小野ひずる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

小野 ひずる(おの ひずる、1955年(昭和30年)2月1日[1][2] - )は日本の女優歌手。本名・小野日出(読みは同じ)[2]。旧芸名、別名・小野ひづる。東京都杉並区出身[1]明星学園高等学校自由が丘産能短期大学卒。

姉は女優で『笑点』の大喜利コーナーで座布団運びを務めたこともある小野千春[2]

来歴[編集]

姉・千春の誘いを受けて、芸能プロダクション・東京新社に所属[2]。国立音楽大学付属高校1年のとき、ニッポン放送「東芝ワイドワイドサンデー」に坂本九のアシスタントとして1年間出演したことがきっかけで芸能界に入る[1]。高校2年から明星学園に編入して本格的に活動する。

1972年(昭和47年)、『夕映えに明日は消えた』(東宝)でデビューする[1][2]が、作品自体は未公開となる。同年に「まえぶれ」(MGMレコード)でレコードデビュー[2]

1973年(昭和48年)、東映製作のテレビ特撮番組『仮面ライダーV3』(毎日放送)のレギュラーヒロイン珠純子役を務める[2]

23歳のとき、結婚のため芸能界を引退[1]

2007年(平成19年)、雑誌[要文献特定詳細情報]の取材に応え、預かっている姉・千春の孫と共に久々に姿を見せた。

2009年4月26日のイベント『スーパーフェスティバル』でサイン会に登場。100人を超えるファンがサイン会に来場している。

2011年3月20日のFMラジオ『大相撲甚句』にゲスト出演したことがパーソナリティーのブログ[3]にて紹介されている。

出演作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

ディスコグラフィー[編集]

  • 「まえぶれ」

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『仮面ライダーV3大全』 双葉社、2001年、44頁。ISBN 4-575-29235-4。
  2. ^ a b c d e f g OFM仮面ライダー4 2004, pp. 24-25, 「特集 ライダーガールズグラフィティー 美しきヒロインたちの肖像」
  3. ^ 北脇貴士の大相撲甚句2011年3月12日

参考文献[編集]

  • 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.4 ライダーマン』 講談社2004年9月24日。ISBN 4-06-367091-0。