小笠原朋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
小笠原 朋子
生誕 ????7月20日
日本の旗 日本長野県
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1993年頃 -
ジャンル 4コマ漫画
代表作 ウワサのふたり
せんせいとわたし
さくらハイツ102 など
公式サイト ogasite - 本人公式サイト
テンプレートを表示

小笠原 朋子(おがさわら ともこ、7月20日 - )は、日本4コマ漫画家長野県出身。

概要[編集]

漫画家としては、少女漫画誌にてデビューとのこと[1]。その後、4コマ漫画雑誌へ執筆の場を移し、1996年頃より、長期にわたり芳文社竹書房双葉社の4コマ雑誌で作品を発表していたが、現在は4コマメインの仕事は整理し[2]、エッセイコミックを含むショートストーリー中心の執筆活動となっている。他に、ジュニア小説の挿絵も手がけている。また同人活動も行っており、同人誌では芳文社の『まんがタイムラブリー』で同じ頃執筆をしていた深森あきなどと共に活動をしている。

師走冬子とは本人単行本『とびだせニッポン!』などにも収録されている通り、日本国外への旅行を含め公私共に親交が深いようである。その他、過去の単行本作品や本人のブログなどから、おーはしるい、あらあらかし子、片桐みすず、千歳キイロらと親交があることがうかがえる。

作品の特色[編集]

非常に多作な作家でありながら、作品ごとに独特な設定が為されている。多くの作品で主人公が可愛い女の子である点は共通しているが、内訳を見ると、芸能人の10歳の隠し娘・気弱で無口な女子中学生・悪事ばかりたくらむ高校の生徒会長・担任教師と結婚している女子高生・二浪して専門学校に入り寮生活を始めた酒好き20歳・OL・26歳の貧乏役者…等、非常に変化に富むキャラクター設定をしていることが解る。恋愛の要素は必ずと言って良いほど織り込まれているが、物語の魅力な主旋律はそれと無関係に流れることが多く、両者の織り成す綾が小笠原の作品の基本形と言える。

連載中の作品リスト[編集]

連載が終了した作品リスト[編集]

単行本リスト[編集]

  • 年下の男の子 (1996年 - 1997年、まんがタイムラブリー、199年 - 2001年、まんがタイムスペシャル(共に芳文社))
  • とってもビーンズ (1997年 - 2001年、まんがタイムラブリー(芳文社))
    • 単行本(芳文社 まんがタイムコミックスより刊行)
      1. (1999年) ISBN 4-8322-6148-7
      2. (2001年) ISBN 4-8322-6217-3
  • 僕は君のもの (1998年 - 2003年、まんがタイムナチュラル、? - 2003年、まんがタイムジャンボ(共に芳文社))
    • 単行本(芳文社 まんがタイムコミックスより刊行)[3]
      1. (2002年) ISBN 4-8322-6266-1
  • せんせいとわたし (1998年 - 2004年、まんがライフ(竹書房))
    • 単行本(竹書房 バンブーコミックスより刊行)全3巻完結
      1. 第1巻(2000年) ISBN 4-8124-5451-4
      2. 第2巻(2002年) ISBN 4-8124-5722-X
      3. Wedding!(2005年) ISBN 4-8124-6150-2
      • 実質的な第3巻だが、表紙によれば“諸事情”でタイトルを変更したとのこと。番外編で『悪の生徒会長』のキャラが登場する。
  • さくらハイツ102 (1999年 - 2005年、まんがタウン(双葉社))
    • 単行本(双葉社 アクションコミックスより刊行)全3巻完結
      1. (2001年) ISBN 4-575-93738-X
      2. (2003年) ISBN 4-575-93840-8
      3. (2005年) ISBN 4-575-93946-3
  • 山の上歌劇団 (2001年 - 2004年、まんがタイムスペシャル(芳文社))
    • 単行本(芳文社 まんがタイムコミックスより刊行)全1巻完結(2004年) ISBN 4-8322-6361-7
  • ウワサのふたり (2001年 - 2006年、まんがライフオリジナル(竹書房))
    • 単行本(竹書房 バンブーコミックスより刊行)
      1. (2003年) ISBN 4-8124-5778-5
      2. (2005年) ISBN 4-8124-6177-4
      3. (2006年) ISBN 4-8124-6518-4
  • 悪の生徒会長 (2003年 - 2006年、まんがライフMOMO(竹書房))
    • 単行本(竹書房 バンブーコミックスより刊行)
      1. (2004年) ISBN 4-8124-6021-2
      2. (2006年) ISBN 4-8124-6459-5
  • あしたも嵐! (2004年 - 2006年、まんがライフ(竹書房))
    • 単行本(竹書房 バンブーコミックスより刊行)全1巻完結
      1. (2006年) ISBN 4-8124-6528-1
  • ホームタウン (2005年 - 2006年、まんがタウン(双葉社))
    • 単行本(双葉社 アクションコミックスまんがタウンより刊行)全1巻完結
      1. (2006年) ISBN 4-575-94042-9
  • とびだせニッポン! (xxxx年 - 2009年、全部ホンネの笑える話(秋田書店))※非4コマ作品
    • 単行本(秋田書店 Akita Essei Collectionより刊行)
      1. (2007年) ISBN 978-4253107051
      • 芳文社やぶんか社の実話系4コマ誌等に初出の作品も収録されている[4]
  • 兄妹円満 (2006年 - 2008年、まんがタウンオリジナルケータイまんがタウン(共に双葉社))
    • 単行本(双葉社 アクションコミックスまんがタウンより刊行)全1巻完結
      1. (2008年) ISBN 978-4-575-94165-4
  • Hi スクラップ!! (2006年 - 2008年、まんがライフMOMO(竹書房))
    • 単行本(竹書房 バンブーコミックスより刊行)全1巻完結
      1. (2008年) ISBN 978-4-8124-6789-3
  • おいしい日曜日♥ (2006年 - 2008年、まんがライフオリジナル(竹書房))
    • 単行本(竹書房 バンブーコミックスより刊行)全1巻完結
      1. (2009年) ISBN 978-4-8124-7006-0
  • ウチへ行こうよ! (2007年 - 2008年、まんがライフ(竹書房))
    • 単行本(竹書房 バンブーコミックスより刊行)全1巻完結
      1. (2009年) ISBN 978-4-8124-7069-5
  • パパ★Lv1(2009年 - 2011年、まんがライフオリジナル(竹書房))
    • 単行本(竹書房 バンブーコミックスより刊行)全1巻完結
      1. (2011年) ISBN 978-4-8124-7535-5
  • ゆったり東京ご利益さんぽ(2010年 - 2012年、本当にあったゆかいな話(竹書房)に『縁活!!〜あやかれ!!他力本願ツアー〜』の題名で連載)※非4コマ作品
    • 単行本(竹書房 バンブーエッセイコレクションより刊行)全1巻完結
      1. (2012年) ISBN 978-4-8124-9179-9
  • ラブカラ Colorful Love (2011年 - 2012年、KCGコミックス(角川コンテンツゲート))※非4コマ作品
    • 単行本(エンターブレイン ビームコミックスより刊行)全1巻完結
      1. (2012年) ISBN 978-4-04-728260-5

単行本未収録作品[編集]

  • GO!GO!ガールズライフ (2001年 - 2004年、まんがタイムラブリー(芳文社))
  • 山の上出張版 (2003年 - 2004年、まんがタイムジャンボ(目次横まんが)(芳文社))
  • 03GIRL (2004年、恋愛よみきりMAX Vol.2 - Vol.6(秋田書店))
  • パラダイス・ホテル (2006年 - 2008年、まんがタウン(双葉社))
  • ゆなさなニッキ (2008年 - 2009年、まんがくらぶオリジナル(竹書房))※同人誌として自己出版
  • ニュースになりたい!(xxxx年、Eleganceイブ(秋田書店)→2007年 - 2010年、たかの宗美スペシャル(ぶんか社) ※非4コマ作品、隔月連載)※同人誌として自己出版
  • レポート漫画(xxxx年 - xxxx年、duet集英社))※非4コマ作品
  • 熊高手芸部(2013年9月号・2014年3月号・8月号読切、まんがライフMOMO(竹書房))

挿絵作品リスト[編集]

  • レンアイ@委員シリーズ (作:令丈ヒロ子、理論社刊)
    1. レンアイ@委員 ラブリーメールにこたえます(2002年) ISBN 4-652-07447-6
    2. レンアイ@委員 ブラ・デビュー・パーティ(2002年) ISBN 4-652-07451-4
    3. レンアイ@委員 プリティになりたい(2003年) ISBN 4-652-07456-5
    4. レンアイ@委員 おねえちゃんのカレシ(2004年) ISBN 4-652-07462-X
    5. レンアイ@委員 キレイの条件(2005年) ISBN 4-652-07466-2
    • ハードカバー版
    1. レンアイ@委員 ラブリーメールにこたえます(2003年) ISBN 4-652-07317-8
    2. レンアイ@委員 ブラ・デビュー・パーティ(2003年) ISBN 4-652-07318-6
    3. レンアイ@委員 プリティになりたい(2003年) ISBN 4-652-07319-4
    4. レンアイ@委員 おねえちゃんのカレシ(2004年) ISBN 4-652-07327-5
    5. レンアイ@委員 キレイの条件(2005年) ISBN 4-652-07329-1

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 本人単行本『せんせいとわたし』1巻あとがき漫画など。
  2. ^ 2009年2月21日付の本人ブログより[1]。ただし4コマ漫画を仕事の中心から外しただけであり、今後4コマ漫画を描かないという訳ではない。
  3. ^ 単行本未収録分は同人誌として自己出版している。
  4. ^ 2012年には、単行本未収録の商業誌初出(単発発表)海外旅行記に描き下ろしを加えた同人誌『たびのほん』が自己出版されている。