山口春吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
やまぐち はるきち
山口 春吉
生誕 1881年
日本の旗 日本·兵庫県津名郡仮屋浦
死没 1938年1月17日
墓地 神戸市北区の鵯越墓園内
職業 ヤクザ
著名な実績 山口組創設
子供 山口登(長男)

山口 春吉(やまぐち はるきち、1881年 - 1938年1月17日[1])は、日本ヤクザ山口組初代組長。

兵庫県津名郡仮屋浦(町村制後:来馬村、現:淡路市仮屋)出身。1910年頃まで淡路島漁師をしていたが、これに見切りを付け神戸港労務者として移住した。

当初は神戸市生田区栄町にあった海運業・倉橋組で働いた。倉橋組では持ち前の体力と統率力で小者頭にのし上がった。その後1912年頃、当時 神戸港で造船所用心棒等を請け負い勢力を持っていた大嶋組の大嶋秀吉の傘下に入った。

大嶋組の下でも頭角を現し、その勢いに乗って1915年、神戸で沖仲仕約50人を集めて、人夫供給を主業務とする山口組を創設した。創設後、人夫供給だけでなく、浪曲興行にも進出し組の基盤を確立していった。

兄弟分には、米騒動や市電争議調停で名を上げた鬼頭良之助こと森田良吉がいた。

1925年、跡目を長男に譲り引退。 1938年、57歳で死去。 墓所は神戸市北区の鵯越墓園内。[2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『六代目山口組 完全データBOOK』メディアックス、2008年、ISBN 978-4-86201-328-6のP.221
  2. ^ 六代目山口組完全データBOOK 2008年版:『山口組最高幹部らが歴代組長の墓を同時墓参:初の歴代組長同時墓参で強まる「先人顕彰」の動き』 (p.116) 2009年2月1日 メディアックス ISBN 978-4-86201-358-3
先代:
山口組組長
初代: 1915-1925
次代:
山口登