川原泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

川原 泉(かわはら いずみ、1960年9月24日 - )は、日本漫画家鹿児島県指宿市出身、鹿児島市在住。鹿児島大学法文学部卒業。専攻は日本史

来歴[編集]

大学4年在学中に、初めての漫画「ジュリエット白書」を『花とゆめ』に投稿。その後、大学の教授の紹介で地元女子校の教員採用の面接を受けたが、良妻賢母教育と勉学のどちらを優先するかという質問に「もちろん勉学」と答えた結果、不採用となる。この件が川原のお嬢様学校コンプレックスの元となったという。以降は目標を漫画に定め、1983年、『花とゆめ』増刊に掲載された「たじろぎの因数分解」でデビューした。以来、白泉社を中心に活動[1]

1985年、「ゲートボール殺人事件」の頃、東京へ引越しし、世田谷区に住む。

1986年アイススケート漫画『銀のロマンティック…わはは』の取材のため札幌を訪れた際に、当時の担当編集者が同じだった縁で三原順と会い、交流は三原の病没まで続いた[2]

1987年、初の長期連載となった『笑う大天使(わらうミカエル)』の仕事が一段落し、一旦帰郷した際に初めてファミリーコンピュータを購入し、『女神転生』などのゲームに熱中[3]。『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』の影響で『魔法の国ザンス』シリーズなどのファンタジーにも興味を持つに至る[1]

1988年、「笑う大天使 オペラ座の怪人」の原稿を落としてしまい、打ちひしがれた川原は都落ちを決意、荷物をまとめたが周囲の励ましにより帰郷を中止。せっかく荷造りをしたのだからと前の仕事場から徒歩5分の場所に移転する[4]

1996年鹿児島市に引越す[1]

2005年、『ブレーメンII』で第36回 星雲賞コミック部門と第4回(2004年度)センス・オブ・ジェンダー賞特別賞を受賞。

2006年、『笑う大天使』が映画化

人物・作品[編集]

  • カーラは公式化された愛称であり、『メイプル戦記』のおまけ「カーラ君を探せ」、『小人たちが騒ぐので』などで「友人M」の「カワハラ君」という呼びかけが「カーラ君」と聞こえるのが由来。
  • 書店に行く度に2万円ほど本を購入し、生活費で一番お金をかけているのは本であるというほどの読書家。恋愛ものの本はほとんど読む事はなく、好きなのはSFホラーで、ロバート・R・マキャモンスティーヴン・キング、そして特にディーン・R・クーンツの作品を好んでいる[5]。また、『銀河英雄伝説』のファンでもあり、徳間文庫版第7巻「怒涛編」の解説を執筆、徳間デュアル文庫版のハンドブックにも再録されている。
  • 1/4スペースなどの記述によると、タカシという兄がいる。彼とのエピソードのいくつかが披露されている他、漫画にも彼(の似顔)をモデルとした、地味な顔立ちでメガネ着用のキャラクターが散見される。
  • 1/4スペースやエッセイ漫画などでは、昔からの女性の友人2人(特に「友人M」)が登場するエピソードが多く見られる。
  • ヒロインの相手は、年の離れた社会的地位のある男性という設定が多い。
  • 好きなミュージシャンに王様を挙げていて、王様も川原作品のファンである。
  • 紀文食品の「魚河岸あげ」が、東京で発見したおいしいものベスト3に入ると『メイプル戦記』の1/4スペースに書いているほど好きである。また「小人たちが騒ぐので」の中にも3回ほど「魚河岸あげ」が登場する。この事が縁となり、その思いと紀文食品が結びついて、描き下ろし作品「漫画魚河岸あげの魅力」が紀文食品のサイト内で発表された。魚河岸あげ参照。

作中の設定[編集]

聖ミカエル学園(セントミカエルがくえん)[編集]

架空の学校。明治36年(1903年)創立の由緒正しき名門お嬢様学校で、生徒は「アーク・エンジェルの乙女達」と呼ばれる。カトリック系聖ミカエル教団に属し、宗教の時間・朝の礼拝など、宗教行事も多く取り入れられた、幼稚園から短大まである女子校。教師の半数をシスター(外国人多数)が占める。「よき妻 よき母」を育てるための教育に重きを置き、礼儀作法や清掃活動などには大変厳格だが、多くの生徒がエスカレーター式に付属短大へ入学するためか、勉強への強い意欲はあまり見られず、偏差値は中の上程度と思われ、『不思議なマリナー』の中で、「上品だが、そのぶんバカ」との発言がある。挨拶はいつでも「ごきげんよう」。「登下校の際は車による送り迎え禁止」という校則がある。

浮世離れした深窓の令嬢がほとんどだが、変わった毛色の生徒が2 - 3人必ず混ざっている。制服はシスターのような白いハイカラーの襟の胸元にひも状のリボン、プリーツではないひざ下のスカートに三つ折りソックス。ベレー帽をかぶる。映画版『笑う大天使』では、ベレー帽にスクウェアカットの胸元の黒いAラインワンピース、胸下にベルト状の細い白のリボンをつけて、足元は黒ストッキングと、かなりフェミニンになっている。

archangel」は日本ではアーク・エンジェルの読みが一般的だが、『笑う大天使』以前の作品では、「大天使」のルビは「アーチエンジェル」となっている。また、『笑う大天使』において、その事を自虐的なネタとして取り上げている。

同校生徒が登場する作品
  • 笑う大天使
    • 笑う大天使 空色の革命
    • 笑う大天使 オペラ座の怪人
    • 笑う大天使 夢だっていいじゃない
  • 銀のロマンティック…わはは
  • メイプル戦記
  • 不思議なマリナー
  • 大地の貴族

秋吉田藩[編集]

江戸時代の外様大名が治める架空の藩で、奥州にあるという設定。石高は25万石。藩主は鳴沢家。秋吉田城は「空の鳴滝城」と謳われる名城で、私有財産として現存している設定である。特産は巨大松茸。現代でも旧・家臣団が鳴沢家当主の法要に列席するために集まってくる。

同藩が登場する作品
  • 殿様は空のお城に住んでいる - 江戸時代中期の秋吉田藩の殿様と正室の少女と、その側近たちの時代活劇。
  • 笑う大天使 - メインキャラの斎木和音の母方の先祖が秋吉田藩の藩主。
    • 笑う大天使 空色の革命 - 和音の母である旧秋吉田藩「鳴沢家」の令嬢と、実業家の父との話が軸のひとつ。
  • 秋吉田藩レポート - 『まるごと川原泉』2号に掲載された。

穴田アナ[編集]

MHKのアナウンサー。眼鏡を掛けている。ジャンルを問わず作品の報道を一手に引き受ける人物である。ヘリンボーンの上着がトレードマーク。

穴田アナが登場する作品

桜井敦子[編集]

振られキャラ。銀行頭取の令嬢である。映画『笑う大天使』では、菊地凛子が演じた。

彼女を振った相手
  • 司城一臣(笑う大天使)
  • 瀬名弓彦(フロイト1/2)
  • 小早川秀明(メイプル戦記)

作品リスト[編集]

漫画作品[編集]

※掲載誌はいずれも白泉社

エッセイ他[編集]

  • 本日のお言葉 (白泉社 1989年10月) 川原漫画から精選された珠玉のお言葉400余、他
    • 新・本日のお言葉 (白泉社 2000年1月)
  • 事象の地平 (白泉社 1998年7月) 川原教授のまるかじりエッセイ集
  • 川原泉の本棚 (白泉社 2003年2月) 川原泉による選・イラストのアンソロジー本
    • 川原泉の本棚2 (白泉社 2004年2月)

参考文献[編集]

  • 川原泉 『笑う大天使』 1 - 3巻(花とゆめCOMICS、白泉社、1987年、1988年、1989年)
  • 三原順 『はみだしっ子』 第1巻(白泉社文庫、1996年)
  • 『まるごと川原泉』 1 - 3号(白泉社MELODY別冊 2004年9月増刊、2004年11月増刊、2005年1月増刊)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 雑誌『エグゼクティブ』(ダイヤモンド社)2001年6月号 本棚探検隊が行く 128 川原泉の本棚(取材・文:甲斐武佳、撮影:津藤文生)参考。
  2. ^ 『はみだしっ子』第1巻 解説:川原泉 参考。
  3. ^ 『笑う大天使』第1巻 11頁 1/4スペースによーこそ (2) 参考。
  4. ^ 『笑う大天使』第2巻 77頁 1/4スペース白書・4 参考。
  5. ^ Yahoo!ブックス インタビュー 川原泉参考。