幌富バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
一般国道自動車専用道路(A')
(無料)
幌富バイパス
HOROTOMI BY-PASS
国道40号標識
E5 幌富バイパス
路線延長 10.9km
制定年 1995年
起点 北海道天塩郡幌延町
終点 北海道天塩郡豊富町
接続する
主な道路
(記法)
豊富バイパス
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路
Horotomi By-pass.JPG

幌富バイパス(ほろとみバイパス)は、北海道天塩郡幌延町から天塩郡豊富町に至る国道40号バイパス道路豊富バイパスと直接接続している。高速道路ナンバリング(高速道路等路線番号)ではE5が割り振られている。[1]

概要[編集]

北海道縦貫自動車道並行する一般国道自動車専用道路(A'路線)として整備された。また、道央自動車道と一体となって広域的・地域的交通の役割を担う自動車専用道路でもある。

路線データ[編集]

歴史[編集]

インターチェンジ[編集]

IC
番号
施設名 接続路線名 起点から
km
BS 備考 所在地
北海道縦貫自動車道(予定路線区間)
1 幌延IC 北海道道121号稚内幌延線 0.0 宗谷総合振興局 天塩郡幌延町
2 豊富サロベツIC 北海道道84号豊富浜頓別線 10.9 天塩郡豊富町
豊富バイパスに接続

交通量[編集]

24時間交通量(台) 道路交通センサス

区間 平成22(2010)年度
幌延IC - 豊富サロベツIC 1,596

(出典:「平成22年度道路交通センサス」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高速道路ナンバリング路線図(国土交通省)
  2. ^ a b c d e f g h 一般国道40号 幌富バイパス 事後再評価原案準備書説明資料 (PDF)”. 北海道開発局. 2017年1月7日閲覧。
  3. ^ 幌富バイパス(幌延IC~豊富サロベツIC)の開通 ~3/14 幌延IC-豊富サロベツIC間、延長約11kmが開通します~ (PDF)”. 稚内開発建設部 (2010年2月17日). 2014年10月20日閲覧。
  4. ^ 一般国道40号 幌富バイパス 開通 (PDF)”. 留萌開発建設部 (2010年2月17日). 2014年10月20日閲覧。

関連項目[編集]