川村真樹 (女優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

川村 真樹(かわむら まき、1948年1月1日 - )は、福島県出身の女優歌手。公称身長157センチ。

来歴・人物[編集]

九段女子高等学校を経て1965年宝塚歌劇団入団。51期生。入団時の成績は54人中48位[1]。初舞台公演の演目は花組公演『われら花を愛す/エスカイヤ・ガールス[1]。娘役[1](愛称サトコ)で同期に安奈淳高宮沙千、華かおり(河田直也実母)らがいたが、1967年8月[1]に退団、上京して映画女優として活動を始める。

映画『ドリフターズですよ! 特訓特訓また特訓』で役者デビューし、東宝映画に端役で出演。その後、成人映画製作を始めた日活に移り、1972年封切りの初主演映画『八月はエロスの匂い』での体当たり演技が話題となり、以降は日活ロマンポルノの常連女優として活躍。同時期には東映でも内藤誠の『ネオンくらげ』や五社英雄の『暴力街』に出演した。

スクリーンの第一線を退いた後、1990年に銀座8丁目にクラブ「マダム真樹」を開店。(現在は7丁目の金田中ビルで営業中)乳がんなどの試練を乗り越え、2005年2月、シングル「うかれ銀座の一人言」(作詞作曲・円広志)をリリース、同年7月には博品館劇場でコンサートも開き、健在ぶりを示した。

TBS「爆報!THEフライデー」にも出演し「マダム真樹」は元宝塚女優と飲める店として紹介された。 女優の卵らが店に在籍している事でも人気を博している。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』pp.70-71(阪急コミュニケーションズ2014年4月1日)。ISBN 9784484146010