山本麟一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
やまもと りんいち
山本 麟一
本名 山本 麟一
生年月日 (1927-01-16) 1927年1月16日
没年月日 (1980-10-16) 1980年10月16日(満53歳没)
出生地 北海道旭川市
死没地 東京都新宿区
国籍 日本の旗 日本
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1953年 - 1980年
活動内容 1953年東映ニューフェイス
1954年:主演デビュー
配偶者 山本為世子

山本 麟一(やまもと りんいち、1927年1月16日 - 1980年10月16日)は、日本俳優北海道旭川市出身。愛称は山麟(ヤマリン)。

来歴・人物[編集]

明治大学時代はラグビー部に所属し、1946年12月8日神宮競技場で行われた明早戦ロック(4番)のポジションで出場。卒業後の1953年、第1期東映ニューフェイスとして東映へ入社。翌年『学生五人男』に主演デビュー。以後『警視庁物語シリーズ』(全24作)の刑事役、『網走番外地シリーズ』の囚人役・看守役など、主にアクション映画脇役悪役として活躍。

特に1960年代後半以降のヤクザ映画では悪役としての持ち味を発揮し、『日本侠客伝シリーズ』、『昭和残侠伝シリーズ』における強面のヤクザ役を演じた。大学の後輩である高倉健からの信頼も厚く、共演作品は数多い。『昭和残侠伝 死んで貰います』では、運命に転がされるヤクザの観音熊を演じた。

1970年にフリーとなり、テレビドラマでも刑事ドラマ時代劇に多数出演。テレビ朝日浮浪雲』、日本テレビ大追跡』などでは、コミカルな演技も見せ、後期はスキンヘッド姿が多かった。晩年はバラエティ番組にも多く出演した。多くの映画・ドラマロケ地にもなった北海道にも拠点を構えていた。同地に在住した倉本聰とも交流があった。

1980年、肝腎症候群悪液質のため53歳の若さで死去した。普段からウェイト・トレーニングを欠かさなかったなど、人一倍体力に自信があったこともあり(本人が診察を受けるのを嫌がり)病気の発見が遅れ、入院から急速に悪化した。

八名信夫ら後輩の悪役俳優たちからも信頼されており、八名は山本の没後に、その墓前で涙ながらに悪役商会結成の報告を行ったという。

1984年に妻の山本為世子(1948年生まれで、一回り年の差があった)による回想記『愛すべきガキ大将』(弥生書房)が出版された。

備考[編集]

  • やまさき十三弘兼憲史著『夢工場』の第16話「ボトル一本[1]では、巨漢で酒豪の俳優として山本麟一が登場し、劇中では主人公の助監督・畑俊平と新宿ゴールデン街で楽しく飲み明かすも後日亡くなり、三ヶ月後に同じ店に俊平が現れ、生前に山本が入れた「俊平ちゃん」と書かれたボトルを飲みながら偲ぶ挿話が描かれており、最後に「山本麟一、享年五十三歳 …でっかくて不器用でしかし、カツドウ屋の心をいっぱい持った俳優の名を僕は忘れない―」という言葉で締められている。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 七色仮面(1959年)
  • 三匹の侍
    • 第4シリーズ 第16話「秘宝」(1967年)
    • 第5シリーズ 第24話「殺生封印切り」(1968年) - 悪僧
    • 第6シリーズ 第14話「俺は抜かない」(1969年) - 鳳三十郎
  • 刑事さん(でかさん)(1967年 - 1968年) - 金子刑事
  • 銭形平次
    • 第71話「稲妻組御用 」(1967年) - 勘次
    • 第659話「さらわれた同心」(1979年) - 火の玉仁佐ヱ門
  • ローンウルフ 一匹狼 第23話「パリ行461便」(1968年)
  • 第27話「群狼の町」(1968年)
  • 日本剣客伝 第4話「塚原卜伝」(1968年)
  • キイハンター
    • 第25話「現金を怖がる泥棒」(1968年)
    • 第50話「空中サーカス強盗団」(1969年)
  • 天と地と(1969年) - 股野
  • 孤独のメス 第2話「兄弟仁義」(1969年) - 須田
  • 素浪人 花山大吉 第29話「腹の虫が怒っていた」(1969年) - 隆元
  • 無用ノ介 第17話「おいらの好きな無用ノ介」 (1969年) - 黒阿弥
  • フラワーアクション009ノ1 第2話「銃口はミニを狙う」(1969年) - キム将軍
  • 柳生十兵衛 第24話「サムライ」(1971年)
  • 徳川おんな絵巻 第19話「可愛い悪魔」・第20話「呪われた恋」(1971年)
  • 特別機動捜査隊 第496話「闇の中」(1971年) - 原田
  • ターゲットメン 第5話「こぶら男の大逆襲」(1971年)
  • 清水次郎長(1971年)
  • 新・平家物語(1972年) - 実相坊
  • 木枯し紋次郎
    • 第1シーズン 第6話「大江戸の夜を走れ」(1972年) - 白狐の源六
    • 第2シーズン 第1話「馬子唄に命を託した」(1972年) - 和久井の新六
  • 長谷川伸シリーズ 第7話「一本刀土俵入(後編)」(1972年) - 儀十
  • 隼人が来る 第4話「上州の暴れん坊」(1972年)
  • 太陽にほえろ!
    • 第26話「みんな死んでしまった」(1973年) - 山口
    • 第162話「したたかな目撃者」(1975年) - 上条
  • 恐怖劇場アンバランス 第7話「夜が明けたら」(1973年) - 納谷刑事
  • ワイルド7 第25話「スパイダーの最後」(1973年) - ゴールデン・サタン
  • どっこい大作 第10話「怒りに赤い花が咲く」・第11話「呪いの味をうち砕け!」(1973年) - 高井銀次郎
  • 子連れ狼
    • 第1部 第3話「鳥に翼 獣に牙」(1973年) - 世羅入道
    • 第3部 第3話「来ない明日へ」(1976年) - 地獄道の竜左
  • 江戸を斬る 梓右近隠密帳 第6話「曲垣流霞隠れ」(1973年) - 大坪玄蕃
  • 必殺シリーズ
  • 唖侍 鬼一法眼 第7話「くちなしの別れ路」(1973年) - 河村道寛
  • ぶらり信兵衛 道場破り 第17話(1974年) - 道場主
  • 花の生涯(1974年)
  • 闘え! ドラゴン(1974年) - 暗闇の虎
  • 非情のライセンス 第1シリーズ 第50話「兇悪の陽だまり」(1974年) - 森戸重蔵
  • 白い牙 第1話「悪徳刑事・有光洋介」(1974年) - 権堂
  • 右門捕物帖 第6話「裏切り」(1974年) - つむじ風
  • おしどり右京捕物車 第6話「奪」(1974年) - 政五郎
  • 水戸黄門
    • 第5部 第11話「弥七の幽霊 -福知山-」(1974年) - 黒崎の権太
    • 第6部 第9話「偽黄門さまの助太刀 -福岡-」(1975年) - 河上玄五郎
    • 第11部 第21話「初春・黄門様の用心棒 -秩父-」(1981年) - 角屋吉兵衛
  • 大岡越前
    • 第4部 第10話「大江戸無法地帯」(1974年12月9日)- 大八
    • 第5部 第25話「誘拐された雪絵」(1978年7月24日) - 霞の為蔵
  • 座頭市物語 第7話「市に鳥がとまった」(1974年) - 角政
  • 鞍馬天狗 第16回「影の如く」(1974年)
  • 剣と風と子守唄 第1話「ひとり戦争」(1975年) - 青木孫太夫
  • 長崎犯科帳 第5話「殺しの番号二・三・一」(1975年) - 和泉屋彦兵衛
  • 破れ傘刀舟 悪人狩り 第50話「恐怖の脱獄者」(1975年) - 霞の黒兵衛
  • 大江戸捜査網
    • 第191話「殺人依頼の謎」(1975年)
    • 第237話「闇夜に咲いた夫婦花」(1976年) - 幻の清兵衛
    • 第309話「暗躍! 幻の盗賊集団」(1977年) - 検校・明石宗達
    • 第364話「闇を裂く女賊の哀愁」(1978年) - 仁兵衛
  • 新宿警察 第16話「理由なき殺人」(1975年) - 木原隆之助
  • 十手無用 九丁堀事件帖 第26話「九丁堀ニセ者大作戦」(1976年) - 稲妻小僧
  • 超神ビビューン 第33話「妖怪が自動車に? とばせビビューンカー!!」(1976年) - タクシー運転手(クルマコロガシ人間態)
  • 夫婦旅日記 さらば浪人 第1話「雨あがる」(1976年) - 陣内
  • 隠し目付参上 第21話「大検問! 現金輸送車は通れたか」(1976年) - 丈海
  • 桃太郎侍
    • 第2話「夢を集めて食う男」(1976年) - 居合抜きの浪人
    • 第48話「黒い鼠に数え唄」(1977年) - 土井平四郎
    • 第78話「すずめの目明し志願」(1978年) - 雲切丸
    • 第115話「つっぱりすぎた欲の皮」(1978年) - 美濃屋
    • 第157話「分家よろず養生指南」(1979年)
  • 江戸特捜指令
    • 第8話「轟く死の音! 恐怖のエレベーター」(1976年)
    • 第26話「大どんでん!隠し目付最後の戦い」(1977年)
  • コードナンバー108 7人のリブ 第10話「黄金は欲望の輝き」(1976年)
  • 新・座頭市
    • 第1シリーズ 第17話「母子道に灯がともる」(1977年) - 長五郎
    • 第2シリーズ 第6話「五本の長脇差」(1978年) - 鱗田の仁吉
  • 岸辺のアルバム 第11話(1977年)
  • 大鉄人17 第16話「どこへ!? 消えた人 消えた町」~第33話「ニヤリ! タイガー地獄の微笑」(1977年) - 怪僧ブラック・タイガー
  • 新・木枯し紋次郎 第1話「霧雨に二度哭いた」(1977年) - 多兵衛
  • 破れ奉行
    • 第1話「疾風!斬り捨て御免」(1977年) - 徳念
    • 第39話「さらば!深川奉行」(1977年) - 角右衛門
  • 土曜ワイド劇場
    • 幽霊列車(1978年)
    • 猫が運んだ新聞(1979年)
    • 時効 一億円強奪! オニオコゼの追跡(1979年)
  • 浮浪雲(1978年)
  • 大追跡
    • 第17話「殺し屋」(1978年)
    • 第25話「横浜コネクション」(1978年)
  • Gメン'75 第185話「津軽海峡を渡る片足の男」・第186話「青函連絡船の殺し屋」(1978年) - 内海貞人
  • 大空港 第16話「特捜部対ヤクザ 女医三森亜矢子が敵の手に!」(1978年) - 源田組長
  • 破れ新九郎 第4話「ここは地獄の一丁目」(1978年) - 金蔵
  • 若さま侍捕物帳 第17話「参上! 子ども鼠」(1978年)
  • 熱中時代 刑事編 第4話「泥棒夫婦まとめて御用」(1979年) - 中山
  • ナショナルゴールデン劇場 / 天山先生 本日も多忙(1979年)
  • 銀河テレビ小説 / 春の珍客(1979年)
  • ザ・スーパーガール 第33話「人妻蒸発 裏切りの肌は燃えて」(1979年)
  • 探偵物語 第15話「脅迫者」(1979年) - 森岡社長
  • 新五捕物帳 第63話「遠い春の親子花」(1979年、NTV / ユニオン映画)- 木戸番・藤助 / 野狐半蔵
  • 騎馬奉行 第17話「大泥棒 赤猫の伊平」(1980年) - 赤猫の伊兵 / 大庄屋作左衛門(二役)
  • 江戸の牙 第26話(最終回)「死斗 男たちの挽歌」(1980年) - 檜垣
  • 江戸を斬るV 第7話「御用金奪還! 暁の追跡」(1980年) - 天魔の仁蔵
  • 吉宗評判記 暴れん坊将軍
    • 第14話「黄金のからす札」(1978年) - 鬼参坊
    • 第41話「切腹!酒呑み代官」(1978年) - 荒川大四郎
    • 第125話「男の門出の燈篭流し」(1980年) - 野尻弾正
  • 木曜ゴールデンドラマ / 誘拐(1980年)
  • 天を走れ!愛馬マックス (ファミリードラマスペシャル:テレビ朝日系、1980年9月29日) -遺作

脚注[編集]

  1. ^ 『別冊漫画アクション』1981年6月26日号