小桜葉子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
こざくら ようこ
小桜 葉子
小桜 葉子
本名 池端 具子
いけはた ともこ
別名義 岩倉具子(いわくら - 、旧姓名)
小桜葉子(芸名)
上原葉子(芸名)
生年月日 1918年3月4日
没年月日 1970年5月12日(満52歳没)
出生地 日本の旗 日本東京市麹町区霞ヶ関
職業 子役女優
ジャンル 映画
活動期間 1925年 - 1936年
配偶者 上原謙
著名な家族 長男 : 加山雄三
長女 : 池端亮子

小桜 葉子(こざくら ようこ、1918年3月4日 - 1970年5月12日)は、日本女優東京都出身。日本における美容体操の草分け。本名は池端 具子(いけはた ともこ、旧姓:岩倉)。父は男爵・岩倉具顕(ともあき、具定の五男)で、明治元勲岩倉具視は曾祖父に当たる。母は松竹の大部屋女優の青木しのぶ(江間光子、光括)で、母方の祖父に当たる江間俊一弁護士政治家で江間式心身鍛練法の開発者。東伏見宮依仁親王周子(かねこ)の姪にあたる。ひとつ年下の妹の昌子も小桜昌子の名で松竹の女優となった。義弟に俳優の三原純(昌子の夫)がいる。

来歴・人物[編集]

東京市麹町区霞ヶ関(現 : 東京都千代田区霞が関)生まれ。

1925年小笠原プロダクションに子役として入り、母のペンネームだった小桜葉子を芸名にする。1926年5月松竹蒲田に入り、子役(令嬢の子供)として主演作もあり大活躍したが、数年で娘らしくなり人気が落ちた。ちょうどその頃、上原謙が松竹へ入りすぐにNo.1の二枚目スターとなった。上原は大人気のスター桑野通子とのロマンスが話題となっていたが、上原を射止めたのは小桜であった。1936年10月、上原と結婚。1937年4月に長男(加山雄三)を出産。

1952年、映画「お茶漬の味」に特別出演している(結婚後のため、上原葉子とクレジットされている)。

1960年代に息子の加山雄三が映画で大活躍している頃、小桜式美容体操の講師として大活躍した。若々しく張りのあるルックスは加山の姉にしか見えなかった。

1970年5月12日死去。満52歳没。孫は俳優の山下徹大、タレントの梓真悠子、女優の池端えみ。弟の具憲は存命当時パシフィックホテルの社長であった。妹の子がザ・ランチャーズの元メンバーの喜多嶋修(現在は音楽プロデューサー)と喜多嶋瑛であり、修の長女(小桜から見て大姪)が女優の喜多嶋舞

うつみ宮土理の体操の師匠である川端麻記子は彼女の弟子。つまりうつみは孫弟子に当たる。

出演映画[編集]

1925年
  • 極楽島の女王 - 内藤礼子
1926年
  • いとしの我子
  • 美しき祷
  • 曲馬団の姉妹
  • 愚かなる母
1927年
  • やつ当りこぶだらけ
  • 父帰る - 正国の娘・蝶丸
  • 孤児
1928年
  • 天使の罪
  • チンドン屋
  • 恋愛二人行脚 - 孤児・お留
  • 踊れ若者 - 三公
  • 彼女と海
  • かぼちゃ - 山田ちえ子
  • 亀公
  • 輝く昭和 - 桜井弥生
  • 三日目の女
1929年
  • 鵜の目鷹の目
  • 都鳥
  • 明日天気になあれ - お嬢さん
1933年
  • しっかりせよと抱き起し
1934年
  • 娘三人感激時代
  • 与太者と花嫁 - 葉山みね子
1935年
  • 躍進東京港まつり
  • 若旦那 春爛漫 - 女学生
  • 三人の女性
  • 春琴抄 お琴と佐助 - 春琴の弟子
  • 吹けよ恋風
  • 永久の愛 - お葉
  • 人生のお荷物 - 女給・葉子
1936年
  • 結婚の条件
  • 素晴らしき空想
  • 男性対女性 - レヴューガール
1952年