帝乙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
帝乙
第29代王
王朝
太丁

帝乙(ていいつ)は、殷朝の第29代王。

太丁の子、比干の兄、微子啓微子衍帝辛(紂王)の父。

帝乙の不祀[編集]

帝辛(紂王)の代の甲骨文占卜で先王を文武丁とし父祖の中に帝乙を記しておらず、実在を疑う研究者もいると伝わる。

周代の資料には諡号として帝乙[1]が記されていることから、帝辛と同様に周代に作られた諡号の可能性がある。

脚注[編集]

  1. ^ 周代の卜辞では、文武帝乙(ぶんぶていいつ)。