山路ふみ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
やまじ ふみこ
山路 ふみ子
山路 ふみ子
1934年
本名 大久保 ふみ子
生年月日 (1912-03-13) 1912年3月13日
没年月日 (2004-12-06) 2004年12月6日(満92歳没)
出生地 日本の旗兵庫県神戸市長田区
死没地 日本の旗東京都中央区
職業 女優実業家慈善家・社会事業家
ジャンル 映画歌手
活動期間 1930年 - 1949年
活動内容 1930年に映画『時代の反抗児』でデビュー
配偶者  板谷健吾(1963年 - 1965年
著名な家族

(養父)大久保博司

(母)大久保マスエ(のちに惠代)
主な作品
映画
国境の町』(1935年、監督:松崎博臣)
『三聯花』(1935年、監督:田中重雄)
己が罪』(1936年、監督:西鉄平)
『愛怨峡』(1937年、監督:溝口健二

山路 ふみ子(やまじ ふみこ、1912年明治45年〉3月13日 - 2004年平成16年〉12月6日)は、女優実業家・社会事業家。兵庫県神戸市長田区出身。本名・大久保 ふみ子(おおくぼ ふみこ)。

来歴・人物[編集]

1930年、森高等女学校(現・神戸学院大学附属高等学校)在学中に神戸新聞社主催のミス神戸に選出され、同年、大阪松竹楽劇部を経て、帝国キネマ演芸株式会社に新人幹部候補生として入社し、『時代の反抗児』で映画デビューを飾る。

山路ふみ子という芸名の由来は、菊池寛の小説『結婚二重奏』のヒロインの名を菊池本人から頂戴したものである。

帝国キネマから日活へ移籍後、新興キネマに復帰し、主演女優として多くの作品に出演し、 数本の映画主題歌もレコーディングした。日産自動車ウテナ化粧品等の広告モデルも務めた。

戦後、『暁の大地に咲く』(1949年)への映画出演を最後に映画界を引退し、母と共に東京都港区芝公園料亭「山路」を経営する実業家に転身した。1964年に母のの病気を機に料亭を廃業した後に、当時の日本の医療器具では母の目の病気を完治させることが不可能であったことなどから、その土地と建物を売却して得た私財の内、半分以上にあたる一億円を基金として擲ち、「日本の科学の発展の為に寄与する。」という目的で「山路ふみ子自然科学振興財団」を設立して助成活動を開始し、今度は社会事業家として名前が世に知られるようになる。

1963年に東京都善行銅賞受賞、同年、「中央公論・婦人公論」最高殊勲夫人に推された。1972年藍綬褒章を受章。

また、1976年5月に映画人を育成して、功績のあった人を賞賛すること、ならびに教育・文化・福祉事業への支援活動を行うために、私財を擲って「山路ふみ子文化財団」を設立。

エピソード[編集]

  • 1930年代に個人で自家用車を保有し、運転免許を取得して自ら車を運転をしていた、数少ない日本人女性ドライバーの一人である。

主な出演作品[編集]

  • 『時代の反抗児』(1930年、帝国キネマ)
  • 『神戸行進曲』(1930年、帝国キネマ)
  • 『恋は田舎でするものよ』(1930年、帝国キネマ)
  • 『花嫁寝台列車』(1934年、日活)
  • 国境の町』(原作/岡田八千代、1935年、新興)
  • 龍涎香』(原作/久米正雄、1935年、新興)
  • 『三聯花』(原作/吉屋信子、1935年、新興)
  • 『三つの愛』(原作/川村花菱、1936年、新興)
  • 己が罪』(原作/菊池幽芳、1936年、新興)
  • 『花嫁設計図』(原作/中野実、1936年、新興)
  • 『浮かれ桜』(1936年、新興)
  • 街の姫君』(原作/菊池寛、1936年、新興)
  • 『愛怨峡』(原作/川口松太郎、1937年、新興)
  • 『淨婚記 真砂の巻』(原作/細田民樹、1937年、新興)
  • 『淨婚記 比芙美の巻』(原作/細田民樹、1937年、新興)
  • 『露営の歌』(1938年、新興)
  • 『母の魂』(1938年、新興)
  • 『男の魂』(1938年、新興)
  • 『あゝ故郷』(1938年、新興)  
  • 『妻の魂』(1938年、新興)
  • 『新しき門』(原作/中野実、1938年、新興)
  • 『日本の魂』(1938年、新興)
  • 『評判五人娘』(1939年、新興)
  • 『紅痕』(原作/竹田敏彦、1939年、新興)
  • 『結婚問答』(原作/木々高太郎、1939年、新興)
  • 『愛情一筋道』(1939年、新興)
  • 『母』(原作/鶴見祐輔、1939年、新興)
  • 『若妻の夢』(1939年、新興)
  • 『愛の記念日』(1939年、新興)
  • 『太平洋行進曲』(1940年、新興)
  • 『玄界灘』(原作/山田克郎、1940年、新興)
  • 『狂亂の娘藝人』(原作/長田幹彦、1940年、新興)
  • 『闘ふ母』(原作/広津和郎、1940年、新興)
  • 『暖きふる里』(原作/藤戸三四「JOBKラジオドラマ当選脚本『斧音』」、1941年、新興)
  • ある映画監督の生涯 溝口健二の記録』(1975年、近代映画協会)※取材協力

著書・参考文献[編集]

  • 山路ふみ子『命あるかぎり贈りたい 山路ふみ子自伝』草思社、1994年5月、ISBN 4794205538
  • 立花忠男『日本映画スチール集 新興キネマ モダニズム篇』ワイズ出版、2002年1月、ISBN 4898301274
  • 佐藤忠男、丸尾定、登川直樹『新興キネマ 戦前娯楽映画の王国』山路ふみ子文化財団、1993年3月、ISBN 4845993104

関連項目[編集]