山本耕一 (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

山本 耕一(やまもと こういち、1935年3月2日 - )は日本俳優である。

来歴・人物[編集]

東京都目黒区出身。早稲田大学文学部卒業後[2]劇団俳優座に第8期生として入団する。同期に山崎努加地健太郎嵐圭史水野久美など。俳優座卒業後は劇団新人会に所属し[1]1960年に舞台『ドン・カルロス』でデビュー。その後も舞台を中心に、映画やテレビドラマなどで活躍。

ワイドショー番組アフタヌーンショー』(テレビ朝日)ではリポーターを務め、「そうなんですよ、川崎さん」の名文句が有名となった[3]

夫人は女優タレント小林千登勢。長年「おしどり夫婦」としても有名だったが[1]2003年に小林が多発性骨髄腫により66歳で先立たれる不幸に見舞われた。

長女は女優の山本麻利央(1972年‐)である。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 舞妓と暗殺者(1963年、大映)※映画初出演作[1]
  • 銭のとれる男(1966年、大映)
  • 限りある日を愛に生きて(1967年、大映)
  • 毒薬の匂う女(1967年、大映)
  • やくざ番外地 抹殺(1969年、日活
  • 軍旗はためく下に(1972年、東宝
  • ねらわれた学園(1981年、東宝)
  • 不倫(1986年、にっかつ

舞台[編集]

  • ドン・カルロス(1960年)
  • オッペケペ(1963年、演出福田善之) 初主演作[1]
  • 光はまだ遠い
  • 夢です
  • こんばんわ
  • その妹

吹き替え[編集]

情報番組[編集]

  • 山本耕一のサタデー・アイ(KSB

テレビショッピング[編集]

  • 山本耕一のマル得健康道場(民放(地上波)・CS放送)

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 「ミリタリー対談 山本耕一☓手塚昌明」『別冊映画秘宝 円谷プロSFドラマ大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、56 - 57頁。ISBN 978-4-8003-0209-0。
  2. ^ 『円谷プロSFドラマ大図鑑』の対談では大学2年生の時に俳優座を受けたと述べている[1]
  3. ^ 後にザ・ぼんちがものまねをし持ちネタとなる。最初にものまねをしたのはタモリであったとされる[1]

関連項目[編集]