小沢栄太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
おざわ えいたろう
小沢 栄太郎
小沢 栄太郎
渡辺はま子(左)とともにウナギの蒲焼きを調理中(1948年)
本名 同じ
別名義 小沢 栄
小沢 英太郎
小澤 英太郎
生年月日 (1909-03-27) 1909年3月27日
没年月日 (1988-04-23) 1988年4月23日(満79歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市芝区田村町[1]
(現在の東京都港区
死没地 日本の旗 日本神奈川県逗子市[2]
職業 俳優演出家
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1934年 - 1988年
配偶者 あり
著名な家族 小沢僥謳(息子)
主な作品
テレビドラマ
新・平家物語
元禄太平記
映画
大曾根家の朝
雨月物語
近松物語
白い巨塔
犬神家の一族
不毛地帯

小沢 栄太郎(おざわ えいたろう、1909年3月27日 - 1988年4月23日)は、日本俳優演出家

東京左翼劇場新協劇団などを経て千田是也東野英治郎らと俳優座の創立に参加し、同座の中心俳優として活躍。新劇出身の映画俳優の代表格でもあり、名脇役として300本以上の映画に出演。憎々しい悪役の演技で定評を呼んだ。艶福家としても知られる。趣味・特技はテニス釣り。著書に『先祖はモリエール』など。

戦前は小沢 栄を芸名としていたが、戦中に本名の小沢栄太郎に改名した後、1949年(昭和24年)に小沢栄に戻し、1957年(昭和32年)には再び本名に戻している。ほかの芸名に小沢 英太郎小澤 栄太郎がある。

来歴・人物[編集]

1909年(明治42年)3月27日東京府東京市芝区田村町(現在の東京都港区)に西洋家具店の一人息子として生まれる。7歳の時に生母が男性と駆け落ちして去り、継母に育てられた[3]南桜小学校卒業後の1921年(大正10年)に芝中学に進学するが、在学中に胸を病み、四年修了後から3年間闘病生活を送る[3][4]。この間に文学書を読みあさり、やがて戯曲にも強い関心を抱くようになる[4]。高等学校に進む予定だったが、数学嫌いで断念した[4]

1927年(昭和2年)、築地小劇場の舞台を観て俳優の道を志し、1929年(昭和4年)に劇団心座の研究生となる[3][4]。同年東京左翼劇場第12回公演『全線』の応援出演で初舞台を踏み、この頃からプロレタリア演劇運動にも参加するようになる。1930年(昭和5年)、東京左翼劇場に入団し、小沢 栄の芸名で舞台に立つが、1932年(昭和7年)に治安維持法違反で当局に検挙され、1年半のあいだ刑務所の中で過す[3]

1934年(昭和9年)、村山知義滝沢修久保栄細川ちか子らと新協劇団の結成に参加し、久板栄二郎作『北東の風』『千万人と雖も我行かん』、ゴーリキー作『どん底』、真船豊作『遁走譜』などの舞台に立って、中心メンバーとして活躍する。その一方で映画にも出演するようになり、同年にP・C・L映画製作所に準専属として入って、『さくら音頭』で映画デビューする。新劇畑からの映画俳優としては杉村春子三島雅夫らとともに草分け的な存在となり、以来、舞台で鍛えた確実な演技と器用さが買われ、脇役として重宝がられた[4]

1940年(昭和15年)8月19日、新劇弾圧により軍部から劇団の解散を命じられ、小沢を含む多くの劇団員が検挙された。この時芸名も本名の栄太郎に改名させられている。釈放後の1942年(昭和17年)、松竹太秦撮影所に入社し、田坂具隆監督の『母子草』、内田吐夢監督の『鳥居強右衛門』に出演後、松竹大船撮影所に移籍する[5]木下惠介監督のデビュー作『花咲く港』では上原謙と共に主演し、軽妙洒脱な演技を披露した。

1944年(昭和19年)、千田是也東野英治郎らと共に劇団俳優座を結成。同年に応召され、翌1945年(昭和20年)11月に復員する[3]。復帰後は『愛と死の戯れ』『中橋公館』『壊れ甕』『フィガロの結婚』などの舞台に立って劇団の中核的存在となり、劇団運営でも指導的立場をとった。映画では、1946年(昭和21年)に木下監督の『大曾根家の朝』で、戦いに敗れたのちもかたくなに神州不滅を信じる陸軍士官を演じ、堂々たる貫録を示して演技派の第一人者に躍り出て[5]、この演技で第1回毎日映画コンクール演技賞を受賞する。木下に見込まれた小沢は、1948年(昭和23年)、オールロケ、出演俳優2人だけという異色作『』に水戸光子と共に主演。同年にフリーとなり、1950年代俳優座劇場を建設するため自ら進んで多くの映画に出演する[3]溝口健二監督の『雨月物語』などといった巨匠監督の名作から、東映時代劇東宝特撮映画独立プロ映画に至るまで幅広い作品に出演した。

様々な役をこなしたが、特に悪役での憎々しい演技に定評がああった。

白い巨塔』『華麗なる一族』『不毛地帯』ではいずれも仇役を好演し[5]、『白い巨塔』での鵜飼教授役は劇場版のほか、TV版でも演じ、当たり役とした。

新・平家物語』で信西を演じた際には、視聴者から助命嘆願ならぬ殺害嘆願が多数届き、『元禄太平記』『赤穂浪士』『忠臣蔵異聞 生きていた吉良上野介』の3作では吉良上野介を演じ、その憎々しい演技でハマリ役と云われた。

1959年(昭和34年)、『十二夜』からは舞台演出も始め、『セチュアンの善人』『東海道四谷怪談』等の演出作がある。1969年(昭和44年)、劇団の体質改善を訴え、代表の千田と対立し俳優座を退団する。

1988年(昭和63年)4月23日肺がんのため神奈川県逗子市の自宅で死去。79歳没。葬儀は俳優座劇場で行われ、千田是也が葬儀委員長を務めた。

私生活では艶福家として有名であり、2度の結婚を経験している。最初の妻との間に演出家の小沢僥謳1938年1月27日-1999年3月28日)を授かるも、堀阿佐子や山岡久乃と浮名を流し[3]、初妻は栄太郎・山岡が関係を清算した矢先とされた1954年に自殺、僥謳は後年の自著で山岡(との関係)が母の自殺の原因だったと主張している。[要出典]1974年(昭和49年)には37歳も年下の女性と再婚し[3]、老いらくの恋と騒がれたが、この妻とは逝去まで連れ添った。

受賞・受章歴[編集]

出演作品[編集]

映画[編集]

太字の題名はキネマ旬報ベスト・テンにランクインした作品

テレビドラマ[編集]

その他の番組[編集]

舞台[編集]

  • 乞食芝居(1932年、東京演劇集団) - 職工上りの乞食、邏卒長 役
  • どん底(1936年) - 錠前屋 役
  • 検察官(1946年)
  • 愛と死の戯れ(1946年、1959年) - ジェローム 役
  • 消えたバークシャ(1946年)
  • 中橋公館(1947年)
  • 壊れ甕(1947年、1964年)
  • 火山灰地(1948年)
  • フィガロの結婚(1949年、1964年) - フィガロ 役
  • 桜の園(1951年、1960年、1963年) - ロパーヒン 役
  • 椎茸と雄弁(1951年)
  • 現代の英雄(1952年)
  • 赤いランプ(1954年)
  • どれい狩り(1955年) - 探検家 役
  • 沢氏の二人娘(1959年)
  • 十二夜(1960年)
  • 石の語る日(1961年)
  • おまへの敵はおまへだ(1961年)
  • 三文オペラ(1962年)
  • お人好しの幽霊(1963年)
  • ハムレット(1964年) - クローディアス 役
  • 東海道四谷怪談(1964年、1968年) - 四谷左門 役
  • ファウスト(1965年) - メフィスト 役
  • アンナ・カレーニナ(1966年)
  • クルヴェット天から舞いおりる(1967年)
  • 三人姉妹(1968年)
  • ラ・マンチャの男(1969年・1970年) - 牢名主 役
  • 北斎漫画(1973年)
  • 天守物語(1977年) - 近江之丞桃六 役
  • 花神(1978年)※松竹前進座提携公演
  • 五重奏(1978年)※文学座特別公演
  • 食肉市場のジャンヌダルク(1982年) - 食肉王 役
  • メアリ・スチュアート(1983年)
  • 遁走譜(1984年) - 横山源伍 役
  • テンペスト(1984年) - プロスペロー 役
  • あまつ空なる(1987年)

ラジオ[編集]

  • えり子とともに (1951年、NHK)
  • 闖入者(1955年、朝日放送) - 闖入者・紳士 役

演出作品(舞台)[編集]

  • 十二夜(1959年)
  • お人好しの幽霊(1963年)
  • フィガロの結婚(1964年)
  • 東海道四谷怪談(1964年、1968年)
  • ヒゲの生えた制服(1966年)
  • セチュアンの善人(1966年)
  • クルヴェット天から舞いおりる(1967年)
  • 三人姉妹(1968年)

文献[編集]

  • 小沢栄太郎『パリの銭湯』、法政大学出版局、1959年
  • 小沢栄太郎『先祖はモリエール』、講談社、1977年 ※自伝エッセー集
  • 小沢栄太郎・嵯峨善兵松本克平信欣三『四人でしゃべった』、早川書房、1987年
  • 『小澤栄太郎』、小澤優子(編)、みみずくぷれす、1989年 ISBN 4943960219 ※遺文集と夫人の日記
  • 小沢僥謳『火宅の人 俳優小澤栄太郎』、角川書店、1996年 ISBN 4048834436 ※息子の回想記

脚注[編集]

  1. ^ 小沢栄太郎KINENOTE、2014年11月24日閲覧
  2. ^ 『演劇年鑑』、二松堂書店、1989年、p.202
  3. ^ a b c d e f g h i 小沢栄太郎、新撰 芸能人物事典 明治〜平成、コトバンク、2014年11月24日閲覧
  4. ^ a b c d e キネマ旬報1979、p.123
  5. ^ a b c キネマ旬報1979、p.124
  6. ^ 銀河ドラマ 針千本 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス

参考文献[編集]

関連項目[編集]