山崎亜美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
やまざき あみ
山崎 亜美
[[ファイル:
2007年2月24日イベントにて
|220x480px|山崎 亜美]]
山崎 亜美
プロフィール
愛称 あみちゃん、あみーご
生年月日 1980年7月18日
現年齢 35歳
出身地 日本の旗 日本兵庫県神戸市
血液型 A型 (RH+)
公称サイズ[いつ?]
身長 / 体重 163 cm / kg
スリーサイズ 85 - 60 - 84 cm
ブラのサイズ D
活動
デビュー 1993年1月21日
ジャンル ヌードモデルAV女優
モデル内容 一般
AV出演 2007年 -
備考 歌手
他の活動 女優タレントモデル
その他の記録
ねずみっ子クラブ所属
AV女優:テンプレート | カテゴリ

山崎 亜美(やまざき あみ、1980年7月18日 - )は、日本の元AV女優。元ねずみっ子クラブのメンバー、女優[1]

兵庫県神戸市出身。所属事務所は無く、フリーランス。実母は元歌手の荒木ミミ。

来歴[編集]

1993年日本テレビとんねるずの生でダラダラいかせて!!』ゴングショーの「セクシー小学生コンテスト」に出場した。出場者の中から選抜された仲根かすみ宮澤寿梨等と共にねずみっ子クラブのメンバーとして、芸能界デビューした[2]。当時に発行、発売された写真集「少女・亜美」の騒動の一件で、ねずみっ子クラブを脱退。以降は、学業優先で芸能活動を控えていた。

2002年に「女囚カオリ・監禁懲罰房からの脱獄」の主役で芸能界復帰を果たした[1]

2007年2月、SODグループのAVメーカーよりAVデビューした[1]

出演[編集]

テレビ
「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」(1993年、日本テレビ)
映画
「女囚カオリ・監禁懲罰房からの脱獄」(2002年、ティーエムシー)

作品[編集]

アダルトDVD
  • 山崎亜美 26歳 芸能人 元アイドルユニットねずみっ子クラブ(2007年2月8日WOMAN
  • 元ねずみっ子クラブ 山崎亜美 ○○でダラダラいかせて!!(2007年3月8日ナチュラルハイ
  • Age26 山崎亜美 2 芸能人 超高級中出しソープ嬢(2007年4月5日、WOMAN)
  • 元ねずみっ子クラブ 山崎亜美 アムロコス!(2007年5月4日、ナチュラルハイ)
  • 山崎亜美 26歳 芸能人 元アイドルユニットねずみっ子クラブvol.3(2007年6月7日、WOMAN)
  • 元ねずみっ子クラブ山崎亜美の元グラビアアイドル・美人マネージャーさんをみんなでヤっちゃったビデオ(2007年6月21日、ナチュラルハイ)
  • Age26 山崎亜美 4 芸能人 痴漢の虜(2007年7月5日、WOMAN)
  • Age26 山崎亜美 5 芸能人 生中出し監禁レイプ(2007年8月4日、WOMAN)
  • 痴女の法則(2007年9月1日アイデアポケット
  • 性教育科女教師 山崎亜美(2007年10月1日、アイデアポケット)
  • 誘惑ナースの癒し看護 山崎亜美(2007年11月1日、アイデアポケット)
  • オトナ小悪魔の誘惑セックス 山崎亜美(2007年12月1日、ANIMALIJO)
  • 貞操帯の女 3(2008年1月7日アタッカーズ)共演:紅りんご
  • FELLATIO FESTIVAL 8(2008年2月1日、アイデアポケット)他出演:松嶋れいな長谷川なぁみ黒沢英里奈、亜紗美、佐藤江梨花、青木瀬奈、小笠原咲、中村さら、田中杏里
  • 本物!元アイドル凌辱 業界残酷物語7 (2008年3月7日、アタッカーズ)共演:しいのまお
  • 美人三姉妹 女組長凌辱処刑 極道の女 (2008年4月7日、アタッカーズ)共演:麗花友田真希
  • 美人エステティシャン サイレントレイプ 声を出せない私 (2008年6月7日、アタッカーズ)共演:あすかりの
  • ANIMALIJO 美熟女6人の濃厚セックス4時間 2 (2008年9月1日、ANIMALIJO)他出演:風間ゆみ未来、平瀬りょう、流川純麻生岬
CD
ねずみっ子クラブを参照。
写真集

「少女・亜美」(1993年辰巳出版)撮影:大竹省二

少女ヌード写真集で、女性器陰裂部分に墨塗りが施されない状態で発売され、話題となった。後に法律に抵触するため、再発が出来ず、中古品としての流通も差し止められている。なお、一部マニアにはプレミアム本として珍重されている。
プロデュースは、山崎亜美の母親が行ったとされている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c "元芸能人"AV嬢 今だから話せる、芸能界マル秘話【後編】”. メンズサイゾー (2008年1月). 2012年12月8日閲覧。
  2. ^ 「魅惑のセックス・パフォーマー特集」、『ビデオメイトDX』第16巻第10号、コアマガジン2005年10月、 91頁。

関連項目[編集]