峰さを理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
みね さをり
峰 さを理
本名 安田 峰子(やすだ みねこ)
生年月日 (1952-07-15) 1952年7月15日(64歳)
出生地 福井県敦賀市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
身長 169cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 1972年 -
活動内容 1972年宝塚歌劇団入団
1973年星組に配属
1983年:星組トップスター就任
1987年:宝塚歌劇団を退団、以降女優として活動。
公式サイト 峰さを理オフィシャルホームページ MINE・MINE

峰 さを理(みね さをり、本名安田 峰子(やすだ みねこ)、1952年7月15日 - )は、日本女優。元宝塚歌劇団星組トップスター。

福井県敦賀市福井県立敦賀高等学校出身。身長169cm。血液型B型。愛称は「ミネちゃん」。

略歴[編集]

  • 敦賀市のかまぼこ店の娘として生まれる。
  • 1970年、宝塚音楽学校に入学。
  • 1972年58期生として宝塚歌劇団に入団。雪組公演『かぐらザ・フラワー[1]で初舞台を踏む。宝塚入団時の成績は48人中2位[1]。同期生に元専科の邦なつき、元花組組長の星原美沙緒、女優の寿ひずる高汐巴がいる。
  • 同年8月、関西テレビの番組「ザ・タカラヅカ!」に出演するユニット「バンビーズ」の8期生に選ばれる。同じく選ばれた寿、高汐とともに、翌年3月までほぼ毎週テレビ出演することとなる。
  • 1973年4月2日[1]星組に配属。寿、高汐と同期生トリオとして使われ、注目を浴びる。
  • 同年9月、『この恋は雲の涯まで』新人公演で主役、源義経を演じる。研2(入団2年目)での新人公演主演は(当時の)新記録だった。その後も新人公演の主役を、多数務める。
  • 1983年瀬戸内美八の後任として、東京公演『アルジェの男/ザ・ストーム』にて星組トップスターに就任。姿晴香が1作のみ相手役を務めた。
  • 1984年南風まいが相手役に。この年後半には湖条れいかも相手役に就任し、異例のダブル娘役トップ体制になる。
  • 1987年11月29日[1]、宝塚歌劇団を退団。最終出演公演の演目は星組・東京公演『別離の肖像[1]』。
  • 退団後は女優として・日本舞踊家「西崎峰」として舞台活動を続けるほか、宝塚歌劇団で日本ものの振付も手がけている。

所属[編集]

  • 日本舞踊 西﨑流家元委員会 委員
  • 社団法人日本舞踊協会 会員

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

新人公演主演[編集]

星組時代[編集]

星組トップ時代[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

  • 『深川さくら茶屋』仇八 役(1988年1月)(東京宝塚劇場公演)
  • 『ハロルド・ピンター・コレクション』女2、老婆1、男1、A夫人、ピフス嬢 役(1988年4月)(銀座セゾン劇場公演)
  • 『ルージュ』(1988年6月)(博品館劇場公演 他)
  • 『薔薇と棺桶』フェイ 役(1988年8月)(パルコ劇場公演 他)
  • 『イダマンテ』エレクトラ 役(1988年12月)(中日劇場公演)
  • 『流行者』(1989年5月)(パルコ劇場公演 他)
  • 必殺仕事人』おゆき 役(1989年7月)(梅田コマ劇場公演)
  • 『愛しのGAN・GAN』蝶子 役(1990年2月)(博品館劇場公演 他)
  • 夏の夜の夢』ヒポリタ/タイテーニア 役(1990年6月)(シアターコクーン公演)
  • 『スタア』杉梢 役(1990年10月)(新神戸オリエンタル劇場
  • 『BROKEN・西遊記三蔵法師 役(1991年2月)(全国ツアー)
  • アニーグレイス 役(1991年5月)(青山劇場公演 他)
  • ヴェローナの二紳士』ジュリア 役(1991年10月)(グローブ座公演)
  • ペリクリーズ』セーザ 役(1991年10月)(グローブ座公演)
  • 『佐倉家の青春』清原京 役(1992年1月)(三越劇場公演)
  • 『MANON』(1992年2月)(シアターVアカサカ公演)
  • 『アニー』グレイス 役(1992年4月)(青山劇場公演 他)
  • 『坂本龍馬』お龍 役(1992年5月)(全国ツアー)
  • 『MANON』(1992年7月)(シアターVアカサカ公演)
  • 『BROKEN・マクベス』讃良姫 役(1992年9月)(グローブ座公演 他)
  • 『MANON』(1992年11月)(宝塚バウホール公演)
  • ハムレット』ガートルード 役(1992年11月)(グローブ座公演)
  • 『アニー』グレイス 役(1993年4月)(青山劇場公演他)
  • 『ジンジャーブレッド・レディー』イーヴィ・ミアラ 役(1993年9月)(東京芸術劇場中ホール公演 他)
  • 『MANON』(1993年10月)(博品館劇場公演)
  • 源氏物語六条御息所 役(1993年11月)(全国ツアー)
  • 『アルバート』アルバート・ノッブス 役(1994年3月)(博品館劇場公演)
  • 『にごり江』お京 役(1994年4月)(近鉄劇場公演)
  • 『ビューティフル・ガールズ』(1994年5月)(ハウステンボス公演)
  • 『天保ねずみ伝』大川恋之丞・おはん 役(1994年7月)(明治座公演)
  • 『ファルセット』トリナ 役(1994年10月)(サンシャイン劇場公演)
  • 『花の円舞曲』北嵯峨文子・華頂良子 役(1995年1月)(三越劇場公演)
  • 『天降る女神たち』(1995年3月)(大分ビーコンプラザ公演)
  • サド侯爵夫人』モントルイユ夫人 役(1995年5月)(ヨーロッパ各地)
  • 『サド侯爵夫人』モントルイユ夫人 役(1995年6月)(さいたま芸術劇場公演)
  • おかしな2人』グウェンドリン・ピジョン 役(1995年7月)(セゾン劇場公演)
  • 『ブラッド・ブラザーズ』ミセス・ライオンズ 役(1995年8月)(青山劇場公演 他)
  • 『ラブレターズ』(1995年12月)(パルコ劇場公演)
  • 『サド侯爵夫人』モントルイユ夫人 役(1996年5月)(東ヨーロッパ 各地)
  • 『サド侯爵夫人』モントルイユ夫人 屋k(1996年6月)(メイシアターホール公演)
  • 『グラン・カトル』(1997年4月)(葛飾シンフォニーホール公演)
  • 『A Song of MINE』(1997年8月)(アートスフィア公演)
  • 『ラパン・アジールに来たピカソ』ジェルメーヌ 役(1997年8月)(シアターX公演)
  • 『楽劇リコリス』女王ストレリチア 役(1997年11月)(リリアメインホール公演)
  • 『春待ち草』おちよ 役(1998年1月)(三越劇場公演)
  • アンネの日記』フランク夫人 役(1998年7月)(世田谷パブリックシアター公演 他)
  • 『今いざやかぶかん』阿国 役(1998年7月)(新国立劇場公演)*西﨑峰として
  • 『パリ恋物語』(1998年10月)(新神戸オリエンタル劇場公演)
  • 『心中・恋の大和路』八右衛門 役(1999年5月)(宝塚バウホール公演)
  • ペーパームーン』ビリー・ロイ・ロギンズ 役 他(1999年7月)(シアターコクーン公演)
  • 『キーン』エレナ 役(1999年10月)(新国立劇場公演)
  • 『ペーパームーン』(2000年7月)(シアターコクーン公演 他)
  • 『ラパン・アジールに来たピカソ』(2000年10月)(全国ツアー)
  • 『心中・恋の大和路』八右衛門 役(2001年2月)(東京芸術劇場公演)
  • 『桜祭り狸御殿』金五郎 役(2001年4月)(新宿コマ劇場公演 他)
  • 『火の鳥』火の鳥 役(2001年6月)(ルテアトル銀座公演)[注 1]
  • 『のど自慢』(2001年10月)(なんばグランド花月公演)
  • 『あやこものがたり』コシノジュンコ 役(2001年11月)(NHK大阪ホール公演)
  • 『上方花舞台』浮舟 役(2001年11月)(NHK大阪ホール公演)
  • 『人生ふたりづれ』力弥 役(2002年5月)(新宿コマ劇場公演 他)
  • シンデレラ』姉・ポーシャ 役(2002年8月)(新宿コマ劇場公演)
  • 『三越名人会』浮舟 役(2002年10月)(三越劇場公演)
  • 『ザ・レビュー:サ・セ・パリ』(2002年10月)(全国ツアー)
  • 『西﨑 峰の会』(2002年12月)(国立劇場公演)*西﨑峰として
  • 『桜吹雪狸御殿』お黒 役(2003年4月)(新宿・梅田コマ劇場公演)
  • 『薔沙薇の女-カルメン2003-』カルメン 役(2003年6月)(ルテアトル銀座公演)[注 1]
  • 『レ・ミゼラブル』テナルディエの妻 役(2003年7・8月)(帝国劇場公演)
  • 『上野不忍華舞台』(2003年10月)(水上音楽堂公演)
  • 『シンデレラ』姉・ポーシャ 役(2003年12月)(梅田コマ劇場公演)
  • 『レ・ミゼラブル』テナルディエの妻 役(2004年1月)(博多座公演)
  • 『ザ・レビュー:サ・セ・パリ』(2004年2・3月)(全国ツアー)
  • 『宝塚創立90周年記念特別公演』お黒 役(2004年4月)(梅田・新宿コマ劇場公演)
  • 創作『桜の園』高嶋都留子 役 (2004年5月)(アートスフィア公演)[注 1]
  • 『火の鳥-転生編-』舞姫 役(2004年6月)(ルテアトル銀座公演)[注 1]
  • 『私、女優よっ!』茜梨花 役 (2004年9月)(アートスフィア公演)
  • 『宴会泥棒』マリア 役(2004年10・11月)(博品館劇場公演)
  • 『ジパング』花村麗 役(2005年1月)(御園座公演)
  • 『ザ・レビュー:サ・セ・パリ』(2005年2月)(全国ツアー)
  • 『桜絵巻狸源氏』夢之助 役/『ショー・イズ・オン』(2005年4・5月)(新宿コマ劇場公演 他)
  • 『Tender Love Concert』(2005年5月)(鶴見会館公演)
  • 『源氏物語・朗読 VI』(2005年5月)(博品館劇場公演)
  • 『陰 陽 師』孔雀 役(2005年6月)(ルテアトル銀座公演)*西﨑峰として
  • 『上野不忍華舞台』(2005年9月)(水上音楽堂公演)
  • 『牡丹燈籠 狂想曲』三遊亭円朝の妻&国定忠治 役(2005年10月)(シアター1010公演)
  • 『たからじぇんぬミュージカルパーティ2』(2005年11月)(三越劇場公演)
  • 『ザ・ショー:ニューヨーク・ニューヨーク』(2006年1・2月)(全国ツアー)
  • 『桜合戦狸囃子』腹鼓狸吉郎 役/『ショー・イズ・オン'06』 (2006年3・4月)(新宿コマ劇場公演 他)
  • 『吉原』遊女/千寿 役(2006年6月)(ルテアトル銀座公演)*西﨑峰として
  • 『梅屋福太郎独創会』乙姫 役(2006年9月)(国立能楽堂公演)*西﨑峰として
  • 『One!-the history of Tacky-』(2006年9月)(日生劇場公演)
  • 『ジャック・ブレルは今日もパリに生きて歌っている』(2006年10月)(サンシャイン劇場公演)
  • 『源氏物語"百花繚乱"』(2006年10月)(博品館劇場公演)
  • 『AKIKO』(2006年12月)(宝塚バウホール公演)
  • 『ザ・ショー:ニューヨーク・ニューヨーク』(2007年1・2月)(全国ツアー)
  • 『セレブの資格』レディ・ヘイリング 役(2007年3・4月)(ルテアトル銀座公演 他)
  • 『心中・恋の大和路』八右衛門 役(2007年4月)(東京芸術劇場・宝塚バウホール公演)
  • 『予言』まくべすと呼ばれる男の妻 役(2007年5・6月)(ルテアトル銀座公演)[注 1]
  • 『アキコ・カンダ作品選〜夢、紡いで〜』(2007年9月)(青山円形劇場公演)
  • 『En route、PETIPA!』サイモン 役(2007年11月)(宝塚バウホール公演)
  • 詞劇『艶は匂へど…』光源氏、弁 役(2007年11月)(博品館劇場公演)
  • 第3回『源氏の世界を語る』(2007年12月)(京都会館 第一ホール公演)
  • ラ フィエスタ『ラティーナ』(2008年1・2・3月)(全国ツアー)
  • 日本舞踊協会公演 - 猩々 役(2008年2月)(国立劇場大劇場公演)[注 1]
  • 詞劇『艶は匂へど…』光源氏、弁 役(2008年2月)(愛媛県県民文化会館公演)
  • 『三越名人会』(2008年5月)(三越劇場公演)*西﨑峰として
  • 『隣人』(2008年8・9月)(リーガロイヤルホテル公演)
  • 『"D"〜永遠という名の神話〜』エージェント、ミルドレッド、キャッシー、アデライン 役(2008年10月)(博品館劇場公演)
  • 詞劇『艶は匂へど…』宰相の君 役(2008年11月)(博品館劇場公演)
  • 日本舞踊協会公演 - 男雛 役(2009年2月)(国立劇場大劇場公演)*[注 1]
  • ラ フィエスタ『ラティーナ』(2009年3・4月)(全国ツアー)
  • 『DREAM BOYS』(2009年9・10月)(帝国劇場・梅田芸術劇場公演)
  • 『タカラジェンヌに栄光あれ』(2010年1月)(奄美文化センター公演 他)
  • 『新・道成寺』(2010年7月)(国立劇場小劇場公演)
  • 『花柳寿輔傘寿の会』(2011年3月)(国際フォーラムホールA公演)
  • 第2回『西﨑峰の会』(2011年11月)(国立劇場小劇場公演)
  • スタジオドラード発表会(2011年11月)(日本橋劇場公演)
  • ザ・レビュー『サ・セパリ2』(2012年2月)(全国ツアー)
  • 『DREAM, A DREAM』(2013年10月 - 11月)(シアターオーブ、梅田芸術劇場)
  • 『FABULOUS REVUE BOYS II』(2014年7月)(築地ブディストホール)
  • 『ミリオンダラー・ヒストリー』(2014年8月)(天王洲銀河劇場)
  • TAKARAZUKA 100th Anniversary OG version『CHICAGO』フランク役[注 2](2014年10月 - 12月、東京国際フォーラムホールC、梅田芸術劇場メインホール、刈谷市総合文化センター)
  • 宝塚歌劇OGバージョン『CHICAGO』フランク 役<[注 2](2016年7月 - 8月、神奈川芸術劇場ディヴィッド・H・コーク劇場、東京国際フォーラムホールC、梅田芸術劇場、ニューヨーク・リンカーン・センター

コンサート[編集]

  • クリスマスコンサート (1988年12月)(第一生命ホール公演)
  • 『'89コンサートツアー』(1989年3月)(中野サンプラザ公演 他)
  • 『'90コンサートツアー』(1990年4月)(中野サンプラザ公演 他)
  • 『'91コンサートツアー』(1991年9月)(中野サンプラザ公演 他)
  • 『'92コンサート』(1992年12月)(町田市民ホール公演)
  • 『'93コンサート』(1993年1月)(シアターアプル公演 他)
  • 『峰さを理inジァン・ジァン』vol.1(1996年2月)(渋谷ジァン・ジァン公演)
  • 『峰さを理inジァン・ジァン』vol.2(1996年8月)(渋谷ジァン・ジァン公演)
  • 『MINEコレクションin敦賀』(1997年3月)(敦賀市民文化センター公演)
  • 『峰さを理inジァン・ジァン』vol.3(1997年5月) (渋谷ジァン・ジァン公演)
  • 『峰さを理inジァン・ジァン』vol.4(1998年4月)(渋谷ジァン・ジァン公演)
  • 『峰さを理inジァン・ジァン』vol.5(1999年6月) (渋谷ジァン・ジァン公演)
  • 『THE SINGERS』vol.1(1999年1月)(博品館劇場公演 他)
  • 『THE SINGERS』vol.2(2000年2月)(博品館劇場公演)
  • 『THE SINGERS』vol.3(2001年5月)(博品館劇場公演)
  • 『THE SINGERS』vol.2(2001年5月)(博品館劇場公演)
  • 『THE SINGERS』vol.4(2002年9月)(博品館劇場公演)
  • 『THE SINGERS』vol.5(2003年9月)(博品館劇場公演)
  • 『レ・ミゼラブルINコンサート』テナルディエの妻 役(2004年7月)(東京芸術劇場・梅田コマ劇場公演)
  • 『レ・ミゼラブルINコンサート』テナルディエの妻 役(2004年12月)(全国ツアー)
  • 石井好子とシャンソンの夕べ』(2008年4月)(有楽町朝日ホール公演)
  • 『寺田瀧雄メモリアルコンサート』(2010年7月)(東京宝塚劇場公演)
  • 峰さを理 コンサート(2011年8月)(東京文化会館 小ホール公演)
  • 『パリ祭』(2012年7月)(NHKホール 他)

ディナーショー・サロンショー・ライブ[編集]

公演日時/公演場所
  • 1987年12月22日 帝国ホテル
  • 1988年3月1日・2日 新阪急ホテル
  • 1988年7月24日 大阪ロイヤルホテル
  • 1988年12月18日 大阪ロイヤルホテル
  • 1988年12月21日 京都ホテル
  • 1988年12月22日 帝国ホテル
  • 1989年5月31日  椿山荘
  • 1989年11月9日・10日 新阪急ホテル
  • 1990年2月26日 クイーンエリザベス2号
  • 1990年4月16日 椿山荘
  • 1990年11月26日 六本木バレンタイン
  • 1990年12月15日  琵琶湖ホテル
  • 1990年12月19日 東京ベイヒルトンホテル
  • 1990年12月23日 新阪急ホテル
  • 1990年12月24日・25日・29日 クリスタルルーム
  • 1991年5月18日・19日 イエスタイヤーズホール
  • 1991年7月20日 イエスタイヤーズホール
  • 1991年8月3日 六本木ピットイン
  • 1991年12月24日 ホテルメトロポリタン
  • 1992年2月25日 新阪急ホテル
  • 1993年6月4・5日 六本木バレンタイン
  • 1993年12月 クリスタルルーム
  • 1993年12月 宝塚ホテル
  • 1994年5月27日 クルーザー デ・ハール号
  • 1994年6月10日・11日 六本木バレンタイン
  • 1995年5月6日 ホテルパシフィック
  • 1995年12月21日 鎌倉プリンスホテル
  • 1996年4月20日 サテンドール
  • 1996年12月21日 TVジャンクション
  • 1997年7月3日 銀座東武ホテル
  • 1998年12月23日 銀座東武ホテル
  • 1999年3月22日 高山グリーンホテル
  • 1999年12月15日 大森ベルポート
  • 1999年12月1日・29日 ミスターケリーズ
  • 1999年12月25日 銀座東武ホテル
  • 2000年3月5日 ミスターケリーズ
  • 2000年4月15日 ミスターケリーズ
  • 2000年6月2日 スイートベイジルSTB139
  • 2000年11月21日 ミスターケリーズ
  • 2000年12月23日 銀座東武ホテル
  • 2001年7月21日 銀座東武ホテル
  • 2001年12月22日 ホテルニューオータニ幕張
  • 2001年12月24日 銀座東武ホテル
  • 2002年1月26日 ミスターケリーズ
  • 2002年3月4日 ホテル阪急インターナショナル
  • 2002年4月4日 スイートベイジルSTB139
  • 2002年4月11日-20日 にっぽん丸クルーズ
  • 2002年6月22日 ミスターケリーズ
  • 2002年7月6日 銀座東武ホテル
  • 2002年12月23日 ホテルニューオータニ
  • 2003年1月26日 ミスターケリーズ
  • 2003年10月24日 ミスターケリーズ
  • 2003年12月23日 銀座東武ホテル
  • 2004年8月7日 銀座東武ホテル
  • 2004年11月12日 ミスターケリーズ
  • 2004年12月23日 センチュリーハイアット東京
  • 2005年7月15日 東京会館
  • 2005年8月19日 ミスターケリーズ
  • 2005年12月25日 銀座東武ホテル
  • 2006年5月13日 ミスターケリーズ
  • 2006年6月13日 東京会館
  • 2006年7月15日 ホテルニューオータニ
  • 2006年12月23日 銀座東武ホテル
  • 2007年1月20日・6月17日・7月15日 東京会館
  • 2007年8月5日 ホテル阪急インターナショナル
  • 2007年11月5日 ミスターケリーズ
  • 2007年12月23日 銀座東武ホテル
  • 2008年2月27日 フォーシーズンズホテル椿山荘
  • 2008年5月5日 リーガロイヤルホテル東京
  • 2008年7月12日 東京会館
  • 2008年8月22日 ミスターケリーズ
  • 2008年12月1日 ホテルニューオータニ博多
  • 2008年12月9日 箱根ホテル小涌
  • 2008年12月16日 ウェスティンナゴヤキャッスル
  • 2008年12月23日 銀座東武ホテル
  • 2009年5月2日 ライブスペース「Qui(キ)」
  • 2009年6月14日 ミスターケリーズ
  • 2009年7月4日 ライブスペース「Qui(キ)」
  • 2009年7月18日 東京会館
  • 2009年11月14日 ミスターケリーズ
  • 2009年12月26日 東京会館
  • 2010年2月7日・5月22日 ライブスペース「Qui(キ)」
  • 2010年7月25日 東京会館
  • 2010年8月22日 ライブスペース「Qui(キ)」
  • 2010年9月27日 スイートベイジルSTB139
  • 2010年12月23日 ライブスペース「Qui(キ)」
  • 2011年4月17日 ミスターケリーズ
  • 2011年7月16日・12月25日 東京会館

主なテレビ出演[編集]

振付作品[編集]

  • 1999年『エピファニー』(宝塚歌劇団・星組バウホール公演)
  • 2000年『更に狂はじ』(宝塚歌劇団・月組バウホール公演)
  • 2002年『月の燈影』(宝塚歌劇団・花組バウホール公演)
  • 2003年『恋天狗』(宝塚歌劇団・月組バウホール公演)
  • 2003年『桜吹雪狸御殿』(宝塚OG公演)
  • 2003年 レ・ミエンレビュー『HIBARI』
  • 2004年『新版桜吹雪狸御殿『ボンジュール・タカラジェンヌ』(宝塚OG公演)
  • 2004年『花のいそぎ』(宝塚歌劇団・星組バウホール公演)
  • 2004年『飛鳥夕映え』(宝塚歌劇団・月組大劇場公演)
  • 2004年『天の鼓』(宝塚歌劇団・花組シアター・ドラマシティ公演)
  • 2005年『睡れる月』(宝塚歌劇団・雪組シアター・ドラマシティ公演)
  • 2008年 日本舞踊協会創作舞踊劇場・第25回公演 『青春・I』-流れ-
  • 2008年 源氏物語千年紀頌『夢の浮橋』(宝塚歌劇団・月組大劇場公演)
  • 2010年『紫子』(宝塚歌劇団・月組中日劇場公演)
その他 振付補として多数の宝塚歌劇団作品に参加。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g 名取名「西﨑峰」として出演
  2. ^ a b 麻路さき姿月あさととトリプルキャスト

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』 阪急コミュニケーションズ 2014年4月1日 84頁。ISBN 9784484146010