川津祐介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
かわづ ゆうすけ
川津 祐介
本名 川頭 祐一
生年月日 (1935-05-12) 1935年5月12日(81歳)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市
(現・東京都新宿区
ジャンル 俳優
活動期間 1958年 -
活動内容 映画・テレビドラマ・舞台・情報番組
配偶者 あり
著名な家族 川津花(長女、女優)、川津春(三女、女優)、川頭義郎(兄、映画監督)
主な作品
映画:『人間の條件
TVドラマ:『ザ・ガードマン』『Gメン'75
TV各種:『くいしん坊!万才』『てれび博物館

川津 祐介(かわづ ゆうすけ、1935年5月12日 - )は、日本俳優である。

来歴・人物[編集]

1935年(昭和10年)5月12日、東京府東京市四谷区新宿(現在の東京都新宿区新宿)に生まれる。

慶應義塾大学医学部(その後文転[要出典]経済学部を卒業[1])在学中の1958年(昭和33年)、映画監督木下惠介の勧めもあって同年『この天の虹』(松竹)でスクリーンデビュー。以後青春スターとして人気を誇る。松竹退社後はフリーとなり、松竹時代の青春路線とは異なる敵役や癖のある準主役など、様々な役柄を演じた。

1965年(昭和40年)からはテレビドラマ『東京警備指令 ザ・ガードマン』の荒木隊員役や『スパイキャッチャーJ3』の壇俊介役などでアクションスターとしても人気を集める。

Gメン75』でのバイクでのアクションシーンで、簡単なスタントであったにも関わらず、過度のダイエットが祟り大ケガを負ってしまい、長期入院で番組も降板し、仕事が途絶えてしまうという苦境に立たされた。しかし、食品会社のコマーシャルに家族全員で出演することによって、ピンチを脱することができたと『こんなにヤセていいかしら』で述懐している。

1988年(昭和63年)にはダイエット本である著書『こんなにヤセていいかしら』がベストセラーになり、同書の中核である「骨盤体操」を世に流行らせた。同時期「ララの巣」という自然食レストランを経営。キチンキトサンの持つ毒素吸着効果に着目し、廃棄物処理されていたエビ・カニの殻を安定仕入れするための独自ルートを構築。殻から抽出したスープ類を提供していた。

1995年(平成7年)、60歳の時に心臓左心室壊死という病気にかかり、20数年間司会を務めた早朝の科学番組『てれび博物館』(東海テレビ)において、手術のために降板することを自身の口から視聴者に告げる。医師からは余命3週間、長くて3ヶ月と診断されていたが、奇跡的に手術が成功して復帰。この手術の一部始終は『てれび博物館』で放送された。現在は『土曜スペシャル』(テレビ東京系)等で夫婦睦まじい姿を見られる。趣味は陶芸油絵料理など。2009年(平成21年)4月から京都造形芸術大学芸術学部映画学科客員教授に就任(任期は1年)。

2014年(平成26年)4月、長田紀生監督作品『ナンバーテン・ブルース さらばサイゴン』が日本初公開された。川津主演作品であったが、諸般の事情からお蔵入りになっており1975年にベトナム戦争下で撮影されて以来、満39年後の初公開となった。

大好物はであったが、『くいしん坊!万才』のロケ先で何度もリテイクを撮らされ、更には地元から鰹料理を振る舞われたことで、食べ過ぎて嫌いになったという。そのため、家庭で食事に出された豆腐でも「の臭いがする」といって手を付けないほどだったが、時間が経つにつれて再び食べられるようになったという。

主な出演[編集]

映画[編集]

  • この天の虹(1958年、松竹) ※デビュー作品
  • 人間の條件 第3部・第4部(1959年、松竹)
  • どんと行こうぜ(1959年、松竹)
  • ふるさとの風(1959年、松竹)
  • 手さぐりの青春(1959年、松竹)
  • 明日の太陽(1959年、松竹)
  • 春を待つ人々(1959年、松竹)
  • 風花(1959年、松竹)
  • 惜春鳥(1959年、松竹)
  • 青春残酷物語(1960年、松竹)
  • 太陽の墓場(1960年、松竹)
  • 続・次郎物語 若き日の怒り(1960年、松竹)
  • 笛吹川(1960年、松竹)
  • 二度とこないぞ青春は(1960年、松竹)
  • 鑑賞用男性(1960年、松竹)
  • 春の夢(1960年、松竹)
  • 大いなる愛の彼方に(1960年、松竹)
  • 人間の條件 3, 4, 5, 6(1961年、松竹) ※第3部・第4部 * 第5部と共にヴェネツィア国際映画祭サン・ジョルジョ賞、イタリア批評家賞受賞作品
  • はったり青年紳士(1961年、松竹)
  • もず(1961年、松竹)
  • わが恋の旅路(1961年、松竹)
  • 学生重役(1961年、松竹)
  • 好人好日(1961年、松竹)
  • 三味線とオートバイ(1961年、松竹)
  • 水溜り(1961年、松竹)
  • 恋の画集(1961年、松竹)
  • 小さな花の物語(1961年、松竹)
  • 京化粧(1961年、松竹)
  • 義士始末記(1962年、松竹)
  • からみ合い(1962年、松竹)
  • 千客万来(1962年、松竹)
  • かあちゃん結婚しろよ(1962年、松竹)
  • 背くらべ(1962年、松竹)
  • かあさん長生きしてね(1962年、松竹)
  • 湖愁(1962年、松竹)
  • 三人娘乾杯!(1962年、松竹)
  • 歌え若人達(1963年、松竹)
  • つむじ風(1963年、松竹)
  • 島育ち(1963年、松竹)
  • 結婚式・結婚式(1963年、松竹)
  • 「可否道」より なんじゃもんじゃ(1963年、松竹)
  • (1964年、大映
  • 十七才の狼(1964年、大映)
  • (1964年、大映)
  • 海抜0米(1964年、松竹)
  • 青い性(1964年、大映)
  • 渚を駈ける女(1964年、松竹)
  • 悶え(1964年、大映)
  • 霧の旗(1965年、松竹)
  • おしゃべりな真珠(1965年、松竹)
  • 怪談片目の狼(1965年、東映
  • 野菊のごとき君なりき(1966年、大映)
  • スパイキャッチャーJ3 SOS危機一髪(1966年、東映)
  • 赤い天使(1966年、大映)
  • けんかえれじい(1966年、日活
  • 逃亡列車(1966年、日活)
  • 網走番外地 悪への挑戦(1967年、東映)  
  • 眠狂四郎 人肌蜘蛛(1968年、大映)
  • 女賭博師 尼寺開帳(1968年、大映)
  • 黒蜥蜴(1968年、松竹)
  • 昆虫大戦争(1968年、松竹)
  • 新宿育ち(1968年、松竹)
  • 昭和おんな仁義(1969年、大映)
  • 眠狂四郎 円月殺法(1969年、大映)
  • 黒薔薇の館(1969年、松竹)
  • 女体(1969年、大映)
  • 華やかな女豹(1969年、日活)
  • 兇状流れドス(1970年、大映)
  • でんきくらげ(1970年、大映)
  • しびれくらげ(1970年、大映)
  • 柔の星(1970年、東宝
  • モナリザお京(1971年、大映)  
  • 激動の昭和史 沖縄決戦(1971年、東宝) - 神 直道
  • 告白的女優論(1971年、ATG
  • 江戸川乱歩の陰獣(1977年、松竹)
  • 動乱(1980年、東映)
  • 遙かなる走路(1980年、松竹)
  • 炎のごとく(1981年、東宝)
  • 冒険者カミカゼ -ADVENTURER KAMIKAZE- (1981年、東映)
  • ブルートレインひとり旅 (1982年、中山映画株式会社)
  • 化石の荒野(1982年、角川春樹事務所 / 東映)
  • 恋する女たち(1986年、東宝)
  • バカヤロー!3 へんな奴ら 第二話「過ぎた甘えは許さない」(1990年、松竹)
  • 豪姫(1992年、松竹) - 板倉勝重
  • きらきらひかる(1992年、ヘラルド・エース=日本ヘラルド)
  • ゴジラvsメカゴジラ(1993年、東宝)
  • ガメラ2 レギオン襲来(1996年、大映 / 東宝) - 野尻 明雄
  • ガメラ3 邪神覚醒(1999年、大映 / 東宝) - 野尻 明雄
  • 地雷を踏んだらサヨウナラ(1999年、シネカノン)
  • TAIZO〜戦場カメラマン・一ノ瀬泰造の真実〜(2003年、チームオクヤマ)
  • エリ・エリ・レマ・サバクタニ(2006年、ファントム・フィルム)
  • サッド ヴァケイション(2007年、スタイルジャム)
  • 純愛(2007年)
  • 黄金花(2009年
  • ナンバーテン・ブルース さらばサイゴン(1975年製作、2014年公開)

など

テレビドラマ[編集]

など

舞台[編集]

など 

ドラマ以外のテレビ番組[編集]

など

※各局旅番組にも出演

著書[編集]

  • 『わが子に語る星と宇宙の話』(日本実業出版社、1983年)
  • 『ジョリ・フリュイ-フルーツの本-』(いずみ出版、1984年)
  • 『超能力健康法』<超能力入門シリーズ>(現代出版、1985年)
  • 『18歳、女優をめざす娘に』(文化出版局、1987年)
  • 『うちゅうとこころがひびきあうとき』(金の星社、1988年)
  • 『こんなにヤセていいかしら-不思議な面白減量法 1回30秒だけで1日1キロ落ちる-』(青春出版社<プレイブックス>(P-471)、1988年)
  • 『わが子に語る星と宇宙の話(改訂・増補)』(日本実業出版社、1990年)
  • 『天使よはばたけ-いじめになんかまけるな-』(国土社、1996年)
  • 『三回死んでわかったこと』(小学館<小学館文庫>、2005年)
  • 『神様ありがとう。今日も元気!』(三宝出版、2008年)
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.539