FRONT345・ATOM・CLASSIC」(幻冬舎 2007年9月 / 幻冬舎文庫 2011年8月)
  • 「小林賢太郎戯曲集―STUDY ALICE TEXT」(幻冬舎 2009年3月 / 幻冬舎文庫 2012年8月)
  • 「僕がコントや演劇のために考えていること」(幻冬舎 2014年9月)

漫画[編集]

絵本[編集]

  • 「うるうのもり」(講談社 2016年2月)

共著[編集]

  • 「new(KAWADE夢ムック)」 河出書房新社 2003年9月
  • 「猫本」 講談社 2006年4月
  • 「大喜利猿」(河出書房新社 2006年2月) - 升野英知との共著
  • 「大喜利猿 墨」(河出書房新社 2007年1月) - 升野英知との共著
  • 「大喜利猿 優勝」(河出書房新社 2008年3月) - 升野英知との共著
  • 「大喜利猿 北海道」(河出書房新社 2009年6月) - 升野英知との共著

その他[編集]

  • 舞台 安田ユーシ犬飼若浩「二人舞台」(2006) - 作・演出
  • 舞台 親族代表「忄(りっしんべん)」(2006) - 脚本提供
  • 舞台 安田ユーシ・犬飼若浩 LIVE双六「参」(2006) - 脚本提供
  • 映画 「モルタデロとフィレモン」(2006) - 字幕監修
  • 漫画 「GOLDEN LUCKY 完全版・上」 - あとがき・帯推薦文
  • 舞台 久ヶ沢徹他 久ヶ沢牛乳「A HALF CENTURY BOY」(2012) - 脚本提供
  • 舞台 東京03結成10周年記念悪ふざけ公演「タチの悪い流れ」(2013)
  • 鈴井貴之「ダメ人間〜溜め息ばかりの青春記」(文庫版) - 巻末にて著者との対談
  • 西尾維新「西尾維新対談集 本題」(2014) - 著者との対談
  • 劇場アニメ 平成27年度 若手アニメーター等人材育成事業 あにめたまご2016 「カラフル忍者いろまき」(2016年11月5日) - 監督、脚本、キャラクター原案 [1]

脚注[編集]