山内明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
やまのうち あきら
山内 明
山内 明
生年月日 (1921-07-11) 1921年7月11日
没年月日 (1993-10-29) 1993年10月29日(満72歳没)
職業 俳優
著名な家族 山野一郎(父)
山内美郷(娘)
主な作品
海軍』 / 『赤穂浪士』 / 『戦争と人間
新幹線大爆破』 / 『太平記』 / 『病院で死ぬということ

山内 明(やまのうち あきら、1921年7月11日 - 1993年10月29日)は、日本の俳優。

来歴・人物[編集]

山野一郎の子として東京に生まれる。1943年、映画『海軍』に主演して人気スターとなる。1950年宇野重吉らとともに劇団民藝を創立する。1975年、演劇集団「どらまん・はっと」を結成した。映画では二枚目の脇役を中心に、中年以後は武士、軍人役を多く演じた。NHK大河ドラマを始めとするテレビドラマにも数多く出演。市川準監督の映画『病院で死ぬということ』が遺作となった。1993年10月29日死去。72歳没。

タレント・エッセイストの山内美郷は娘。

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 海軍(1943年、松竹) - 谷真人
  • 女性航路(1944年、松竹)
  • 粋な風来坊(1946年、松竹京都) - 山本清太郎
  • 処女は真珠の如く(1947年、松竹大船) - 哲夫
  • 若き日の血は燃えて(1947年、松竹大船) - 南
  • たそがれの密会(1948年、松竹大船) - 野中泰介
  • 銀座新地図(1948年、松竹大船) - 伸吉
  • 限りなき情熱(1951年、東映東京) - 中島清七
  • 長崎の歌は忘れじ(1952年、大映東京) - 佐伯道信
  • 原爆の子(1952年、近代映画協会=民芸)
  • モンテンルパの夜は更けて(1952年、新東宝) - 井野圭介
  • 嫁ぐ今宵に(1953年、新映プロ) - 長谷川信夫
  • 縮図(1953年、近代映画協会) - 倉持
  • 悲恋椿(1953年、大映京都) - 杉浦稔
  • 夜明け前(1953年、近代映画協会=民芸) - 宗太
  • 女の一生(1953年、近代映画協会) - 山崎真太郎
  • 泥だらけの青春(1954年、日活) - 里村東介
  • 忠臣蔵(1954年、松竹) - 片岡源五右衛門
  • 生きとし生けるもの(1955年、日活) - 曽根夏樹
  • 四人の誓い(1956年、シネマプロデュース・サークル) - 岡部
  • 夜あけ朝あけ(1956年、民芸) - 中杉万作
  • (1957年、松竹) - 飯島哲次
  • 体の中を風が吹く(1957年、松竹) - 立田数馬
  • 侍ニッポン(1957年、松竹) - 松平左兵衛督
  • 朱の花粉(1960年、松竹大船) - 浜名準吉
  • 海を渡る波止場の風(1960年、日活) - 塚越大作
  • 豚と軍艦(1961年、日活) - 崎山
  • 人間の條件 第五部・第六部(1961年、松竹) - 吉良上等兵
  • スパイ・ゾルゲ / 真珠湾前夜(1961年、日本(松竹)&フランス合作) - 尾崎秀美
  • 風の視線(1963年、松竹) - 竜崎重隆
  • 駆逐艦雪風(1964年、佐野芸術プロ/松竹)
  • 刺青一代(1965年、日活) - 木下勇造
  • 愛の渇き(1967年、日活) - 謙輔
  • 黒部の太陽(1968年、日活=三船プロ石原プロ) - 塚本
  • 大幹部 無頼(1968年、日活) - 和泉竜作
  • ある少女の告白 禁断の果実(1968年、日活) - 北沢雅樹
  • 人斬り(1969年、大映=勝プロ) - 勝海舟
  • 戦争と人間 第一部・第二部(1970年 - 1971年、日活) - 石原莞爾
  • 喧嘩屋一代 どでかい奴(1970年、大映京都) - 関口哲夫
  • 激動の昭和史 沖縄決戦(1971年、東宝) - 宮崎中将
  • ゴジラ対ヘドラ(1971年、東宝) - 矢野徹
  • 子連れ狼 冥府魔道(1973年、東宝) - 心の字洗蔵
  • 新幹線大爆破(1975年、東映東京) - 官房長官
  • 死の棘(1990年、松竹)
  • 病院で死ぬということ(1993年) - 川村健二

テレビドラマ[編集]