島田正吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
しまだ しょうご
島田 正吾
島田 正吾
本名 服部 喜久太郎
生年月日 (1905-12-13) 1905年12月13日
没年月日 (2004-11-26) 2004年11月26日(満98歳没)
出生地 横浜市
国籍 日本の旗 日本
職業 俳優
主な作品
テレビドラマ
大激闘マッドポリス'80
ひらり
十時半睡事件帖

映画
あげまん
男はつらいよ 寅次郎の縁談

舞台
ビルマの竪琴
風林火山

島田 正吾(しまだ しょうご、本名;服部 喜久太郎<はっとり きくたろう>、1905年12月13日 - 2004年11月26日)は、新国劇俳優横浜市生まれ。

来歴・人物[編集]

1923年大正12年)に明星商業学校を中退後、澤田正二郎が率いる新国劇に入団。正二郎の急死後、辰巳柳太郎と共に主役級に抜擢され、1987年(昭和62年)に新橋演舞場で劇団創立70周年記念公演をうけて劇団を解散するまで新国劇の大黒柱として活躍。辰巳とは「動の辰巳、静の島田」と好対照のライバルとして知られた。

新国劇時代には『関の弥太ッぺ』『瞼の母』『一本刀土俵入』などの股旅物(またたびもの)をはじめ、『霧の音』『ビルマの竪琴』など現代劇の話題作も演じた。そのほかの代表作としては、戦国時代の武士・山本勘助を演じた主演作『風林火山』が知られ、1958年(昭和33年)から10年以上にもわたり公演を続けた。

1951年(昭和26年)、山田五十鈴を相手役に『夏祭三度笠』で映画に初出演。以後、舞台でのヒット作を映画化した。1955年(昭和30年)の主演作『風雲三条河原』では幕末の志士・岡田以蔵役を演じる。また低い声と渋みをいかし、軍司令官や裏社会の実力者の役で存在感を発揮した。連続テレビ小説ひらり』など、テレビドラマにも出演した。

1991年(平成3年)から2002年(平成14年)までは新橋演舞場で年1回『白野弁十郎』や『王将』といった新国劇の代表作を一人芝居にして上演(NHKなど多数のメディアで取り上げられた)。この一人芝居は自他共に認めるライフワークで「100歳まで続ける」と公言していた。

1994年(平成7年)には『十時半睡事件帖』で主演。島田は『ひらり』に主人公の祖父役で出演していたため、ドラマ自体の評判も良く、日本のテレビドラマ主演俳優の最高齢記録も樹立し、話題になった(ちなみに現在も記録は破られていない)。

平成以降、現役最高齢俳優となっても意欲的に活動していたが2002年(平成14年)8月15日に脳梗塞で倒れた後はリハビリに励んでいた。舞台復帰への念は凄まじく「99歳まで新国劇の芝居、100歳で新作を」と周りに言い、様々な演劇のビデオをリハビリの傍ら、欠かさず見続けていたという。

2004年(平成16年)11月26日午前4時45分に、脳梗塞のため死去。98歳没。島田の書斎の机の上には真山青果作『富岡先生』の台本が置かれていて、台本の側には99歳になったら演じると決めていた『ひとり芝居』のために推敲中の原稿もあったという。

直弟子には若林豪などがいる。評伝小説に吉川潮『芝居の神様 島田正吾・新国劇一代』(新潮社、2007年 / ちくま文庫、2011年4月)がある。

出演作品[編集]

舞台[編集]

  • 関の弥太ッぺ
  • 瞼の母
  • 一本刀土俵入
  • 霧の音
  • ビルマの竪琴
  • 王将
  • 殺陣師段平
  • 荒川の佐吉
  • 私の沓掛時次郎
  • 白野弁十郎
  • 司法権
  • 風林火山
  • 夜もすがら検校(2002年)
  • 建礼門院
  • 佃の渡し
  • 玄宗皇帝と楊貴妃
  • 天守物語

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

受賞歴[編集]