平みち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
たいら みち
平 みち
本名 国田 道子(くにた みちこ)
別名義 鈴木 道子
生年月日 (1956-02-02) 1956年2月2日(61歳)
出生地 日本の旗兵庫県西宮市
血液型 B
職業 女優歌手
ジャンル 舞台
活動期間 1973年 -
活動内容 1973年宝塚歌劇団入団
1974年花組に配属
1983年雪組に異動
1985年:雪組トップスター就任
1988年:宝塚歌劇団退団、以降女優として舞台中心に活動。
著名な家族 鈴木玲子
主な作品
舞台
麗しのサブリナ』(1989年)

平 みち(たいら みち、本名:国田 道子(くにた みちこ)、1956年2月2日 - )は、元宝塚歌劇団雪組トップスターで現在は女優兵庫県西宮市出身。 身長171センチ、血液型B型。出身校は尼崎市立昭和中学校。宝塚歌劇団時代の愛称は「モサク」。命名したのは同期の大地真央で、いわく、平の諸動作がモサッとしているから命名したという。 娘は、売れない元女優。 関西のイベント系のH社に平みちのコネで入社。

略歴[編集]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台・花組時代[編集]

『花かげろう/ラ・ラ・ファンタシーク』(3月 - 4月宝塚大劇場)*初舞台
4月に花組配属
ノバ・ボサ・ノバ』新人公演:ルーア神父 役(本役・松あきら)(9月、宝塚大劇場)
『ザ・レビュー』新人公演:すみれのダンサー男S 役(本役・室町あかね)(9月、宝塚大劇場)
風と共に去りぬ』新人公演:アシュレ・ウィルクス 役(本役:松あきら)(3月、宝塚大劇場)
『遙かなるドナウ/エコーズ(絵光図)』新人公演:ハンス 役(遙かなる~)/カマキリ(男) 役(エコーズ)(9月 - 11月、宝塚大劇場)
『チェックイン』ニューマン 役(8月宝塚バウホール
『舞え舞え蝸牛』新人公演:藤原道頼 役(本役:松あきら)(11月 - 12月、宝塚大劇場)
『刀を抜いて』船吉 役(1月、宝塚バウホール)
『花小袖/プレンティフル・ジョイ』弥太 役、新人公演:名古屋山三郎 役(本役・春日野八千代)(花小袖)(5月 - 6月、宝塚大劇場)
『友よこの胸に熱き涙を』ロベール 役、新人公演:フランツ 役(本役・松あきら順みつき)(11月、宝塚大劇場)
『宝塚春の踊り/恋天狗/ファースト・ラブ』小天狗 役(恋天狗)(3月 - 5月、宝塚大劇場)
『ミステリーラブ』ラブ 役(5月、宝塚バウホール)
『エストレリータ/ジュエリー・メルヘン』(10月 - 11月、宝塚大劇場)
『ボン・ボヤージュ!』ロバート・ブラマー 役(1月、宝塚バウホール)
『イブにスローダンスを』ロバート・フリーマン 役(6月、宝塚バウホール)
夜明けの序曲』櫛引弓人 役(8月 - 9月、宝塚大劇場)
第2回東南アジア公演に参加(12月
霧深きエルベのほとり/オペラ・トロピカル』フロリアン・ザイデル 役(霧深き~)/アリ 役(オペラ~)(2月 - 3月、宝塚大劇場)

雪組時代[編集]

  • 1983年
3月に雪組に組替え
うたかたの恋/グラン・エレガンス』ジャン・サルヴァドル大公 役(うたかた~)(5月 - 6月、宝塚大劇場)
『ブルー・ジャスミン/ハッピーエンド物語』ロドニー・グラント 役(ブルー・ジャスミン)(8月 - 9月、宝塚大劇場)
『風と共に去りぬ』アシュレ・ウィルクス 役(3月 - 5月、宝塚大劇場)
『千太郎纒しぐれ/フルビート』卯之吉 役(千太郎~)(9月 - 11月、宝塚大劇場)
『フロムハート物語』(2月- 3月、宝塚バウホール)
『花夢幻/はばたけ黄金の翼よ』ファルコ・ルッカ 役(はばたけ~)(1月 - 2月、宝塚大劇場)

雪組主演時代[編集]

  • 1985年
愛のカレードスコープ/アンド・ナウ!』エスカミオ、ジョージ、ビクトール 役(いずれも愛の~)(6月 - 8月、宝塚大劇場)
ショーボート』ゲイロード・ラヴェナル 役(1月、宝塚バウホール)
『大江山花伝/スカイ・ハイ・スカイ』茨木童子 役(大江山花伝)(2月 - 3月、宝塚大劇場)
『三つのワルツ』ルドルフ(オットー、フェルディナンド)・シュバルツェネック 役(8月 - 9月、宝塚大劇場)
『宝塚をどり賛歌/サマルカンドの赤いばら』アフラマズタ・ハッサン 役(サマルカンド~)(3月 - 5月、宝塚大劇場)
『リプライズ!』(5月 - 6月、宝塚バウホール)
『梨花 王城に舞う/ザ・レビュースコープ』マルコ・ポーロ 役(梨花~)(9月 - 11月、宝塚大劇場)
『風と共に去りぬ』レット・バトラー 役(1月 - 2月、宝塚大劇場)
『リプライズ!』(2月、日本青年館ホール)
たまゆらの記/ダイナモ!』安宿王 役(たまゆら~)(7月 - 8月、宝塚大劇場)

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

  • 麗しのサブリナ』(1989年)
  • 『LYLE』(1990年)
  • 『I DO I DO』(1991年)
  • 『狸御殿』新宿コマ劇場梅田コマ劇場
  • ザ・レビュー『サ・セ・パリ』、『ニューヨーク・ニューヨーク」』
  • ダンスミュージカル「ONE NIGHT ONLY!」(2007年)
  • 佐渡裕プロデュース喜歌劇「メリー・ウィドウ」(2008年)

テレビ[編集]

コンサート・ライブ[編集]

  • ステージ デュークエイセスショー ゲスト出演(1996年)
  • 「平みちディナーショー」 東京會舘、明治記念館 他多数
  • 「平みち コンサート」 宝塚ホテル・銀座ラ・ポーラ・近江楽堂 他
  • 「平みち チャリティーライブ」 リッツカールトン大阪(2011年5月)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』 阪急コミュニケーションズ 2014年4月1日 85頁。ISBN 9784484146010

関連項目[編集]