山本冬郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
やまもと とうごう
山本 冬郷
山本 冬郷
山本冬郷(1906年)
本名 山本 鎌蔵
生年月日 (1886-11-04) 1886年11月4日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市根岸(現在の同県同市中区根岸町)
職業 俳優
ジャンル 演劇劇映画時代劇現代劇サイレント映画トーキー
活動期間 1918年 - 1948年

山本 冬郷(やまもと とうごう、1886年11月4日 - 没年不詳)は、日本俳優である。本名は山本 鎌蔵[1]

来歴・人物[編集]

神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学政治経済科を中退後、1904年明治37年)に渡米し舞台や映画に出演。1920年大正9年)、映画監督のマーシャル・ニーラン(en)に見いだされ、同年制作の『氷原の彼方に』にルイズ・ストーンの敵役として出演[1]

その他セシル・B・デミルの『人間苦』[2]フランク・ロイドの映画『東洋の鬼娘』に出演する[3]

1923年(大正12年)に帰国後、1925年(大正14年)に設立した大東キネマで自ら監督・主演した『幻の帆船』を制作するが失敗に終わる[1]

1928年昭和3年)、松竹蒲田撮影所に入社して小津安二郎の『その夜の妻』、『お嬢さん』などに出演。1931年(昭和6年)、松竹を脱退した鈴木傳明岡田時彦高田稔と共に不二映画社に参加するがわずか2年で解散。その後は日活新興キネマ大映と所属を変えて映画出演を続けた。

戦後の1948年(昭和23年)、引退。最後の出演は『エノケンのホームラン王』であった[1]。以後の消息は明らかになっておらず、没年は不明である[1]。身長は2mに近かったという。

おもなフィルモグラフィ[編集]

アメリカ映画

日本映画

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『日本映画人名事典 男優篇・下巻』(キネマ旬報社、1996年)の「山本冬郷」の項(p.853)を参照。執筆者は吉田智恵男。
  2. ^ 人間苦キネマ旬報映画データベース、2012年4月29日閲覧。
  3. ^ 東洋の鬼娘、キネマ旬報映画データベース、2012年4月29日閲覧。
  4. ^ 1953年に『鞍馬天狗黄金地獄』と改題してリバイバル上映された。