岡田裕介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
おかだ ゆうすけ
岡田 裕介
本名 岡田 剛(つよし)
生年月日 (1949-05-27) 1949年5月27日(67歳)
出生地 日本の旗 京都府京都市
民族 日本人
ジャンル 俳優
活動期間 1969年 - 1974年
備考
現在東映代表取締役グループ会長、ティ・ジョイ代表取締役社長、テレビ朝日社外取締役映画プロデューサー

岡田 裕介(おかだ ゆうすけ、1949年5月27日 - )は、日本実業家映画プロデューサー東映代表取締役グループ会長、ティ・ジョイ代表取締役社長、テレビ朝日社外取締役。

1970年代には俳優として活躍したことでも知られる。本名は、岡田 剛(つよし)。

人物[編集]

俳優としては主に東宝の青春映画で注目を浴びたが、東宝が自社製作を大幅縮小したこともあり、プロデューサーに転向した。

父の岡田茂(元、東映社長・会長を経て最晩年は名誉会長)は、サラリーマン社長であったが、実子の裕介を社長にした。妹は高木美也子コメンテーター日本大学総合科学研究所教授)。

俳優としてデビューしたきっかけは、慶応大学二年の夏休みに京都へ来て、たまたまクラブで飲んでいたとき、プロデューサーの逸見稔が横顔のよく似た石坂浩二と間違えてスカウトしたもの。父親の岡田茂とはそれ以前から仕事の付き合いがあり、父親の了解を得てデビューした[1]

来歴[編集]

1949年5月27日
京都市に生まれる。
1968年
東京都立日比谷高等学校卒業。
1969年
スカウトされ、テレビドラマ『レモンスカッシュ4対4』(NET)でデビュー。
1970年
赤頭巾ちゃん気をつけて』(監督森谷司郎東宝)で、実際の母校である日比谷高生役を演じる。
  • 岡田は都立日比谷高校を卒業しており、役は一つ下の学年に当たる[2]
以後も、エリート高級官僚の息子役を演じた『初めての旅』(東京映画)まで、森谷司郎監督作品に主に出演。
1973年
慶應義塾大学商学部卒業。
1974年
岡本喜八作品『吶喊』で、岡本の抜擢を受け主演兼プロデューサーを務める。喜八プロとATGの超低予算による戦争時代劇という困難な仕事をやりおおせた。この作品を機に徐々に俳優の仕事を減らし、以降は、主にプロデューサー業に転じた。
1988年11月
東映に入社。
1990年
東京撮影所長(のちに取締役、常務取締役)。
2001年
シネコンを運営するティ・ジョイ社長に就任。
2002年6月
東映社長に就任。
2007年
内閣官房「美しい国づくり」企画会議委員を務めた[3](同年9月21日解散)。

ほかに、テレビ朝日北海道テレビ放送東映アニメーション東映ラボ・テックなどの取締役、シーズ・シネマズの代表取締役会長を務める。また、秋田経済法科大学(現ノースアジア大学)総合研究センター客員教授、政府の海外交流審議会委員なども務めている。

2014年4月
東映グループ会長に就任。

その他の出演作[編集]

1970年
江戸川乱歩シリーズ 明智小五郎』(東京12チャンネル
1972年
赤ひげ』第5話「三度目の正直」(NHK
1973年
しなの川』(松竹
1974年~1975年
鳩子の海』(NHK)
1974年
しあわせ』(東宝) - 南信隆
』(NET
1975年
実録三億円事件 時効成立』(東映)
影同心』 第28話「わたしが愛した殺し節」(MBS / 東映) - 儀平
1976年
グッドバイ・ママ』(TBS
夜明けの旗 松本治一郎伝』(東映)
1976年~1977年
玉ねぎ横丁の花嫁さん』(NET) - 花丸五郎
1977年
Gメン'75』第130話「一卵性双生児殺人事件」(TBS)
森村誠一シリーズ・腐蝕の構造』(MBS、東映) - 土器屋貞彦
鳴門秘帖』(NHK) - 竹屋三位卿
1978年
ブルークリスマス』(東宝
森村誠一シリーズ・人間の証明』(MBS、東映)
1981年
夢千代日記』(NHK)
ねらわれた学園』(角川春樹事務所
1986年
火宅の人』(東映)

映画プロデュース[編集]

吉永小百合主演作のほか、多数の作品を手掛けている。

1980年
動乱』(監督:森谷司郎)
1984年
天国の駅 HEAVEN STATION』(監督:出目昌伸
1985年
夢千代日記』(監督:浦山桐郎
1986年
『玄海つれづれ節』(監督 出目昌伸)
  • 岡田も出演。
1993年
眠らない街 新宿鮫』(監督:滝田洋二郎
1995年
きけ、わだつみの声』(監督:出目昌伸)
1996年
『霧の子午線』(監督:出目昌伸)
1997年
北京原人 Who are you?』(監督:佐藤純彌
2001年
千年の恋 ひかる源氏物語』(監督:堀川とんこう※企画
2005年
北の零年』(監督:行定勲※製作総指揮
2008年
まぼろしの邪馬台国』(監督:堤幸彦※製作総指揮
2011年
手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく-』(監督:森下孝三※製作

その他のプロデュース[編集]

1979年
白昼の死角』(毎日放送製作、監督 松尾昭典

脚注[編集]

  1. ^ 逸見稔『黄門様はテレビ好き』、近代映画社、1993年、p96、97
  2. ^ 高校同期に宮澤喜一長男の宮澤裕夫(建築家)など 『文藝春秋』(2010年10月号)。
  3. ^ 「美しい国づくり」企画会議サイトの岡田裕介プロフィールを参照。