岡崎淳二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
岡崎 淳二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県
生年月日 (1972-06-20) 1972年6月20日(44歳)
身長
体重
175 cm
62 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岡崎 淳二(おかざき じゅんじ、1972年6月20日 - )は、社会人野球選手(投手、左投げ右打ち)である。鷺宮製作所所属。

人物・来歴[編集]

  • 愛媛県出身。川越商(現・川越市立川越高)に入学、2年生の夏に甲子園に出場。夏の甲子園埼玉予選で2年連続完全試合(第71回対川本高校戦、第72回対行田高校戦)達成の記録を持つ。その後東洋大に進学。東洋大の1年先輩には関口伊織日本通運横浜ベイスターズ大阪近鉄バファローズ)、恩田寿之(新日鐵君津・かずさマジック)がおり、同級生には銭場一浩東芝)がいる。大学選手権の出場経験を持つ。4年時にはリーグ戦で5勝を挙げるが、プロからの誘いはなく、鷺宮製作所に入社。
  • 左のスリークォーターから繰り出すボールはスピードこそないものの、切れ味の鋭い変化球でたちまち頭角を現し、入社1年目の1995年、チームを20年ぶりとなる都市対抗野球大会出場に導く原動力となった。
  • 小柄ながらスタミナもあり、先発完投できるタイプであったが、年齢を重ねるごとに先発して6,7回で降板し、次の登板に備えることが多くなった。
  • クイックモーションの達人であり、投球と牽制球の見極めが非常に難しい。
  • 2005年第76回都市対抗野球大会ではNTT東日本の補強選手としてNTT東日本の4強入りの原動力となったばかりでなく、第32回社会人野球日本選手権大会では自チームの同大会での初勝利に貢献、最終的には秋にも4強入りを経験することとなった。
  • 2005年では都市対抗でNTT東日本の選手として、日本選手権では自チームの選手としていずれも日本生命戦で勝ち投手となっており、日本生命は岡崎を苦手としているのではないかと噂されたが、2006年の第33回日本選手権の1回戦では岡崎が立ち上がりからコントロールに苦しみ、日本生命打線の餌食となってしまった。
  • 現在チーム最年長選手であるが、若手投手の伸び悩みもあり、チームにとって欠かせないエースサウスポーである。

主な表彰、タイトル[編集]

関連項目[編集]