山下規介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
やました きすけ
山下 規介
生年月日 (1962-06-19) 1962年6月19日(54歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
民族 日本人
身長 177cm
血液型 AB型
職業 俳優
活動期間 1983年 -
著名な家族 父:ジェームス三木
母:山下典子
事務所 ジェンコエージェンシー
公式サイト 山下規介|GENCO Agency
主な作品
運命じゃない人新キッズ・ウォー
備考
毎日映画コンクール 男優助演賞(映画「運命じゃない人」の演技)

山下 規介(やました きすけ、1962年6月19日 - )は、日本俳優脚本家。実父は脚本家のジェームス三木、母はエッセイストの山下典子。 血液型は、AB型。ジェンコエージェンシー所属。

来歴・人物[編集]

神奈川県横浜市出身。桐蔭学園高等学校、立教大学卒業。

1983年に、大林宣彦監督の映画『廃市』で役者デビュー。解答者として出演した『象印クイズ ヒントでピント』ではテクニカルクイズで幾多の好成績を残した。司会の土居まさるからは、父も別途出演していたことからか「キスケくん」といわれていた。

かつてバラエティー番組で語ったところによると、若い頃レコード(シングル)を発売したこともあったが、たった5枚しか売れず、レコード会社から大目玉を食らったらしい。

現在は舞台を中心に活躍中である。また最近では父と同じく脚本家として数々の作品を執筆している。ビデオディレクター(映像ディレクター)としても活動している[1][2][3]

メインキャストとして出演した映画『運命じゃない人』は2005年カンヌ国際映画祭・批評家週間に正式出品され、フランス作家協会賞など、4つの賞を獲得した。同作品で2006年毎日映画コンクールの男優助演賞を受賞した。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ出演[編集]

WEB[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. Sideline (1986年5月25日) EP:7DX1424
    c/w 夏のパラドックス (ポリドール)

舞台演出[編集]

  • 首のない王妃~マリーアントワネットのその後(2011年、博品館劇場)
  • 滝の白糸(2016年、三越劇場)[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 【久々に舞台に出演します】 阿部かな子オフィシャルブログ
  2. ^ 元タカラジェンヌ・現在は???の社長 JCCテレビすべて フジテレビ バイキング 2017年6月1日放送
  3. ^ 会社案内-スタッフ紹介 TOP CHANNEL
  4. ^ 第9回 日本アカデミー賞公式サイト