嶋尾康史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
嶋尾 康史
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県姫路市
生年月日 (1968-05-06) 1968年5月6日(48歳)
身長
体重
188 cm
89 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1986年 ドラフト2位
初出場 1988年6月21日
最終出場 1992年9月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

嶋尾 康史(しまお やすひと、1968年5月6日 - )は、兵庫県姫路市出身の元プロ野球選手俳優。1989年から1991年の登録名は嶋尾 慶一(読みは同じ)。

来歴・人物[編集]

東洋大学附属姫路高等学校では長谷川滋利とともに主軸エースとして活躍し、1986年第68回全国高等学校野球選手権大会でベスト8の実績を持った。同年のドラフト会議阪神タイガースから2位指名され入団。投手として活躍する。オーバースローからストレートはMAX137キロ、カーブ、決め球はスライダー。

入団後は1軍と2軍の往復が続き、1992年3月に欧州で実施予定であったバルセロナオリンピック野球キューバ代表壮行試合の対戦チームメンバー[注 1]に選出されるも、事前にキューバ代表側の都合で遠征中止となる[1]。同年に自己最多の25試合に登板。1勝2敗1セーブ、防御率2.39の成績を残した。しかし同年オフ右ひじを痛め、アメリカにおけるスポーツ医学の第一人者であるフランク・ジョーブ博士のもとで治療を行い、復活を目指すが完治しないままで登板した2軍の試合で全力投球をすることが出来ず、以後1軍登板の無いまま1996年限りで引退。

その後は1997年から1998年まで毎日放送KBS京都の野球解説者を経て、1998年にドラマ『魚心あれば嫁心』で俳優デビュー。2002年にはかつて所属した阪神を題材にした映画『ミスター・ルーキー』に出演するなど、個性的な脇役として活動をしている。また近年は舞台演出家としても活動している。女性アイドルグループ「JK21」のプロデュースも行っている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1988 阪神 12 4 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 132 30.2 33 2 9 1 2 16 1 0 12 11 3.23 1.37
1989 21 5 1 0 0 1 5 0 -- .167 221 52.1 54 6 18 3 1 26 2 0 24 23 3.96 1.38
1990 6 2 0 0 0 0 0 0 -- ---- 44 6.2 17 1 9 1 0 3 0 0 16 16 21.60 3.90
1991 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 16 4.0 3 0 1 0 0 4 1 0 2 2 4.50 1.00
1992 25 4 0 0 0 1 2 1 -- .333 231 52.2 49 1 25 5 2 38 2 0 18 14 2.39 1.41
通算:5年 66 15 1 0 0 3 7 1 -- .300 644 146.1 159 10 62 10 5 87 6 0 72 66 4.06 1.51

記録[編集]

背番号[編集]

  • 52 (1987年)
  • 47 (1988年 - 1996年)

登録名[編集]

  • 嶋尾 康史 (しまお やすひと、1987年 - 1988年、1992年 - 1996年)
  • 嶋尾 慶一 (しまお やすひと、1988年 - 1991年)

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

アニメ[編集]

雑誌連載[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 二軍選手の中から各球団2名ずつ。阪神からは新庄剛志と共に選出される。

出典[編集]

  1. ^ 『新庄語録―メジャーリーグ“ニューヨーク・メッツ”新庄剛志』目津幸太郎(近代映画社 2002年1月)181p
  2. ^ 元阪神・嶋尾が“地元”大河最終回出演

関連項目[編集]