山崎健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
本来の表記は「山﨑健」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
山﨑 健
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都調布市
生年月日 (1972-10-21) 1972年10月21日(44歳)
身長
体重
178 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1990年 ドラフト4位
初出場 1993年7月29日
最終出場 2005年8月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 千葉ロッテマリーンズ (2009)

山﨑 健(やまさき けん、1972年10月21日 - )は、東京都調布市出身の元プロ野球選手投手、右投右打)・コーチ

来歴・人物[編集]

関東一高では1年夏に都大会でノーヒットノーランを記録。

1990年のドラフト4位で広島東洋カープに入団。斎藤雅樹のフォームを参考にしたサイドスロー投手として、特に阪神戦では勝負強さを発揮し、「虎キラー」と呼ばれた。1996年シーズンには4完封を記録し、奇しくも引き合いに出される巨人の斎藤雅樹と並びセリーグの最多完封を記録する。しかし、1998年以降は伸び悩み、2000年は27試合に登板して6勝をあげるも、僅か6試合の登板に終わった2001年シーズン終了後に自由契約となった。

直後に千葉ロッテマリーンズに移籍し、チームの看板リリーフ陣「YFK」とは異なる軟投派ではあったが、中継ぎ投手陣のキーマンとして活躍。2005年は、6月11日の対中日戦で自身5年ぶりの勝利投手を、プロ野球史上20人目の1球勝利で飾り、これは交流戦史上初の1球勝利投手となった。しかし、2006年以降は一軍未登板に終わり、2007年オフに戦力外通告を受け、現役引退。

2008年4月に広島の在京担当スカウトに就任するも、6月に退団。2009年、ロッテの二軍投手コーチ補佐に就任し、同年オフ退団。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1993 広島 4 2 0 0 0 0 2 0 -- .000 32 6.0 14 1 1 0 0 3 0 0 8 8 12.00 2.50
1995 2 1 1 1 1 1 0 0 -- 1.000 39 11.0 6 0 0 0 0 7 0 0 0 0 0.00 0.55
1996 28 20 5 4 1 9 6 0 -- .600 538 133.1 134 15 19 1 4 68 0 0 56 50 3.38 1.15
1997 20 6 0 0 0 0 2 0 -- .000 163 38.1 47 9 7 0 0 23 0 0 23 22 5.17 1.41
1998 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 33 5.2 7 2 7 0 0 2 0 0 6 6 9.53 2.47
1999 3 3 0 0 0 0 1 0 -- .000 59 13.1 13 3 2 0 4 6 0 0 10 6 4.05 1.13
2000 27 0 0 0 0 6 2 3 -- .750 179 44.0 47 5 2 0 3 29 0 0 22 22 4.50 1.11
2001 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 29 6.0 10 1 2 1 0 5 1 0 4 4 6.00 2.00
2002 ロッテ 40 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 196 45.0 44 6 14 0 3 35 2 0 29 25 5.00 1.29
2003 9 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 28 6.1 7 1 0 0 1 6 0 0 5 4 5.68 1.11
2004 39 0 0 0 0 0 3 0 -- .000 180 41.1 44 4 11 2 1 28 0 0 17 14 3.05 1.33
2005 40 0 0 0 0 1 2 1 6 .333 161 40.1 34 5 12 2 3 30 4 0 16 15 3.35 1.14
通算:12年 222 32 6 5 2 17 18 4 6 .486 1637 390.2 407 52 77 6 19 242 7 0 196 176 4.05 1.24

記録[編集]

  • 初登板:1993年7月29日、対阪神タイガース16回戦(阪神甲子園球場)、8回裏に5番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初先発:1993年8月5日、対中日ドラゴンズ13回戦(広島市民球場)、2回1/3を3失点で敗戦投手
  • 初奪三振:同上、2回表に大豊泰昭から
  • 初勝利・初完投・初完封:1995年10月13日、対阪神タイガース26回戦(広島市民球場)
  • 初セーブ:2000年8月8日、対中日ドラゴンズ17回戦(ナゴヤドーム)、9回裏2死に2番手で救援登板・完了、1/3回無失点
  • 初ホールド:2005年4月30日、対福岡ソフトバンクホークス8回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、8回裏2死に3番手で救援登板、1/3回無失点
  • 1球勝利投手:2005年6月11日、対中日ドラゴンズ5回戦(ナゴヤドーム)、4回裏2死に荒木雅博を二塁ゴロ ※史上20人目(パ・リーグ9人目)

背番号[編集]

  • 68 (1991年 - 1996年)
  • 17 (1997年 - 1999年)
  • 46 (2000年 - 2006年)
  • 47 (2007年)
  • 84 (2009年)

脚注[編集]

関連項目[編集]