山内賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
やまうち けん
山内 賢
本名 藤瀬 賢晁(ふじせ のりあき、旧姓:山内) 
別名義 久保 賢
生年月日 1943年12月9日
没年月日 2011年9月24日(満67歳没)
出生地 日本の旗日本東京都
国籍 日本
血液型 A
ジャンル 俳優映画テレビドラマ)・歌手司会者
活動期間 1955年 - 2011年
著名な家族 兄:久保明

山内 賢(やまうち けん、本名:藤瀬 賢晁(ふじせ のりあき)、1943年12月9日 - 2011年9月24日[1])は、日本俳優歌手司会者

人物・略歴[編集]

東京都出身。北区立滝野川第四小学校北区立新町中学校卒業。玉川学園では、浜田光夫と同級生だった。俳優の久保明は実兄。身長170cm。血液型A型。

1955年『姿なき目撃者』で「久保賢」の芸名で子役として、デビューする。その後、東宝作品に出演。1962年4月1日、日活と契約し芸名を「山内賢」に改める。

多くの日活映画に出演する。第一作目は『雲に向かって起つ』(石原裕次郎主演)。1960年代にブームとなる日活純愛・青春路線を支えた。和泉雅子との共演作が多く、なかでも鈴木清順が監督した『悪太郎』『悪太郎伝 悪い星の下でも』は、代表作である。また、舟木一夫とも多く共演した。

歌唱及びギターを得意としており、1962年には日活の俳優仲間であった和田浩治、杉山俊夫、杉山元、木下雅弘とともにヤング・アンド・フレッシュというバンドを結成し、レコードをリリース、また彼らをフィーチャーした映画も数本製作された。1966年には和泉雅子とのデュエット曲『二人の銀座』、『東京ナイト』が大ヒットし、同名の映画も製作された。

日本映画の衰退とともに活動をテレビに移し歌手そしてドラマや司会などで活躍する。1979年から6年にわたり放送された『あばれはっちゃくシリーズ』の先生役や1983年1997年1998年放送のNHK『趣味講座』(釣り、登山)などで人気を博す。

2003年夏、右肺にガンが見つかり除去手術を行った。その後も食道・左肺と転移が発見され計4度の手術を行った。

2007年11月17日新宿京王プラザホテルで開催された日活出身の俳優にて、構成する「俳優倶楽部」とスタッフ等で構成する「旧友会」の合同パーティーに、渡哲也浅丘ルリ子宍戸錠芦川いづみ松原智恵子川地民夫沢本忠雄・鈴木清順・井上梅次齋藤武市舛田利雄らとともに出席した。

2008年9月、和泉雅子との約40年ぶりデュエット新曲『おとなの銀座』を発売。また『二人の銀座』を含む往年のヒット作品を新たに録音したアルバムも発売する。

2009年2月、テレビ番組の企画で『あばれはっちゃくシリーズ』の共演者、吉田友紀(初代あばれはっちゃく)、栗又厚(二代目あばれはっちゃく)、早瀬優香子(初代ヒロイン)らと約30年ぶりに再会を果たした。[2]

2011年9月24日午前4時53分、肺炎のため東京都新宿区の病院で死去。67歳没[1]。戒名は「常慶院高岳賢尚居士」。同年9月26日の葬儀では日活の同僚であった浜田光夫吉永小百合、和泉雅子らが参列し、和泉が弔辞で「天国では先輩がいっぱいいるから、同窓会を作ってもらって。パーティーしましょうね。」と語りかけるなど、200名の葬儀参列者が故人を偲ばれた[3][4]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

  • 姿なき目撃者(1955年)
  • あすなろ物語(1955年)
  • 善太と三平物語 風の中の子供(1957年)
  • 善太と三平物語 お化けの世界(1957年)
  • コタンの口笛(1959年)
  • 上役・下役・ご同役(1959年)
  • 山のかなたに(1960年)
  • 喜劇 駅前団地(1961年)
  • 雲に向かって起つ(1962年)
  • 金門島にかける橋(1962年)
  • 若くて、悪くて、凄いこいつら(1962年)
  • 若者に夢あり(1962年)
  • 若いふたり(1962年)
  • 遥かなる国の歌(1962年)
  • 星の瞳をもつ男(1962年)
  • 川っ風野郎たち(1963年)
  • 交換日記(1963年)
  • 学園広場(1963年)
  • 灼熱の椅子(1963年)
  • 霧子のタンゴ(1963年)
  • 泥だらけのいのち(1963年)
  • 光る海(1963年)
  • 若い東京の屋根の下(1963年)
  • 悪太郎(1963年)
  • その人は遠く(1963年)
  • 空の下遠い夢(1963年)
  • 悪い星下でも(1964年)
  • 河内ぞろ 喧嘩軍鶏(1964年)
  • うず潮(1964年)
  • ああ青春の胸の血は(1964年)
  • 花嫁は十五才(1964年)
  • 若い港(1964年)
  • 河内ぞろ どけち虫(1964年)
  • 東京五輪音頭(1964年)
  • こんにちは赤ちゃん(1964年)
  • 若草物語(1964年)
  • 愛しながらの別れ(1965年)
  • 悪太郎伝 悪い星の下でも(1965年)
  • 高原のお嬢さん(1965年)
  • 河内ぞろ あばれ凧(1965年)
  • 明日は咲こう花咲こう(1965年)
  • 北国の街(1965年)
  • 落葉の炎(1965年)
  • 父と娘の歌(1965年)
  • 花咲く乙女たち(1965年)
  • 日本仁侠伝 花の渡世人(1966年)
  • 友を送る歌(1966年)
  • 逃亡列車(1966年)
  • 私は泣かない(1966年)
  • この虹の消える時にも(1966年)
  • 帰ってきた狼(1966年)
  • 青春ア・ゴーゴー(1966年)
  • 涙くんさよなら(1966年)
  • 君は恋人(1967年)
  • 二人の銀座(1967年)
  • 終りなき生命を(1967年)
  • 青春の海(1967年)
  • 北国の旅情(1967年)
  • 東京ナイト(1967年)
  • ザ・スパイダースのゴーゴー向う見ず作戦(1967年)
  • 夕陽が泣いている(1967年)
  • 花の恋人たち(1968年)
  • 霧にむせぶ夜(1968年)
  • 死線を越えて 賀川豊彦物語(1988年)

テレビドラマ[編集]

教養番組[編集]

  • TVムック・謎学の旅(日本テレビ)
  • ごちそうさま「さすらいの食いしん坊」初代レポーター(日本テレビ)
  • 趣味講座 釣り入門(1983年4月~1984年9月、NHK教育
  • 趣味悠々 中高年のための登山学~日本百名山をめざす(1997年7月~9月、13回、NHK教育)
  • 趣味悠々 中高年のための登山学~日本百名山をめざすⅡ(1998年9月~11月、13回、NHK教育)

バラエティー[編集]

情報番組[編集]

舞台[編集]

  • ザ・ファンタスティックス
  • ジプシー

レコード・CD[編集]

  • 天使は胸の中にいる/若い誓い(1963年9月)
  • 空の向こうに夢がある/東京もいいけど田舎もいいよ(1963年12月)
  • 泥だらけのいのち(1963年12月)
  • 朝の太陽(1964年2月)
  • 望郷列車(1964年3月)
  • ぼくら同級生(浜田光夫とデュエット)/若者よ胸を張れ(1964年4月)
  • 花嫁は十五才/青春の花を飾ろう(1964年4月)
  • 月が出たから(沢リリ子とデュエット)/君なつかし(1964年5月)
  • 地平線のかなた/僕とあの娘のピンプル(1964年8月)
  • 君のことなら/久留米絣の美少年(1964年9月)
  • 青い花かげ/僕等にゃ東京はせますぎる(1965年3月)
  • 愛の路上/つもり節(1965年5月)
  • ユー・アンド・ミー/ 二人の虹(共に和泉雅子とデュエット、1966年2月)
  • 青春ア・ゴーゴー/ただお前だけ!!(1966年3月)山内賢/日活ヤング・アンド・フレッシュ名義
  • 地図をひろげて/二人の虹(1966年8月)
  • 二人の銀座(和泉とデュエット、1966年9月)
  • 星空の二人(和泉とデュエット、1967年3月)
  • 僕だけのエンジェル/きっと何処かに(1967年5月)山内賢/日活ヤング・アンド・フレッシュ名義
  • 二人の朝(和泉とデュエット、1967年5月)
  • 空は夢の泉/チビのジュリー(1967年9月)
  • 東京ナイト(和泉とデュエット、1967年9月)
  • シャロンの港/君の住む島(1968年5月)
  • 初恋の人/恋しているのかな(1968年9月)

 土曜の午後は悲しくて/君のサンバ(1970年4月)

  • おとなの銀座/東京ナイト(和泉とデュエット、2008年9月24日)

著書[編集]

  • 山はいいなぁ元気になるよ―山嫌いのわたしが、なぜか百名山に惹かれた!(1998年、リヨン社、ISBN 4576980904)

脚注[編集]

[ヘルプ]