小野川公三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
おのがわ こうざぶろう
小野川 公三郎
本名 小野川 公三郎
生年月日 (1947-01-01) 1947年1月1日(70歳)
出生地 日本の旗, 兵庫県出石郡出石町
身長 168cm
職業 俳優
配偶者 あり
事務所 エム・カンパニー( - 1999年
主な作品
映画
『高校生番長 棒立てあそび』
『タリラリラン高校生』『天使の恍惚
スリランカの愛と別れ
テレビドラマ
繭子ひとり』『トリプルファイター
積木の箱』『Gメン'75

小野川 公三郎(おのがわ こうざぶろう、1947年1月1日[1] - )は、日本の元俳優。本名同じ[2]

兵庫県出石郡出石町出身[1]身長168cm、体重57kg[2]兵庫県立出石高等学校卒業[1]。蛭川企画[2]、サンライト[3]、エム・カンパニー[4]に所属していた。

来歴・人物[編集]

五人兄妹の三男[1]。高校卒業後、東京芸術座附属演劇研究所を経て劇団NLTの研究生となる[1]。劇団活動のかたわら三島由紀夫の紹介で大映と専属契約を結ぶ[1]

1969年『ヤングパワー・シリーズ 新宿番外地』でデビューし、翌年『高校生番長 棒立てあそび』では主役となる。以後、帯盛迪彦監督作品を中心に大映最後の輝きとなった『高校生番長』シリーズ(1970年 - 1971年)を支える一人として、篠田三郎、関根恵子(現・高橋惠子)、松坂慶子らとともに活躍。

1971年末の大映倒産後は主な活躍の場をテレビへと移す。連続テレビ小説繭子ひとり』(NHK)や円谷プロ特撮ドラマ『トリプルファイター』(TBS)などにレギュラー出演したほか、『Gメン'75』(TBS)では常連ゲストとしてさまざまな役柄を演じ印象を残す。そのほか、舞台出演も多い。

1974年に結婚[1]。特技は、歌唱[2]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 育ちざかり(1967年、東宝
  • 不良番長(1968年、東映) - ロクオン
  • ヤングパワー・シリーズ 新宿番外地(1969年、大映) - 鉄次
  • ヤングパワー・シリーズ 大学番外地(1970年、大映) - 相馬
  • 高校生番長(1970年、大映) - 並木健太
  • 十代の妊娠(1970年、大映) - 佐々木武志
  • 高校生番長 棒立てあそび(1970年、大映) - 主演・堀田大作
  • 高校生番長 深夜放送(1970年、大映) - 長坂元三郎
  • 高校生番長 ズベ公正統派(1970年、大映) - 相馬吾郎
  • タリラリラン高校生(1971年、大映) - 主演・南郷圭
  • 樹氷悲歌(1971年、大映) - 町田邦夫
  • 十七歳の成人式(1971年、大映) - 広野四郎
  • 成熟(1971年、大映) - 田辺茂
  • 夜の診察室(1971年、大映) - 石川弘
  • 天使の恍惚(1972年、ATG) - 土曜日
  • スリランカの愛と別れ(1976年、東宝) - 篤和次郎

舞台[編集]

脚注[編集]

出典
[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『日本映画俳優全集 男優編』 キネマ旬報社1980年、137頁。
  2. ^ a b c d 日本タレント名鑑 '94』 VIPタイムズ社、1994年、81頁。
  3. ^ 『日本タレント名鑑 '96』 VIPタイムズ社、1996年、92頁。
  4. ^ 『日本タレント名鑑 '99』 VIPタイムズ社、1999年、99頁。