山本英俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
2010年若葉S表彰式(中央が山本英俊)

山本 英俊(やまもと ひでとし、1955年 - )はパチンコ機器卸会社のフィールズ株式会社の代表取締役会長であり、競走馬馬主としても知られている。愛知県名古屋市出身。名城大学理工学部中退。長女は、タレントの山本優希

フィールズグループの円谷プロダクションヒーローズデジタル・フロンティアの各取締役・会長に加え、糸井重里の事務所である「東京糸井重里事務所」の取締役も務める。

馬主事業[編集]

2004年末に日本中央競馬会(JRA)の馬主登録を認可され、翌2005年3月6日には所有馬ミスターケビンが中山競馬場第6競走の3歳新馬戦において優勝。これが馬主としてのJRA初勝利となった。

現在、JRAにおける勝負服の登録服色は「水色、袖白一本輪」(2007年の春までは「青、水色十字襷、袖水色一本輪」を使用しており、現在は長男の山本剛史が引き継いでいる)。

また世界の良血を集める傾向が強い。

妻は一口馬主の東京サラブレッドクラブのクラブ法人「東京ホースレーシング」の代表を務める。山本自身もオーナーサイドとしてたびたび発言している[1][2]

調教師との関係[編集]

多くの馬を藤沢和雄厩舎に預けているが、これは競走馬育成シミュレーションゲームダービースタリオンで藤沢がモデルである「藤枝厩舎」に預けると、怪我が少なくG1をたくさん勝ってくれるということが影響しているという。また、栗東トレーニングセンター所属の角居勝彦には、藤沢に「関西に預けるなら角居君に預けなさい」と言われて預けている。角居は、山本の頼みでアメリカのセリに出向き、馬を落札している。フライングアップル、サムライタイガース、ミスティックベル、ライオングラスがその一部である。

騎手との関係[編集]

日本中央競馬会短期免許を取得して来日した騎手の身元引き受けも行っており、2005年にケント・デザーモ(3ヶ月)、2008年にダグラス・ホワイトといった騎手の身元引き受け馬主となっている。

主な所有馬[編集]

重賞競走優勝馬[編集]

その他所有馬[編集]

  • ヴィヴァチッシモ - 栄冠賞優勝後に所有。
  • タイガーマスク - 得た賞金の中から馬主調教師騎手の進上金合わせて95%を恵まれない子供たちへ寄付するとのことで話題に。中央競馬でデビューするも、勝ち星に恵まれず岩手競馬へ転出。岩手で2戦2勝の成績を残し、中央競馬に復帰。その後は2勝を加え、通算13勝4勝の成績で2011年1月に現役を引退。最終的には収得賞金のうち約1800万円を寄付した。引退後は中山競馬場で誘導馬[3]
  • ジャービス - 清原和博との共同所有馬で、タイガーマスク同様獲得した賞金は少年野球に寄付されるという[4]。馬名の由来は小説『あしながおじさん』の登場人物。

脚注[編集]

関連項目[編集]