川野太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
かわの たろう
川野 太郎
生年月日 (1960-04-11) 1960年4月11日(56歳)
出生地 日本の旗 日本山口県吉敷郡小郡町
国籍 日本
血液型 B型
職業 俳優
活動期間 1985年-
活動内容 テレビドラマ・映画・舞台
配偶者 あり(1994年 ‐ )
主な作品
テレビドラマ
澪つくし
武蔵坊弁慶
キッズ・ウォー
映画
千利休 本覺坊遺文
バラエティー番組など
料理バンザイ!
備考
早稲田大学教育学部体育学専修卒,

川野 太郎(かわの たろう、1960年4月11日 - )は、山口県吉敷郡小郡町(現山口市)出身の俳優。所属事務所はオスカープロモーション。血液型はB型。身長178cm。山口県鴻城高等学校早稲田大学教育学部体育学専修卒業。

人物・来歴[編集]

子供の頃に両親が離婚。

高校を卒業し、浪人(天王寺予備校)を経て大学へ入学。

高校・大学と野球部に所属しており、大学時代の同期には和泉実木暮洋がいた(大学時代のポジションは二塁手)。リーグ戦では、2回代打として出場したものの凡退だった[1]

1981年、21歳の時に横浜市内を男友達と二人で歩いているとキャッチセールスに絡まれた、前方から来た若い女性2人に助けられ、その後、1人と大学の合宿で偶然に再会して交際に発展(1994年に結婚。結婚式はドイツボーデン湖畔の教会で行い、1995年に長男、1998年に長女を授かる)。

1985年、『澪つくし』でデビュー。ヒロイン・沢口靖子と共演し、ドラマは最高視聴率55.3%を記録。沢口を相手に、役の上で初のキスシーンも演じた。

料理バンザイ!』での「たまに行くならこんな店」のレポーターも長年務めた(食事をする際の姿勢が大変良く、多くの評論家から「彼からマナーを学ぶべき」と絶賛された)。

1999年からは『キッズ・ウォー』にて父親役を好演。『温泉へ行こう!』『大好き!五つ子』と並ぶ人気シリーズとなった。

出身の縁から「山口ふるさと大使」に任命された。

俳優志望の長男は文学座研究生。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK
日本テレビ
TBS
フジテレビ
テレビ朝日
テレビ東京
BSジャパン

映画[編集]

舞台[編集]

  • スーパーミュージカル「源氏物語」 作:紫式部、脚本・演出:村井秀安(1993年11月8日 - 12月16日、芝メルパルクホール他) - 頭の中将 役
  • 縁は異なもの恋なもの
  • 夢に舞う女たち
  • 藤あや子特別公演「滝の白糸」
  • ディレクション
  • 帰ってきた蛍
  • 坂本冬美 藤あや子「恋はいたずら」(2011年1月5日 - 27日博多座
  • ジンギスカン 〜わが剣、熱砂を染めよ〜(2011年10月3日-13日、渋谷区文化総合センター大和田) - サングン 役
  • シズウェが死んだ!?
  • 日本の面影

オリジナルビデオ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

  • はぴねすくらぶ「野菜de活きるカラダ。」

社会貢献活動[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「NHKドラマガイド『武蔵坊弁慶』」配役紹介より