山岸敬和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

山岸 敬和(やまぎし たかかず、1972年12月25日 - )は、日本政治学者南山大学外国語学部英米学科准教授。専門は、アメリカ政治、比較政治、福祉国家論、医療政策。

略歴・人物[編集]

福井県生まれ。福井市足羽中学校福井県立藤島高等学校を経て、慶應義塾大学法学部卒業。1999年慶応義塾大学大学院法学研究科修士課程を修了。2006年政治学博士の学位をジョンズ・ホプキンス大学より取得。

ジョンズ・ホプキンス大学非常勤講師、南山大学外国語学部英米学科専任講師を経て2010年4月より現職。

恩師は久保文明、アダム・シャインゲイト、マシュー・クレンソン。

著書[編集]

単著[編集]

  • War and Health Insurance Policy in Japan and the United States : World War II to Postwar Reconstruction (Johns Hopkins University Press, 2011)
  • )『アメリカ医療制度の政治史-20世紀の経験とオバマケア-』、山岸敬和、名古屋大学出版会、2014年

共著[編集]

  • 『日米の医療-制度と倫理-』、大阪大学出版会、杉田米行編、2008年(執筆担当部分:第2章「アメリカ民間医療保険制度の起源:国家、医師会、第二次世界大戦」pp.27-44)
  • 『日米の社会保障とその背景』、大学教育出版、杉田米行編、2010年(執筆担当部分:第3章「アメリカ医師会と医療保険-日本との比較の中で-」pp.91-127)
  • 『American Politics from American and Japanese Perspectives -英語と日米比較で学ぶアメリカ政治-』、大学教育出版、マイケル・ピサピア (Michael Callaghan Pisapia) との共著

共編著[編集]

  • 『ポスト・オバマのアメリカ』、山岸敬和、西川賢編、大学教育出版、2016年