川村禾門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

川村 禾門(かわむら かもん、1918年1月25日[1] - 1999年)は日本俳優。別名義に川村 耽平がある[1]

東京生まれ。旧制中学卒後、日活多摩川(後に大映)入社。同僚の女優・森下彰子と結婚後、朝鮮に出征。復員後、再婚し俳優生活を再開した。広島で被爆死した先妻のことは一切語らず長寿を全した。

映画『無法松の一生』、『赤い鷹』など松竹を中心に多数の作品に出演している。

おもなフィルモグラフィ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本映画人名事典 男優篇上巻』キネマ旬報社、1996年、493頁。