小野千春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

小野 千春(おの ちはる、1951年3月3日 - 1999年頃)は、日本の元女性アイドル女優東京都杉並区出身。

妹は『仮面ライダーV3』の珠純子役で知られる元女優・歌手小野ひずる

概要[編集]

1969年国立音楽大学附属高等学校在学中にニッポン放送の座談会番組『ザ・パンチジャーナル』に出演。饒舌でよく目立つところがディレクターの目に止まり、スカウトされた。同年4月スタートのTBSテレビのドラマ『あいつの季節』でデビュー。[1]

同年4月、国立音楽大学声楽科に入学するが[2]、在学中は芸能活動を禁じられていたため、ほどなく中退する。

1970年には『笑点』の「前武の何でも入門」のアシスタントに起用され、その後大喜利コーナーで女性初の座布団運びを務めることになった[3](当時同じ芸能事務所所属だった前田武彦がいたため起用された)。笑点での愛称は「チー坊」。

1972年7月に作詞家西沢爽の子息(自動車中古販売店経営)と結婚する(当時、事務所との契約がまだ残っており一悶着あったが、妹のひずるが高校卒業後に代わりとしてデビューすることで決着がついた[4])。その後しばらくして引退した。

翌年の1973年10月には女児を出産。

妹・ひずるが「ヒロインステーション 2007 Vol.01」(大洋書房)のインタビューで「48歳の若さで亡くなっている」と語っており、彼女の孫はひずるが「預かっている」とのことである(死因、具体的な時期については未掲載の為不明)。

出演作品[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

  • あまから物語 おんなの朝(1971年・松竹)女子店員
  • 海兵四号生徒(1971年・大映)園部時子
  • 喜劇 女子高生 華やかな挑戦(1975年・松竹)石井道代

バラエティ[編集]

  • 笑点(1970年-1971年・NTV)コーナーアシスタント・座布団運び

脚注[編集]

  1. ^ サンデー毎日」1969年4月13日号より。
  2. ^ 週刊ポスト」1970年9月18日号より。
  3. ^ ぴあMOOK『笑点五〇年史 1966-2016』131ページ
  4. ^ 週刊明星」1972年7月2日号より。当時21歳と表記。「朝日新聞」1973年6月8日付夕刊では、電話応対をしている姿の写真つきで掲載されている。
先代:
三遊亭笑遊初代三笑亭夢丸
(1969年11月~1970年6月)
笑点」座布団運び
4代目
(1970年6月~1971年7月)
次代:
松崎真
(1971年7月~1984年9月)