山浦ひさし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

山浦 ひさし(やまうら ひさし、本名:山浦堅、1974年7月9日 - )は名古屋中心に活動するタレントピン芸人 である。愛知県東海市出身(出生は愛知県知立市、小学3年で東海市に転居)。愛知県立横須賀高等学校卒業、名古屋大学経済学部中退。

これまでの歩み[編集]

名古屋吉本での下積み時代[編集]

1996年、名古屋大学を休学(後に中退)しNSC(吉本総合芸能学院)入校、また吉本タレントオーディションにも合格し、名古屋吉本4期研修生となる。同期には笑い飯ライセンス、名古屋吉本の先輩にはタックインや上京後にスピードワゴンを結成する井戸田潤小沢一敬らがいた。以来吉本興業東海支社所属のタレントとして「Get-II」などのコンビを経て、星野竜也(スピードワゴンの小沢によると、2010年現在は沖縄に在住しているという)と「SABOTEN」というコンビを組んでいたが、2003年に解散。その後、ピン芸人として舞台に立っていた。

東海ラジオへの抜擢[編集]

山浦にとって大きな転機になったのは東海ラジオへの出演である。山浦はピン芸人の傍らテレビリポーターとしての仕事もこなしていたが、ぴーかんテレビ 元気がいいね!東海テレビ)のレポーター仲間であった坂口美奈子がMCを務めた松原・坂口の土曜はど〜よ!?東海ラジオ、以下「どーよ」)の中継レポーターに山浦を推薦したことから東海ラジオでの活動が始まる。「土曜はど〜よ」での活躍が認められ2004年10月にスタートした2COOL!、2005年4月にスタートしたヒッツ・サンデーのパーソナリティーに抜擢。また、2004年11月の東海ラジオ45周年特別番組ではメイン企画の45Kmウォーキングに山崎聡子(元東海ラジオアナウンサー)と出演した。そして2007年4月には「土曜はど〜よ」の後継番組として、初の冠番組「山浦ひさし 全力疾走」がスタートした。しかし、レポーター・パーソナリティーを活動の中心とするにつれ、芸人として舞台に立つこととの両立が難しくなり、2005年春に吉本興業から独立、フリーランスのタレントとなった(後に在名の芸能事務所とタレント契約を結ぶ)。しかし公開放送等でネタを披露することもあり、「芸人としての活動も徐々に再開させていきたい」と語っている。

結婚[編集]

2004年7月に名大在学中からの同級生と12年越しの交際の末結婚。この女性は下積み時代薄給の山浦をひたすら支えており、「土曜はど〜よ」へのレギュラー出演が男としてのケジメをつける契機となったと言える。しかし名古屋吉本は、アイドル的である山浦が結婚したことを公表することによる女性ファン離れを懸念し、結婚の公表を伏せるように山浦に求めた。また、結婚式当日「土曜はど〜よ」を休むことになっていたが、ちょうどその日が野球中継で放送がなくなったことで結婚の事実はリスナーに知られることはなかった。しかし自ら公表するタイミングを失うことともなり、公表は名古屋吉本退社後の2005年4月の「土曜はど〜よ」の放送中に坂口が山浦に代わって結婚していたことをカミングアウトする形となった。なお、2008年9月この夫人との間に男児をもうけている

性格・キャラクターなど[編集]

  • 普段は無口だが、放送になると毒舌も交えてリポートをする。その一方、いじる対象が見つかると徹底的にいじる。
  • 根っからの野球少年でありドラゴンズファンだが、本人がナゴヤドームで観戦するとドラゴンズが負けることが多く、2004年日本シリーズ第7戦でドラゴンズがライオンズに負けて日本一を逃したときも観戦していたことから、「山浦が行くとドラゴンズが負ける」というジンクスが付いて回っていたことがある。
  • 長渕剛のファン。『北の国から』が好きで、怪談が得意[1]
  • 家族構成は、コックをしていた父、母、兄の4人家族。実父は東浦町で「食楽WA」の屋号のレストランを経営していたがその後閉店、実父は鬼籍に入っている[2]

出演[編集]

東海ラジオに出演するようになってからは、名古屋のテレビ等でも活躍するようになり、仕事が格段に増えた。

現在[編集]

テレビ・ラジオ・インターネット放送など
CM(東海ラジオのみオンエア)
  • ソニー損保(どーよ時代のパーソナリティ、松原敬生とともに出演)

過去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山浦ひさしプロフィール(Ameba)
  2. ^ New 「TORIWA」&New 「親父のレストラン」!!”. 山浦ひさしのブログ (20154-03-03). 2015年5月26日閲覧。