平和ラッパ・梅乃ハッパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

平和ラッパ・梅乃ハッパ(へいわ ラッパ・うめの ラッパ)は、吉本興業所属の音曲漫才コンビ。関西演芸協会会員。1987年10月コンビ結成。

コンビ結成以来毎年「笑いのおもちゃ箱」というイベントを開催している

メンバー[編集]

三代目平和ラッパ(へいわ ラッパ、1943年8月10日 - 、大阪府大阪市出身、本名:生井博司) - 立ち位置は左

  • 「アホ芸」で一世を風靡した二代目平和ラッパ・日佐丸の漫才にラジオで接し、ファンレターを送った事で楽屋に呼ばれるようになる。弟子入りを志願し断られたが、その後も楽屋に通いつめ、高卒後の1962年に入門
  • 1963年に川乃わたる、海乃ひろし(後の平和とんじ)と共に山乃たかしの名で音楽ショウ『スリーナイス』を結成し新世界新花月で初披露。
  • 1967年にスリーナイス解散。まもなく平和勝治(しょうじ)の名で平和勝次とギター漫才を組んだ際に、勝治・勝次では紛らわしいので平和勝一と改名
  • 勝次とのコンビ解消後、平和二郎と『勝一・二郎』を組んだが、ここも長続きせず解散。
  • 美容師出身の平和勝三と『勝一・勝三』を組み、更に勝八を加えた音楽ショウ『トリオOHK』を結成
  • 勝八が抜けたのを機会に、三代目平和ラッパと六代目平和日佐丸を同時に襲名し、『平和ラッパ・日佐丸』を復活させた。先代とは異なり「アホ」を売り物とせず、道頓堀浪花座をホームグラウンドに、従前ギター漫才を貫いた
  • 勝三(六代日佐丸)とのコンビ解消後、1987年に梅乃ハッパと現在のコンビを結成しフリーなどを経て、吉本興業に移籍
  • 現在大阪市内で「笑楽館」というスナックを経営している。
  • 立山センター・オーバーのセンターとは夫人同士が姉妹であるため義兄弟の間柄。

梅乃ハッパ(うめの ハッパ、1953年2月2日 - 、秋田県出身、本名:永井良治) - 立ち位置は右

  • 北秋田市立鷹巣中学校卒業後、吉本新喜劇の研修生になったが、1974年に脱退してルーキー新一門下に移籍
  • ミッキー修を名乗り、『新ルーキー劇団』の旗揚げに参加。以降、ルーキーの付き人として行動を共にしていた
  • 1975年にルーキーが関東転出した際も、漫才コンビの相方を務めて浅草松竹演芸場に連続出演し、帰阪したルーキーの最期も看取った
  • 師匠の没後、松竹芸能の『トリプルパンチ』に加入
  • 亭号の「梅乃」は「ハッパ」に掛けたものだが、師匠であるルーキー新一の漫才師時代(梅乃松夫)の亭号でもある.
  • 暁伸タイヘイ洋児と並ぶギブソンの使い手。現在舞台で愛用中のギターの中には、タイヘイ洋児や松島一夫から譲り受けたビンテージのギターがある。

来歴[編集]

  • 1987年 - コンビ結成。
  • 1997年 - 芸術祭優秀賞。
  • 1999年 - 吉本所属。
  • 同年 - 大阪文化祭賞。
  • 2004年 - 大阪舞台芸術奨励賞。
  • 2008年 - コンビ結成20周年。10月にワッハ上方で20周年の記念イベント「わらいのおもちゃ箱」を開催。

所属[編集]

  • 平和ラッパ
  • 梅乃ハッパ
    • 吉本→松竹→フリー→吉本

出演番組[編集]

  • 「ラッパ・ハッパの笑いのおもちゃ箱 」(OBC、土曜11:30 - 11:45)

映画[編集]

参考文献[編集]

  • 「現代上方演芸人名鑑」(少年社、1980年

関連項目[編集]