岩田祐吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
いわた ゆうきち
岩田 祐吉
岩田 祐吉
本名 同じ
生年月日 1887年3月23日
没年月日 1980年1月18日(満92歳没)
出生地 日本の旗 日本岐阜県大垣市田町
死没地 日本の旗 日本東京都世田谷区
職業 俳優
ジャンル 新派劇映画時代劇現代劇サイレント映画トーキー
活動期間 1920年 - 1942年
配偶者 あり
主な作品
酒中日記
船頭小唄

岩田 祐吉(いわた ゆうきち、1887年3月23日 - 1980年1月18日)は、日本映画俳優

新派から映画界に入り、初期の松竹蒲田撮影所で二枚目俳優として活躍した。栗島すみ子とのコンビで人気を博し、諸口十九勝見庸太郎らと並んで松竹の代表的スターとなった。独特の渋い演技で幅広い役柄をこなし[1]、後年は脇役に転向した。

来歴・人物[編集]

1949年頃

1887年(明治30年)3月23日岐阜県大垣市田町に岩田加兵衛の6男として生まれる[2]。中学卒業時に家業の呉服屋が倒産し、単身で中国に渡るが、志敗れて2年後に帰国した[3][4]。帰国後は劇界に志を向け、1908年(明治41年)11月に開所した藤沢浅二郎主宰の東京俳優養成所(後に東京俳優学校に改称)に第1期生として入所[3]。同期に田中栄三諸口十九上山草人勝見庸太郎らがいる。1911年(明治44年)に同校を卒業し、俳優学校第一回卒業生試演『廃馬』(佐藤紅緑作)に諸口、田中らとともに出演した[5]

その後は河合武雄の門下に入り、1913年(大正2年)に河合が設立した公衆劇団に参加。花柳章太郎と前後して新派劇の幹部に列せられた。1915年(大正4年)9月には武田正憲川村花菱が旗揚げした新日本劇に参加。座員には五月信子正邦宏、花柳、永井赤鳥らがいた[6]

1920年(大正9年)、創立間もない松竹蒲田撮影所に入社し、村田実監督の『奉仕の薔薇』(翌年に公開)で映画初出演。翌1921年(大正10年)公開の『悪魔の崖』(賀古残夢監督)で初主演し、4月公開の『虞美人草』(ヘンリー・小谷監督)で栗島すみ子と共演して好評を博す。以来、賀古監督の『酒中日記』、池田義信監督の『暮れ行く旅路』『乳姉妹』などの作品で栗島と共演し、川田芳子諸口十九と並ぶ松竹蒲田のドル箱コンビとして人気を得た。1923年(大正12年)には池田監督の『船頭小唄』で栗島と主演、作品は大流行した主題歌とともに全国的にヒットした[3]。その後も牛原虚彦監督の『黒川博士』『乃木大将伝』、島津保次郎監督の『お坊ちゃん』、野村芳亭監督の『父帰る』などに主演、佐々木恒次郎監督の『永遠の心』はドイツにも紹介され、その演技力は高く評価された。1929年(昭和4年)1月8日井上正夫藤野秀夫、栗島、川田芳子柳さく子とともに大幹部に昇格した[7]

1930年代は中年の脇役に回ることが多くなり、島津監督の『隣の八重ちゃん』などでは父親役を演じた。1938年(昭和13年)以降は新興キネマに出演したが、1942年(昭和17年)公開の『春遠からじ』以降の映画出演はない。その後は鎌倉で妻と共に暮らしていたという。1979年(昭和54年)に第3回山路ふみ子映画功労賞を受賞。

1980年(昭和55年)1月18日、老衰のため東京都世田谷区の自宅で死去。92歳没。

出演映画[編集]

  • 新生(1920年、松竹
  • 光に立つ女(1920年、松竹)
  • 女の力(1921年、松竹) - 脇屋中尉
  • 悪魔の崖(1921年、松竹)
  • 虞美人草(1921年、松竹)
  • 電工と其妻(1921年、松竹)
  • 酒中日記(1921年、松竹)
  • 奉仕の薔薇(1921年、松竹)
  • 己が罪(1921年、松竹) - 医学士塚口
  • 生さぬ仲(1921年、松竹)
  • 金色夜叉(1922年、松竹)
  • 不如婦(1922年、松竹) - 川島武男
  • 乳姉妹(1922年、松竹)
  • 祇園夜話(1922年、松竹)
  • 傑作集枠 金色夜叉(明治文壇海岸の悲劇)(1922年、松竹) - 貫一
  • 船頭小唄(1923年、松竹) - 船頭律太
  • 噫無情(1923年、松竹) - テナルディユ
  • 水藻の花(1923年、松竹)
  • 幽芳集 乳姉妹(1923年、松竹)
  • 彼女の運命(1924年、松竹)
  • 嬰児殺し(1924年、松竹)
  • 無花果(1924年、松竹)
  • 黒川博士(1924年、松竹)
  • 詩人と運動家(1924年、松竹)
  • 乃木大将伝(1925年、松竹) - 乃木希典
  • お坊ちゃん(1926年、松竹) - 宇田恭三
  • 広瀬中佐(1926年、松竹) - 広瀬武夫
  • 父帰る(1927年、松竹) - 黒田宗太郎
  • 永遠の心(1928年、松竹)
  • 民族の叫び(1928年、松竹)
  • 今年竹(1929年、松竹)
  • レヴューの姉妹(1930年、松竹) - 舞台監督土屋四郎
  • 麗人(1930年、松竹) - 水原七郎
  • 愛よ人類と共にあれ(1931年、松竹) - 銀行頭取
  • 真理の春(1931年、松竹)
  • 生活線ABC(1931年、松竹)
  • 七つの海(1931年、松竹) - 曽根伸吾
  • 金色夜叉(1932年、松竹) - 荒尾譲介
  • 乳姉妹(1932年、松竹) - 松平昭定
  • 忠臣蔵(1932年、松竹) - 大野九郎兵衛
  • 島の娘(1933年、松竹) - 船長・岩瀬信造
  • 東洋の母(1934年、松竹) - 実業家・大村
  • 母を恋はずや(1934年、松竹) - 父・梶原
  • 隣の八重ちゃん(1934年、松竹) - 父・服部昌作
  • 与太者と花嫁(1934年、松竹) - 緒方正之
  • 都会の感傷(1934年、松竹) - 老警官
  • 永久の愛(1935年、松竹) - 職工長森田
  • 虞美人草(1935年、第一映画) - 井上孤堂
  • 男性対女性(1936年、松竹) - 清瀬支店長
  • あの道この道(1936年、松竹) - 大丸氏
  • 少年航空兵(1936年、松竹) - 海軍航空隊司令
  • 男の償ひ(1937年、松竹) - 黒須博士
  • 静御前(1938年、新興キネマ) - 北條時政
  • 噫!南郷少佐(1938年、新興キネマ) - 南郷少将
  • 五人の兄妹(1939年、松竹) - 石岡孫次郎
  • 舞ひ上る情熱(1941年、新興キネマ) - 周一の祖父清吉

脚注[編集]

  1. ^ 岩田祐吉、新撰 芸能人物事典 明治~平成、コトバンク、2014年12月24日閲覧
  2. ^ 『大正人名辞典Ⅲ 上巻』p.87
  3. ^ a b c 『日本映画俳優全集・男優篇』、キネマ旬報社、1979年、p.71
  4. ^ 『世界映画俳優名鑑 大正十一年度』、キネマ同好会、1922年、p.68
  5. ^ 『日本演劇史年表』、八木書店、1998年、p.236
  6. ^ 柳永二郎『木戸哀楽 新派九十年の步み』、読売新聞社、1977年、p.93
  7. ^ 『松竹七十年史』、松竹株式会社、1964年、p.263