平成不況

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

平成不況(へいせいふきょう)とは、日本においてバブル崩壊後に訪れた不況のことである[1]

内閣府景気基準日付では、1991年平成3年)3月から1993年(平成5年)10月までの32か月間(第11循環後退期)、1997年(平成9年)6月から1999年(平成11年)1月までの20か月間(第12循環後退期)、および2000年(平成12年)12月から2002年(平成14年)1月までの14か月間(第13循環後退期)が景気後退期とされており[2]、それぞれ「第1次平成不況」(複合不況)、「第2次平成不況」(日本列島総不況)、「第3次平成不況」(デフレ不況)などと呼ばれる[3]

単に「平成不況」と言った場合、狭義では、第1次平成不況のことを指すが、広義では、第1次 - 第3次平成不況期間を含む1990年代 - 2000年代初頭の経済低迷期間、すなわち失われた10年のことを指す。

日本経済は2000年代以降も低迷(停滞)傾向が続いたため(失われた20年)、「平成時代の不況」の意味で、バブル崩壊以後の経済低迷期間を総称して「平成不況」と呼ばれることもある[誰によって?]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成不況とはコトバンク
  2. ^ 景気基準日付 - 内閣府
  3. ^ 資料編 各景気の名称 - 青森県

関連項目[編集]