小花美穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
小花 美穂
生誕 ????4月26日
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1990年 -
ジャンル 少女漫画
代表作 こどものおもちゃ
受賞 時期不明:第25回りぼん新人漫画賞で佳作(「白雪姫症候群(スノーホワイト・シンドローム)」)
1998年:第22回講談社漫画賞少女部門受賞(「こどものおもちゃ」)
公式サイト 小花美穂 公式サイト『 BarOBANA 』
テンプレートを表示

小花 美穂(おばな みほ、4月26日[1] - )は、日本漫画家東京都出身[2]。身長160cm[3]血液型はAB[2]

人物[編集]

「白雪姫症候群(スノーホワイト・シンドローム)」が第25回りぼん新人漫画賞で佳作を受賞し、1990年に『りぼん秋のびっくり大増刊号』(集英社)に掲載の「窓のむこう」でデビュー。かつてさくらももこアシスタントをしていた。さくらとは現在も親交が続いている。主に『りぼん』を始めとする集英社の少女漫画誌で活動。代表作は、「こどものおもちゃ」など。同作で1998年、第22回講談社漫画賞少女部門受賞。

手に重い腱鞘炎を負っており、ペンを持つのも苦労しているが、液晶タブレットを使うなどいろいろ工夫しながら[4]現在も精力的に活動している。

既婚。夫は作曲家でアニメ「こどものおもちゃ」の音楽を担当していた武藤星児である。2005年に長女を出産した。自身のブログによると、「こどものおもちゃ」がヒットし夢が叶ったので創作意欲が燃え尽きかけたらしいが、何とか新作(「アンダンテ」等)を発表したとのこと。

略歴[編集]

  • 1990年平成2年) - 『りぼん増刊』に掲載された「窓のむこう」でデビュー
  • 1994年(平成6年) - 『りぼん』で、「こどものおもちゃ」の連載を開始( - 1998年)。
  • 1996年(平成8年) - 「こどものおもちゃ」がアニメ化される(テレビ東京系、- 1998年)。
  • 1998年(平成10年) - 第22回講談社漫画賞少女部門受賞(「こどものおもちゃ」)。
  • 2001年(平成13年) - 『りぼん』で、「アンダンテ」の連載を開始( - 2002年)。
  • 2004年(平成16年) - 『Cookie』(集英社)で、「Honey Bitter」の連載を開始。
  • 2005年(平成17年) - 『Cookie』2月特大号から妊娠の為休載。
  • 2006年(平成18年) - 『Cookie』2月特大号から「Honey Bitter」連載再開。
  • 2007年(平成19年) - 腱鞘炎悪化により再び休載。
  • 2007年(平成19年)10月13日 - 公式サイト『BarOBANA』開設。
  • 2008年(平成20年)8月26日 - 『Cookie』10月号から「Honey Bitter」連載再開。新章スタート。

作品リスト[編集]

  • 白波の幻想(1992年、りぼんマスコットコミックス(集英社)。ISBN 4-08-853604-5)
    • 窓のむこう(1990年、りぼんびっくり秋の大増刊号掲載)
    • 7年目のシーン(1991年、りぼんオリジナル掲載)
    • ぼくとお嬢様 (1991年、りぼん掲載)
    • 白波の幻想(イリュージョン)(1991年、りぼんオリジナル掲載)
  • せつないね(1993年、りぼんマスコットコミックス。ISBN 4-08-853662-2)
    • 眠り姫にズレたKISS(1992年、りぼん掲載)
    • せつないね(1992年、りぼん掲載)
  • この手をはなさない(1994年、りぼんマスコットコミックス。全2巻)
    • そんなロマンス(1992年、りぼん別冊ふろく掲載。後編に収録)
    • 無期限のしあわせ(1992年、りぼんオリジナル掲載。前編に収録)
    • この手をはなさない(1993年-1994年、りぼん連載)
  • こどものおもちゃ(1994年-1998年、りぼん連載。1995年-1999年、りぼんマスコットコミックス刊、全10巻。2003年、集英社ガールズコミックスより完全版(全7巻)として再版)
  • 猫の島(1996年、りぼんマスコットコミックス。ISBN 4-08-853879-X)
    • 窓ぎわうしろから4番目(1993年、りぼん掲載)
    • 猫の島(1994年、りぼんびっくり春の大増刊号掲載)
    • あるようでない男(1996年、りぼんオリジナル掲載)
  • 水の館(1999年、りぼんマスコットコミックス。ISBN 4-08-856168-6)
    • 水の館(1999年、りぼん掲載)
    • POCHI(1999年、りぼん掲載)
  • パートナー(2000年、りぼんマスコットコミックス。全3巻)
    • 瀬戸のグラン・マ(1999年、りぼんオリジナル掲載)
    • パートナー(1999年-2000年、りぼん連載)
    • パートニャー(2000年、りぼん冬休みおたのしみ増刊号掲載)
  • アンダンテ(2001年-2002年、りぼん他連載。2001年-2002年、りぼんマスコットコミックス。全3巻)
  • POCHI(2003年、りぼんマスコットコミックス。ISBN 4-08-856504-5)
    • POCHI(1999年、りぼん掲載、再録)
    • POCHI 〜MIKE編〜(2003年、りぼん連載)
  • あるようでない男(1996年、りぼんオリジナル掲載、再録、2003年、コーラス(集英社)連載。2003年、クイーンズコミックス(集英社)。ISBN 4-08-865166-9)
  • Honey Bitter(2004年-、Cookie連載。2004年-、りぼんマスコットコミックスCookie。既刊12巻)

小説[編集]

  • この手をはなさない (1994年、小花美穂原作、川田みちこ著。集英社コバルト文庫
  • こどものおもちゃ ガールズ バトルコメディ(1996年-1997年、小花美穂原作、高橋良輔著。集英社コバルト文庫。全7巻)

師匠[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 作者プロフィール”. ABOUT. 小花美穂 公式サイト『 BarOBANA 』. 2017年4月27日閲覧。
  2. ^ a b 小花美穂のプロフィール”. Bar OBANA Free MEMO. Ameba. 2017年4月27日閲覧。
  3. ^ 『こどものおもちゃ』4巻あとがきより。
  4. ^ 『Honey Bitter』9巻Free Talk(90ページ)より