岸輝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
きし てるこ
岸 輝子
本名 伊藤 キシ(いとう -)
生年月日 1905年5月1日
没年月日 1990年5月10日(満85歳没)
出生地 日本の旗 日本北海道
職業 女優
ジャンル 演劇劇映画時代劇現代劇トーキー)、テレビ映画
活動期間 1925年 - 1974年
配偶者 東屋三郎(? - 1935年)
千田是也(1942年 - )
主な作品
映画
野良犬
キクとイサム
喜劇 にっぽんのお婆あちゃん
にっぽん昆虫記
白い巨塔
受賞
芸術祭奨励賞(1966年)

岸 輝子(きし てるこ、本名;伊藤 キシ[1]1905年5月1日[1] - 1990年5月10日[1])は、日本女優。夫は千田是也[1]。千田らとともに劇団俳優座を創設。

来歴・人物[編集]

北海道出身[1]。北海高等女学校(現:札幌大谷高等学校)卒業[1]。一旦は就職すものの俳優を志し、1925年築地小劇場に入り[1]研究生となる。初舞台は、『寂しき人々』。築地小劇場の分裂を経て、1936年新築地劇団に入団[1]1940年に弾圧による解散[2]後、1944年2月に青山杉作、千田、東野英治郎小沢栄太郎東山千栄子ら10人で劇団俳優座を創立[3]、以降俳優座の中心女優として活躍し、多くの舞台に立った。『肝っ玉おっ母とその子供たち』はその代表作で、1966年芸術祭奨励賞を受賞している。1963年東山千栄子村瀬幸子永井智雄らとヨーロッパへ演技研究に出かけている。

舞台のほか、映画でも活躍。映画デビューは小山内薫監督の『黎明』(未公開)。戦後から本格的に活動し、黒澤明監督の『野良犬』を筆頭に、多くの作品に登場した。

特に母親役や老け役で名演を残しており、日本を代表する老け役の1人でもあった。

その一方で、福祉活動や反戦運動にも尽力している。1962年10月19日に結成された「新日本婦人の会」の創立に当たり、32人のよびかけ人のうちの1人として平塚らいてうらとともに名を連ねた[4]

私生活では、東屋三郎と結婚するも、1935年に死別。1940年に千田と同棲、同年新劇人に対する大がかりな弾圧がおこなわれ[2]、千田は逮捕・投獄されるが1942年に出所、同年千田と結婚[1]した。

1990年5月10日死去、85歳没[1]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

  • 黎明(1927年、ミナトーキー)
  • 求婚三銃士(1936年、P.C.L.)
  • 流旅の人々(1941年、南旺映画・第一協団)
  • 女優須磨子の恋(1947年、松竹)
  • 結婚(1947年、松竹) - 下宿主婦
  • 野良犬(1949年、映画芸術協会・新東宝) - スリのお銀
  • レ・ミゼラブル ああ無情(1950年、東横) - お六
  • 海の花火(1951年、松竹) - 母さみ
  • 慾望(1953年、近代映画協会) - 山崎久子
  • 思春の泉(1953年、新東宝・俳優座) - そで子婆さん
  • 雲ながるる果てに(1953年、重宗プロ・新世紀映画)
  • 勲章(1954年、俳優座) - 菊子
  • 市川馬五郎顛末記 浮草日記(1955年、山本プロ) - 太田の婆さん
  • 処刑の部屋(1956年、大映)
  • 夕やけ雲(1956年、松竹) - 菓子屋のお神さん
  • 日本橋(1956年、大映) - 蒟蒻島の阿婆
  • 森は生きている(1956年、民芸・独立映画)
  • あらくれ(1957年、東宝) - お島の母
  • 純愛物語(1957年、東映) - ドヤのかみさん
  • 怒りの孤島(1958年、日映) - 妻トリ
  • 人間の條件(1959年、松竹) - 岡崎の妻
  • 荷車の歌(1959年、全国農村映画協会) - 姑
  • 惜春鳥(1959年、松竹) - 桃沢たね
  • キクとイサム(1959年、大東映画) - おかつ
  • 人間の壁(1959年、山本プロ) - 与田消防団長夫人
  • 武器なき斗い(1960年、大東映画) - さき
  • 松川事件(1961年、松川事件劇映画製作委員会) - 園子の母・タニ
  • 飼育(1961年、パレスフィルムプロダクション) - 塚田ます
  • 喜劇 にっぽんのお婆あちゃん(1962年、MIIプロ) - いじわるばあさんかく
  • 二人で歩いた幾春秋(1962年、松竹) - その母
  • にっぽん昆虫記(1963年、日活) - 松木りん
  • 五番町夕霧楼(1963年、東映) - おみね
  • 砂の上の植物群(1964年、日活) - 女将
  • 猟人日記(1964年、日活)
  • 白昼の通り魔(1966年、創造社) - シノの祖母
  • 白い巨塔(1966年、大映) - 東政子
  • 眠狂四郎人肌蜘蛛(1968年、大映)
  • 私が棄てた女(1969年、日活) - 森田キネ
  • サマー・ソルジャー(1972年、勅使河原プロ) - 母親
  • サンダカン八番娼館 望郷(1974年、東宝・俳優座) - ナミ

テレビドラマ[編集]

  • 東芝土曜劇場 第5話「草を刈る娘」(1959年、CX)
  • 菊池寛シリーズ / 海の勇者(1959年、NTV)
  • おかあさん(TBS)
    • 第91話「笑いと波の音」(1961年)
    • 第144話「愛の代償」(1962年)
    • 第229話「手術のとき」(1964年)
    • 第389話「白い春」(1967年)
  • 指名手配(NET)
    • 第100・101話「偽装離婚」(1961年)
    • 第124・125話「絆」(1962年)
  • 女の園(NHK)
    • 第18話「桃の花咲く」(1962年)
    • 第50話「蜜月」(1962年) - お福さん
  • 文芸アワー / 田舎教師(1962年、NTV)
  • 文芸劇場(NHK)
    • 第34話「草を刈る娘」(1962年)
    • 第61話「この世で一番粋なこと」(1963年)
  • 近鉄金曜劇場(TBS)
    • 足摺岬(1962年)
    • 激流にのれ(1966年)
  • こども名作座 / 夜明け朝明け(1962年、NHK)
  • 愛の劇場 第165話「毒薬はいかが」(1962年、NTv)
  • 判決(NET)
    • 第8話「暗い轍」(1962)
    • 第91話「半日本人」(1964年)
    • 第152話「空のイルリゲーター」(1965年)
  • テレビ指定席 / ある結婚(1963年、NHK)
  • 夫婦百景 第262話「和楽三代夫婦」(1963年、NTV)
  • シャープ月曜劇場 第12話「おえん」(1963年、CX)
  • 日本映画名作ドラマ(NET)
    • 山と川のある町(1963年)
    • 鶯(1964年)
    • 晩鐘(1964年)
  • 風雪(NHK)
    • 開化聖代(1964年) - 武家の奥方
    • 万機公論(1964年) - 老婆
  • NHK劇場 / 都会(1966年、NHK)
  • 部長刑事 第385話「野暮てん」(1966年、ABC)
  • 木下恵介アワー(TBS)
    • 記念樹(1966年) - 村越すえ
    • おやじ太鼓(1968年) - イネ
  • 剣 第42話「縁切寺異聞」(1968年、NTV)
  • 日産スター劇場 / おじゃまさま(1968年、NTV)

舞台[編集]

著書・参考文献[編集]

  • 岸輝子 『夢のきりぬき 千田と私のこと』 東京新聞出版局、1980年。ISBN 978-4-8083-0029-6。

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 岸輝子とは - コトバンク 2011年11月13日閲覧
  2. ^ a b 法政大学大原社研 戦時中の新劇運動〔日本労働年鑑 特集版 太平洋戦争下の労働運動216〕 2011年11月13日閲覧
  3. ^ 俳優座史 - 劇団俳優座 2011年11月13日閲覧
  4. ^ 新婦人ってなあに? - 新日本婦人の会 2011年11月20日閲覧