山本博 (お笑い芸人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
山本 博
本名 山本 博
生年月日 (1978-09-05) 1978年9月5日(38歳)
出身地 日本の旗 日本群馬県邑楽郡
血液型 A型
身長 177cm
方言 標準語
最終学歴 足利工業大学附属高等学校
出身 NSC東京校4期
コンビ名 ロバート
グループ名 悲愴感(2008年6月 - 9月)
相方 秋山竜次馬場裕之(ロバート)
鈴木拓田中卓志(悲愴感)
芸風 コント(ツッコミ)
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1998年 -
ロバート 山本
基本情報
本名 山本 博
通称 ロバート山本
階級 フェザー級
身長 177cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1978-09-05) 1978年9月5日(38歳)
出身地 群馬県邑楽郡
スタイル ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 1
勝ち 1
KO勝ち 1
敗け 0
テンプレートを表示

山本 博(やまもと ひろし、1978年9月5日 - )は、日本お笑い芸人プロボクサーであり、お笑いトリオロバートツッコミ担当。身長177cm、体重57kgよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。群馬県邑楽郡邑楽町出身[1]

来歴[編集]

小学校時代は陸上クラブ(走り高跳びの選手)、中学時代はテニス部、高校時代はゴルフ部。小学校のときに野球もやっていた(ポジションはリリーフピッチャー)。足利工業大学附属高等学校卒業(電気科に所属)。

1998年、学生時代の同級生であった山崎(ボートレーサーのスター選手である山崎智也の実弟)と共にNSC東京校4期生として入学し、コンビ「山本山崎」を結成。しかし、山本を誘った山崎は2ヶ月で中退。以後「芸のないピン芸人」として、様々な同期生と組んでは、解散を繰り返した。当時後の相方となる秋山と馬場は選抜コースに、山本は基礎コースにいた。同年12月、卒業公演のオーディションで秋山と馬場がツッコミを探すために焦っていたため余っていた者の中から選ばれメンバーとなった。

2012年10月12日、ロバートとして秋山竜次馬場裕之と共に福岡県北九州市観光大使に就任[2]

2013年8月21日、自身の地元であることから山本博として群馬県邑楽町観光大使に就任[3][4][5]

プロボクサーとして[編集]

クイズプレゼンバラエティー Qさま!!の企画でプロボクサーのライセンスを取得している。2014年11月26日、後楽園ホールにてイマオカボクシングジム所属、リングネーム「ロバート山本」としてプロボクシングデビュー[6]、高橋陸相手に4回TKO勝利[7]。ライセンス失効まで1年を切った36歳での挑戦だった。

2015年、ボクシングのトレーナーライセンスを取得[8]

戦績[編集]

  • プロボクシング:1戦 1勝 (1KO) 無敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2014年11月26日 4R 1:11 TKO 高橋陸(フラッシュ赤羽) 日本の旗 日本 プロデビュー戦

出演作品[編集]

テレビバラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プロフィールに「館林市出身」と書かれることもある。
  2. ^ ロバートが北九州市観光大使に就任、郷土愛溢れる”. ナタリー(お笑いナタリー) (2012年10月13日). 2016年6月23日閲覧。
  3. ^ シンボルマザー推薦、ロバート山本が地元邑楽町の観光大使”. ナタリー(お笑いナタリー) (2013年8月22日). 2016年6月23日閲覧。
  4. ^ 母の推薦で、ロバート・山本が地元・群馬県邑楽町のシンボルマンに!!”. exciteニュース(よしもとニュースセンター) (2013年8月22日). 2016年6月23日閲覧。
  5. ^ 地元・群馬県邑楽町の観光大使に就任したロバート・山本博(右)=群馬県邑楽町・観光大使就任式”. ORICON STYLE (2013年8月21日). 2016年6月23日閲覧。
  6. ^ 江藤光が初防衛戦 ロバート山本は初陣”. デイリースポーツ online (2014年10月6日). 2016年2月12日閲覧。
  7. ^ お笑い芸人ロバート山本、デビュー戦TKO勝ち”. Boxing News(ボクシング・ニュース) (2014年11月26日). 2016年2月12日閲覧。
  8. ^ ロバート山本 BOXトレーナー資格取得「食いっぱぐれの心配減った」”. スポニチ (2015年10月13日). 2015年10月13日閲覧。

関連項目[編集]