山口馬木也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
やまぐち まきや
山口 馬木也
本名 槙矢 秀紀(まきや ひでのり)
生年月日 (1973-02-14) 1973年2月14日(44歳)
出生地 日本の旗 日本岡山県
民族 日本人
身長 180cm[1]
血液型 A[1]
ジャンル 俳優
活動期間 1998年 - 現在
主な作品
テレビドラマ
剣客商売
水戸黄門
映画
雨あがる
告白

山口 馬木也(やまぐち まきや、本名:槙矢 秀紀、1973年2月14日[1] - )は、岡山県出身[1]俳優京都精華大学芸術学部洋画学科卒業[2]。特技は乗馬、剣道、殺陣、ドラム、ジャンベ(アフリカ民族楽器)[3]。オフィスまとば所属[3]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ系[編集]

TBS系[編集]

フジテレビ系[編集]

テレビ朝日系[編集]

テレビ東京系[編集]

時代劇専門チャンネル[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

  • 三人姉妹(2000年3月〜4月、近鉄アート館、STUDIOコクーン、水戸芸術館ACM百人劇場、彩の国さいたま芸術劇場) - ローデ・陸軍少尉
  • 蜘蛛女のキス(2005年) - ヴァレンティン
  • オセロー(2007年) - キャシオー
  • 宮廷女官 チャングムの誓い(2007年) - ミン・ジョンホ
  • 座頭市(2009年1月、名古屋 御園座) - 平田御幸
  • ヘッダ・ガーブレル(2010年)
  • ジャンヌ・ダルク(2010年) - ベッドフォード公
  • ノイゼス オフ(2011年) - マイケル・フレイン
  • 秘祭(2011年)
  • ピアフ(2011年)
  • 十三人の刺客(2012年8月、赤坂ACTシアター、大阪・新歌舞伎座) - 平山九十郎
  • 里見八犬伝(2012年11月、新国立劇場 中劇場、大阪・NHK大阪ホール) - ゝ大法師
  • 哀と愛と藍と(2013年4月、シアターグリーン)
  • 真田十勇士(2013年8月 - 10月、赤坂ACTシアター、中日劇場、梅田芸術劇場メインホール) - 服部半蔵
  • さらば八月の大地(2013年11月、新橋演舞場)
  • 銀河英雄伝説 第四章 後篇 激突(2014年2月、青山劇場) - ワルター・フォン・シェーンコップ
  • 江戸のえじそん(2014年7月、あうるすぽっと) - 早矢手
  • Twelve(2014年8月28日 - 9月7日、青山円形劇場)
  • ジャンヌ・ダルク(2014年10月 - 11月、赤坂ACTシアター、大阪・オリックス劇場、神奈川・KAAT神奈川芸術劇場) - ベッドフォード公
  • 真田十勇士(2015年1月 - 2月、赤坂ACTシアター、名古屋・中日劇場、大阪・梅田芸術劇場メインホール、福岡・キャナルシティ劇場) - 服部半蔵
  • 十二夜(2015年3月8日〜3月30日、日生劇場) - アントーニオ
  • おもろい女(2015年5月29日〜6月2日、シアター1010 6月5日〜30日、シアタークリエ)
  • ミュージカル『グレイト・ギャツビー』(2016年7月 サンシャイン劇場、愛知県芸術創造センター、ロームシアター京都サウスホール、新神戸オリエンタル劇場) - トム・ブキャナン 役 [4]
  • 真田十勇士(2016年9月 - 10月 新国立劇場中劇場、KAAT神奈川芸術劇場兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール) - 久々津壮介 役
  • 紅き谷のサクラ〜幕末幻想伝 新選組零番隊〜 (2017年1月、天王洲銀河劇場) - 藍座宗之進 役[5]

バラエティー・教養番組[編集]

ほか多数

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 山口馬木也”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月3日閲覧。
  2. ^ 映画『小春日和』A Warm Spell — 出演者 Cast
  3. ^ a b 山口馬木也”. オフィスまとば. 2017年1月3日閲覧。
  4. ^ “「グレイト・ギャツビー」追加キャストに山口馬木也、木村花代ら”. ステージナタリー. (2016年4月1日). http://natalie.mu/stage/news/181948 2016年4月1日閲覧。 
  5. ^ “幕末に生きた人斬りの宿命描く、根本正勝×玉城裕規「紅き谷のサクラ」開幕”. ステージナタリー. (2017年1月13日). http://natalie.mu/stage/news/216666 2017年1月13日閲覧。