岡本信人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
おかもと のぶと
岡本 信人
本名 岡本 信人(同じ)
生年月日 (1948-01-02) 1948年1月2日(69歳)
出生地 日本の旗 日本山口県岩国市
血液型 B
職業 俳優エッセイスト
ジャンル テレビドラマ、舞台、映画
活動期間 1960年代 -
活動内容 1961年劇団ひまわり入団
1962年NHKドラマでデビュー
1966年:ひまわり退団
1968年:『肝っ玉かあさん
1970年:『ありがとう
1977年:『新五捕物帳
1993年:『渡る世間は鬼ばかり
配偶者 既婚(1977年 - )
主な作品
テレビドラマ
肝っ玉かあさん
ありがとう』シリーズ
新五捕物帳
渡る世間は鬼ばかり』シリーズ

バラエティー番組
ナニコレ珍百景』(準レギュラー)

岡本 信人(おかもと のぶと、1948年1月2日 - )は、日本俳優。身長163cm、体重64kg。血液型はB型。山口県岩国市出身。駒場学園高等学校1966年)、東海大学第二工学部建築学科卒業(1970年)。

来歴・人物[編集]

父は建築業だった。二男二女の二男。山口県岩国市で生まれ、小学校時代までは萩市で過ごした。神奈川県東京都への引っ越し経験もある。

中学2年の時に劇団ひまわりに入団。1962年のNHKドラマ『福澤諭吉』で子役デビュー。そして高校卒業と同時に劇団を退団。

肝っ玉かあさん』出演を機にTBSホームドラマの名脇役として『渡る世間は鬼ばかり』を筆頭に、石井ふく子プロデュース作品の常連となる。

上記以外にも石井とコンビを組むことが多い橋田壽賀子脚本作品にも出演しているため、橋田ファミリーの一員にも数えられる。

役者の活動以外には「野草を調理して食べる」という一風変わった趣味がみうらじゅんによって『ザ・会議室』で取り上げられ、その後10年ほど遅れて『ナニコレ珍百景』や『熱中時間』、「Begin Japanology」などにも取り上げられ、一躍有名になった。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK
日本テレビ
TBS
フジテレビ
テレビ朝日
テレビ東京
BSジャパン
WOWOW

映画[編集]

舞台[編集]

人形劇[編集]

バラエティ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

BSプレミアム

著作[編集]

  • 「道草を喰う‐素朴で美味しい野草の話」(法研、1998年)
  • 「岡本信人の野草の楽しみ方」(ブティック社、2000年)