平成琴姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
平成琴姫
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2012年 -
事務所 株式会社ジオ
公式サイト 平成琴姫 Official Website
メンバー 桜羽 るか
百々瀬 愛莉
斎藤 アン
如月ゆず
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

平成琴姫(へいせいことひめ)は、日本の女性4人組アイドルユニット。2015年5月1日よりジオプロモーション所属(2015年4月30日まで、ヒデコ・プロモーション所属)。 大正琴を改良したオリジナル楽器「平成琴」を用いパフォーマンスする。 2012年3月31日、DRESS AKIBA HALL(後の Akihabara MARZ:2014年12月31日に閉店)においてライブデビュー。2013年6月26日、「メロディ/琴姫ワッショイ音頭」でCDデビューした。 ファンの事を「衛兵」と呼ぶ。

メンバー[編集]

デビュー時のメンバーは、桃屋マミ、かとう唯、沙月美祐、桜羽るかの4名。
かとうと沙月は、平成琴姫参加前に「マイちゃんアミちゃん2011」[1][2]で共演歴があり、マイちゃんアミちゃんを卒業後も『二人そろって芸能活動続けよう』と上京後桃屋に出逢ったという。[3]平成琴姫結成後3人でマイアミで平成琴姫のライブを開催した。[4]
デビューよりリーダーを桃屋マミが担当していたが、2015年4月5日に開催された勿来の関公園 吹風殿での「三周年スペシャルライブ」のステージ上で沙月美祐にリーダーが交代する旨発表された。[5]
2015年4月22日に沙月美祐が卒業発表したため、リーダーがかとう唯に交代。
年齢は長らく非公表であったが、2015年6月8日にかとう唯が年齢を公開した。[6]
2015年6月26日に新メンバーが、Coco海里、神楽 あゆ、仲村 一夏であることが日刊SPA!の記事内で公開された。[7]
2016年4月22日にかとう唯が卒業発表。それに伴って加入する新メンバーが胡桃菜々であることが「きみだけLIVE」内で発表された。
2016年7月27日に月島いずみが5人目のメンバーとして加入することが発表、8月6日開催の「TOKYO IDOL FESTIVAL 2016」にて5人体制のステージが初お披露目された。
2016年9月2日のライブで、9月7日に月島いずみが、家庭の事情と学業に専念するためとの理由で卒業、及び、2016年10月4日にCoco海里、神楽 あゆ、仲村 一夏、胡桃菜々の全メンバーの卒業と平成琴姫の解散が発表される。
2016年9月16日、公式ブログにて「解散」ではなく「現体制解散と活動休止」と訂正の発表があり、併せて新メンバーの募集も開始された。
2016年12月6日、オリジナルメンバーである桜羽るかをリーダーに、新メンバーとして百々瀬愛莉、斎藤アンが発表された。
2016年12月12日、4人目のメンバーが如月ゆずであると発表された。

現メンバー[編集]

プロフィール[8]
名前 誕生日 出身地 血液型 趣味 特技 愛称 イメージカラー 担当 備考
桜羽 るか
(さくらば るか)
1992年8月31日 栃木県 A型 作詞 イラスト
お菓子作り
るかちゃん/るか姫 くちびる担当 2013年12月4日まで”桜木 ちひろ”名義で活動。
2014年4月22日付けで脱退が発表された。
それまでのカラーおよび担当は”赤”、”クール&セクシー担当”
2016年12月6日よりリーダーとして平成琴姫に復帰。
百々瀬 愛莉
(ももせ あいり)
1996年1月24日 不明 ウィンドウショッピング 歌・ダンス・スティッチのものまね あいりん/あい姫 桃色 メルヘン担当
斎藤 アン
(さいとう あん)
1996年10月30日 鹿児島県        あっちゃん/あん姫 朱色 バリスタ担当
如月 ゆず
(きさらぎ ゆず)
1996年1月1日          ゆったん/ゆず姫 桜色 パンダ担当

元メンバー[編集]

名前 誕生日 出身地 血液型 趣味 特技 愛称 イメージカラー 担当 備考
かとう 唯
(かとう ゆい)
1990年6月30日 三重県 A型 絵をかく
ちびっこと遊ぶ
食べ頃のアボカドを見極めること
ダジャレを考えること
ゆい姫/ゆいちゃん ピンク バラエティ担当 2015年4月22日より2016年7月9日までリーダーを担当
2015年3月8日まで”加藤 唯”名義で活動
桃屋マミ
(ももや まみ)
1989年3月28日 愛知県 O型 読書 そば打ち
トランペット
超音波の声を出せる
もも姫
ももぞふ
もーたん
お絵描き担当 デビューより2015年4月5日までリーダーを担当
「担当」を早起き担当からお絵描き担当へ変更[9]

2015年6月7日、西麻布BELG TOKYOでのライブをもって卒業。
イラストレーターを目指すため芸能界引退。
2016年結婚、現在は一児の母。[10]

沙月 美祐
(さつき みゆう)
1988年5月6日 岐阜県 不明 散歩
買い物
クラウチングスタート
100m走
料理
みゆ姫
みゆにゃ
みーたん
癒し系担当 2015年4月5日より4月22日までリーダーを担当
2012年12月11日まで
”竹林 歩美”名義で活動[11]

2015年6月7日、西麻布BELG TOKYOでのライブをもって卒業。
2015年9月6日に6人組バンド”Voice of Mind”に加入することが、本人のブログ[12]で発表された。

Coco海里
(ここみさと)
1991年5月31日 神奈川県 B型 テーマパーク知識 ここちゃん 色白担当 2016年7月10日から10月4日までリーダー
神楽 あゆ
(かぐら あゆ)
1996年1月3日 東京都 O型   口曲げ あゆちゃん 鎖骨担当
仲村 一夏
(なかむら いちか)
1994年5月9日 大阪府 A型 お菓子作り いっちゃん お米担当
胡桃 奈々
(くるみ なな)
1995年5月23日 神奈川県 O型 バレーボール くるみん ビタミン担当
月島いずみ
(つきしま いずみ)
1997年10月7日 O型 いらすと いずみん お昼寝担当

琴姫四ヶ条[編集]

平成琴姫には”掟”がありそれを「琴姫四ヶ条」と呼ぶ。 「琴姫四ヶ条」は以下の通り。

壱 ファンの方を「衛兵」と呼ぶ
弐 世界に3つしかない「平成琴」
参 ライブごとに発行している「手作り新聞」
四 礼に始まり礼に終わる

平成琴[編集]

大正琴を改良したオリジナル楽器で、平成琴姫メンバーがそれぞれ持つ5台しか世界に存在しない。 静岡県浜松市にある株式会社三創楽器製作所によって製作された。ここでは「平成琴」と同じコンセプトで「ショルダーハープ」という楽器も製造している[13]

活動[編集]

ライブを中心に、メディア(地上波、インターネット放送、ラジオ、雑誌等)にも積極的に出演している。
平成26年(2014年)4月22日の秋葉原の神タワーライブにて、楽曲の作詞を行うこともあった桜羽るかが急遽脱退する旨が発表された。
平成27年(2015年)4月22日、新宿の代アニliveステーションで行われた定期ライブにて、初代リーダー桃屋マミ、二代目リーダー沙月美祐が、6月7日の卒業ライブを以って卒業する事が発表された。
平成27年(2015年)5月1日、渋谷のduo MUSIC EXCHANGEで行われた「IDOL御三家2015 vol.3」にて、平成琴姫の所属事務所がジオプロモーションへ移籍されることが発表された。

平成28年(2016年)4月22日、新宿ReNY行われたライブにて、3代目リーダーかとう唯が7月に卒業する事が発表された。

ライブ履歴(今後開催予定を含む)[編集]

ライブ活動は、平成琴姫自身が主催するライブのほか、外部イベントの対バンライブなどに出演。 東京都内のライブハウスがメインであるが、名古屋、大阪などへの遠征も多い。

平成琴姫の主催ライブは、歌・演奏をメインとした「姫会」、音楽以外の楽しめる企画(「ドキドキ告白大作戦!」など)を盛り込んだ「琴姫城」、および野外ステージで観覧無料で行われる「ヒデコまつり」がある。また2014年2月6日からはAKIBAドラッグ&カフェにてゲストを迎えた定期公演を開始、2015年2月18日より日程を第2,4水曜日に、会場を代アニLIVEステーションに変更して定期公演を開催していた。2015年9月14日からは、浅草花やしきに於いて「平成琴姫定期ライブ」を、また2015年10月15日からは渋谷DESEO miniにおいて定期ライブ「平成琴姫だよ渋谷に集合!」を開催している。

海外初進出として、2015年7月10日〜12日にイギリス・ロンドンにて開催される英国最大のJapanフェス「HYPER JAPAN Festival 2015」に出演[14]

ライブではパフォーマンスの最初と終了後に毎回「三つ指の礼」という挨拶が行われる。 また、ライブでは毎回メンバーが順番に手作りしている「平成琴姫通信」という新聞が配られる。

定期公演[編集]

2017年3月10日より、「さぁ皆んな渋谷に集合!平成琴姫定期ライブ」を開催している。

定期ライブ(さぁ皆んな渋谷に集合!平成琴姫定期ライブ)開催一覧。

日付 会場 他の出演者
2017年3月10日 渋谷 RUIDO K2 ブルートリップ./Sparkle Pink Ruby/KissBeeYouth/ハニースパイス
2017年4月30日 渋谷DESEO TEARS-ティアーズ-/アンダービースティー/はっぴっぴ/スプリングChu♡bit/UPローチ/東京CuteCute/ヤンチャン学園/蜂蜜★皇帝/百花繚蘭/電撃少女-Electric Girl-

2016年6月16日より、秋葉原moe farre (モエファーレ)にて「平成琴姫定期公演」を開催している。

定期ライブ(東京・秋葉原「moe farre (モエファーレ)」)開催一覧。

日付 他の出演者
2016年6月16日 突撃☆ランチボックス/リーブルエール/Lunasophila/まどもあ54世/リトルビースティ/Splash!

2015年9月14日より2016年3月16日まで、浅草 花やしき座にて定期ライブ「平成琴姫定期ライブ」が開催されていた。

定期ライブ(東京・浅草「花やしき座」)開催一覧。

日付 他の出演者
2015年9月14日 (調査中)
2015年11月24日 スルースキルズ/グラドール/白星ウィクトーリア/北風インパクト/キラキラ☆プリンセス
2015年12月16日 buttёrfly.ねっと/アンダービースティー/リーブルエール/loop/BABY☆STAR/白星ヴィクトーリア/早乙女ゆみの(マボロシ可憐GeNE)
2016年1月20日 エコ怪獣/Bottom-Up!/イチサキミキ/Lunasophila/福永幸海/アンダービースティー/リーブルエール
2016年2月18日 はちきんガールズ/リーブルエール/DISDOL/メトロポリス、/アンダービースティー/花言葉はイノセンス/アイドル諜報機関LEVEL7/演歌女子ルピナス組
2016年3月16日 福永幸海/フレンド♡フレンド/グラドール/littlemore./パチ☆スター/病ンドル

2015年10月15日より、渋谷DESEO miniにて定期ライブ「平成琴姫だよ渋谷に集合!」が開催される。

定期ライブ(東京・渋谷「DESEO mini」)開催一覧。

日付 他の出演者
2015年10月15日 Splash!/ACATOCRO★/aotociro☆/サミツミサ/clipclip/芹沢南
2015年11月17日 ACATOCRO★/aotociro☆/三倉みく/小熊あやめ/今井聖莉南(百花繚蘭)/大空美月

2015年2月18日より4月22日まで、代アニLIVEステーションにて『平成琴姫定期パーティー』が開催されていた。

定期パーティー(東京・新大久保「代アニLIVEステーション」)開催一覧。

日付 他の出演者
2015年2月18日 ange、knit、里咲りさ、全力Girl☆なななな、COCORO♥ODORU
2015年3月11日 Honey Squash、星野あいな
2015年3月25日 notall、星野あいな、白石さくら、新穂貴城
2015年4月8日 (ゲストなしの平成琴姫ワンマンで開催)
2015年4月22日 (ゲストなしの平成琴姫ワンマンで開催)

また、2014年10月31日より第2, 4金曜日に(例外もあり)、名古屋・Carnival☆Stars(カーニバルスターズ)にて定期ライブ「平成琴姫の大名古屋ワッショイ!」を開催していた。2015年11月20日から「平成琴姫だよ!おお~っす集合」とイベントタイトルを変え定期ライブを再開。

日付 他の出演者(備考)
2014年10月31日 亜城なえ(Carnival☆Stars)
2014年11月14日 まりえ(Carnival☆Stars)
2014年11月28日 おやゆびプリンセス、まりえ(Carnival☆Stars)、LUI◇FRONTiC◆松隈JAPAN(現:LUI FRONTiC 赤羽JAPAN
2014年12月12日 (ゲストなしの平成琴姫ワンマンで開催)
2015年1月9日 池本真緒
2015年1月30日 (ゲストなしの平成琴姫ワンマンで開催)
2015年2月13日 (ゲストなしの平成琴姫ワンマンで開催)
2015年2月27日 (ゲストなしの平成琴姫ワンマンで開催)
2015年3月13日 ROLE
2015年4月10日 (ゲストなしの平成琴姫ワンマンで開催)
2015年4月24日 (ゲストなしの平成琴姫ワンマンで開催)
2015年10月24日 (「平成琴姫だよ!おお~っす集合」とイベントタイトルを変更)
2015年11月20日 蜂蜜★皇帝
2015年12月18日 ハニースパイス
2016年2月5日
2016年3月18日 きみだけのおひめさまに!、蜂蜜★皇帝

AKIBAドラッグ&カフェにて、2014年2月6日より2015年1月15日まで、基本的に第1, 3木曜日に開催されていた(例外もあり)。 毎回ゲストを呼んでの2マンライブもしくは、3マンライブ形式を取っていた。

定期公演(東京・秋葉原「AKIBAドラッグ&カフェ」)開催一覧。

日付 他の出演者
2014年2月6日 純情トロピカル丸
2014年2月20日 柊木りお
2014年3月6日 (ゲストなしの平成琴姫ワンマンで開催)
2014年3月20日 ハニースパイス
2014年4月3日 Splash!
2014年4月17日 ハニースパイス
2014年5月15日 ハニースパイス
2014年5月29日 柊木りお
2014年6月5日 DearDoll
2014年6月19日 熊田佳奈絵、井水優菜
2014年7月3日 Honey Squash
2014年7月17日 さっちゃん、小熊あやめ
2014年8月7日 ハニースパイス、Honey Squash
2014年9月4日 さっちゃん、小熊あやめ
2014年9月18日 Splash!、Honey Squash
2014年10月2日 Honey Squash、DearDoll
2014年10月16日 ハニースパイス柊木りお
2014年11月6日 Splash!
2014年11月20日 ハニースパイス柊木りお
2014年12月4日 WenDee
2014年12月18日 FES☆TIVE
2015年1月15日 WenDee、菜月アイル

姫会開催履歴[編集]

日付 イベント名 会場
2012年9月7日 姫会Vol.1 秋葉原 神Tower 神Space
2012年9月23日 姫会Vol.2 秋葉原 神Tower 神Space
2012年10月12日 姫会Vol.3 秋葉原 神Tower 神Space
2012年10月25日 姫会Vol.4 秋葉原 神Tower 神Space
2012年11月9日 姫会Vol.5 秋葉原 神Tower 神Space
2012年12月24日 姫会Vol.6 秋葉原 神Tower 神Space
2013年1月26日 姫会Vol.7 秋葉原 神Tower 神Space
2013年2月14日 姫会Vol.8~バレンタインスペシャル~ 秋葉原 神Tower 神Space
2013年3月3日 「姫会X」(姫会vol.9) with 五人囃子 初台DOORS
2013年4月14日 姫会Vol.10 名古屋TAURUS
2013年6月20日 姫会Vol.11 with 三人囃子 荻窪ルースターノースサイド
2013年7月18日 姫会Vol.12 秋葉原 神Tower 神Space
2013年8月2日 姫会Vol.13 秋葉原 神Tower 神Space
2013年10月12日 「姫会X」(姫会Vol.14)with 五人囃子 Birth新宿

琴姫城開催履歴[編集]

日付 イベント名 会場
2012年5月3日 琴姫城Vol.1 吉祥寺space-NOP
2012年6月24日 琴姫城Vol.2 吉祥寺space-NOP
2012年7月27日 琴姫城Vol.3 名古屋TAURUS
2012年8月19日 琴姫城Vol.4 吉祥寺space-NOP
2012年8月26日 琴姫城Vol.5 名古屋TAURUS
2012年10月14日 琴姫城Vol.6 名古屋TAURUS
2012年12月14日 琴姫城Vol.7 渋谷Glad
2013年5月12日 琴姫城Vol.8 with 五人囃子 渋谷REX
2013年7月7日 琴姫城Vol.9 with 五人囃子 新宿RUIDO K4
2013年8月18日 琴姫城Vol.10 納涼仮装大会! 渋谷REX

ヒデコまつり開催履歴[編集]

日付 イベント名 会場 他の出演者
2012年4月30日 第1回ヒデコまつり 吉祥寺 井の頭恩賜公園野外ステージ 花岡優平、川神あい、門西恋
2012年7月8日 第2回ヒデコまつり 吉祥寺 井の頭恩賜公園野外ステージ
2012年9月9日 第3回ヒデコまつり 吉祥寺 井の頭恩賜公園野外ステージ
2012年12月2日 第4回ヒデコまつり
「平成琴姫の野外やりたい放題だよライブ」
吉祥寺 井の頭恩賜公園野外ステージ
2013年5月6日 第5回ヒデコまつり
「平成琴姫の野外ほっこりしようよ!ライブ」
吉祥寺 井の頭恩賜公園野外ステージ
2013年8月4日 第6回ヒデコまつり
「平成琴姫の野外でワッショイしようよ!」
吉祥寺 井の頭恩賜公園野外ステージ
2013年8月25日 第7回ヒデコまつり[15] 千葉モノレール コンコース mocomoco、BWH、小熊あやめ

その他の主催イベント・生誕祭開催履歴[編集]

日付 イベント名 会場 備考
2013年1月6日 新年会2013 吉祥寺space-NOP
2013年2月6日 「琴姫城vol.7」DVD上映会 秋葉原 神Tower 神Space
2013年2月10日 「琴姫城vol.7」DVD上映会in京都 シダックス京都河原町三条クラブ
2013年2月21日 衛兵会議&ミニライブ 秋葉原 神Tower 神Space
2013年2月28日 衛兵会議&ミニライブ 秋葉原 神Tower 神Space
2013年3月28日 桃屋マミ生誕祭 秋葉原 神Tower 神Space
2013年3月31日 平成琴姫一周年記念LIVE DRESS AKIBA HALL
2013年6月29日 1stCDメロディ発売記念ライブ 秋葉原 神Tower 神Space
2013年8月31日 桜木ちひろ ばーすでーぱーちぃ 銀座パセラ2F Gamran Ball・ロンボク
2013年10月31日 平成琴姫のハロウィンニコニコパーティ 秋葉原 神Tower 神Space
2013年12月24日 クリスマスは琴姫と過ごさナイト! 秋葉原 AKIBAエンタメステージ
2014年1月4日 新年会2014 吉祥寺space-NOP
2014年1月11日 「春の海~姫たちの戦い」with 五人囃子 渋谷WOMB
2014年3月28日 桃屋マミ生誕祭「モモヤーランドへようこそ!」 秋葉原 AKIBAエンタメステージ
2014年4月2日 平成琴姫二周年記念LIVE 渋谷RUIDO K2
2014年4月8日 2ndCD発売感謝祭記念ライブ「春の海~姫たちの戦い・AGAIN!」 渋谷Glad
2014年5月6日 「沙月美祐生誕祭~ごろごろニャンコの日」 新宿RUIDO K4
2014年6月30日 「加藤唯生誕祭」 渋谷RUIDO K2
2014年8月10日 「下克上」 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE ゲスト:TOMOCA。鼓:木田ゆきの、尺八:田中黎山
2014年9月26日 主催LIVE~紅葉月の誘惑~ 渋谷RUIDO K2 ゲスト:Splash!、柊木りお、ナト☆カン、DearDoll
2015年1月5日 新年会「琴姫神社」 吉祥寺space-NOP
2015年1月19日 「IDOL御三家2015」Presented by IshikawaSensei 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE 他出演:KNUハニースパイス
O.A :Muse、レッドリボン軍、AngeLip
2015年2月5日 「平成琴姫のチョコっと早いバレンタイン!」 AKIBAドラッグ&カフェ
2015年3月8日 「夢見月~春一番!」 新宿ReNY
2015年3月19日 「IDOL御三家2015 vol.2」Presented by IshikawaSensei 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE 他出演:KNUハニースパイス
O.A :あんぴな、AngeLip
2015年3月30日 「もも姫生誕祭」 新宿ReNY 他出演:
HoneySquash、神宿、FES☆TIVE、loop、
ミレニアムガールズ、まどもあ54世、百花繚蘭、
ハニースパイス、コスミックガール、AngeLip、
ステーション♪、Lullcherie、アンダービースティー、
Muze!!、T!P、ケドナニカ?
2015年4月5日 三周年スペシャルライブ 勿来関 吹風殿
2015年5月1日 「IDOL御三家2015 vol.3」Presented by IshikawaSensei 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE 他出演:KNUハニースパイス
O.A :レッドリボン軍、AngeLip
2015年5月4日 「沙月美祐生誕祭」 新宿ReNY 他出演:
FES☆TIVE、Honey Squash、Whoop!e whoop!e、
メグリアイ、星乃ちろる、loop、アイドル諜報機関LEVEL7、
Dee’soul、notall、RynRyn☆ミどろっぷ、dora☆dora、
ウルトラガール滝口成美、ねがいごと、jewel*mariee
千葉CLEAR’S、AngeLip、天空音パレード、さくらんぼう注意報、
Jeanne Maria、まどもあ54世、mind circus、あいす☆ぱれっと、
RYUKYU IDOL、Kus Kus、Cherry♡Cinderella
2015年5月24日 「姫会大阪Vol.1 エンヤコラどっこい浪速っしょい!」 HOLIDAY OSAKA
2015年6月7日 「沙月美祐、桃屋マミ卒業ライブ」 西麻布 BELG TOKYO
2015年6月30日 「かとう唯 生誕祭」 新宿MARZ ハニースパイス、Splash!、Honey Squash
2015年11月8日 「琴姫城RETURNS 新宿RUIDO K4
2015年12月31日 カウントダウンライブ 大須・カーニバルスターズ
2016年1月3日 「神楽あゆ生誕祭」 渋谷club asia ハニースパイス、ベースボールガールズ、エルフロート、

DISDOL、Honey Squash、Twinkle☆Stars、Love☆Cha、
アイドル諜報機関LEVEL7、アンダービースティー、リーブルエール、
TJ(トーンジュエル)、WA-Side、バブルついんず!、impression、
みのりほのか、SEXY☆レボリューション、CDEangel、clipclip、
AngeLip、魔法少女☆りりぽむ、aotociro☆

2016年1月4日 新年会 吉祥寺space-NOP
2016年1月31日 「告白大作戦姫会NAGOYA」 名古屋HOLYDAY NEXT
2016年2月28日 「風神雷神」 新宿ReNY
2016年3月31日 平成琴姫 4th Aniversary 渋谷DESEO
2016年4月28日 平成琴姫 ワンマンライブ Haru no Umi 吉祥寺CLUB SEATA
2016年7月9日 「全力元気ポジティブ100%」 川崎CLUB CITTA'

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

2013年6月26日、ファーストシングル「メロディ」リリース。 2013年7月8日付のオリコンウィークリー総合40位[16]、オリコンインディーズチャート1位を獲得した。[17]
2014年4月8日、セカンドシングル「Darkness~心の闇」リリース。この楽曲は三重県志摩市内科医をしながら歌手活動も行うあがわ医院の曲をカバーしたものである[18][19]。 2014年4月21日付のオリコンウィークリー総合13位[20][18][19]、オリコンインディーズチャート1位を獲得した[21]
2015年2月3日 3rdシングル「乙女革命」(cw「春一番!」)リリース。 2015年2月16日付のオリコンウィークリー総合19位[22]、オリコンインディーズチャート2位を獲得した。[23]

# タイトル リリース日 レーベル 品番 備考
1 メロディ 加藤唯 version Pink 2013年6月26日 Ripple records RIPPLE0001a cw/琴姫ワッショイ音頭!
メロディ 沙月美祐 version Blue RIPPLE0001b
メロディ 桃屋マミ version Yellow RIPPLE0001c
メロディ 桜木ちひろ version Red RIPPLE0001d
メロディ -regular edition- RIPPLE0001e
2 Darkness~心の闇 通常版 2014年4月8日 Ripple records RIPPLE0002a cw/フェアリーテイル
Lonely End~儚い夢 初回限定版 RIPPLE0002b cw/Darkness~心の闇
Darkness~心の闇 初回限定版ソロ 加藤唯 version Pink RIPPLE0002c cw/フェアリーテイル
Darkness~心の闇 初回限定版ソロ 沙月美祐 version Blue RIPPLE0002d
Darkness~心の闇 初回限定版ソロ 桃屋マミ version Yellow RIPPLE0002e
Darkness~心の闇 初回限定版ソロ 桜羽るか version Red RIPPLE0002f
Darkness~心の闇 初回限定版DVD付2枚組 RIPPLE0002g
3 乙女革命 通常版 2015年2月3日 Ripple records RIPPLE0003a cw/春一番!
乙女革命 限定版・DVD付 RIPPLE0003b
乙女革命 限定版・沙月美祐 version blue RIPPLE0003s
乙女革命 限定版・加藤唯 version pink RIPPLE0003k
乙女革命 限定版・桃屋マミversion yellow RIPPLE0003m

アルバム[編集]

2016年3月1日、ファーストアルバム「笑顔 全力 努力 ガッツ 平成琴姫ナンバーワン!」リリース。
2016年2月29日付のオリコンデイリーCDアルバムランキング 5位[24]、2016年3月14日付のオリコンウィークリーCDアルバムランキング 47位[25]を獲得した。

# タイトル リリース日 レーベル 品番 備考
1 通常盤 2016年3月1日 Ripple records RIPPLE0004a 収録曲・全12曲入(順不同)

イントロダクション
乙女革命
春一番!
GOGOJET
ひゅるり
恋文
メロディ
真夏のシャボン玉
Love Magic~恋の魔法
フェアリーテイル
OTOME Revolution
さくらさくら

かとう唯 version pink RIPPLE0004b
Coco海里 version green RIPPLE0004c
仲村一夏 version yellow RIPPLE0004d
神楽あゆ version blue RIPPLE0004e

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

  • 「~D☆D~だれでもだいすき~エンタメニュース」(テレビ埼玉:2012年12月7日、26:00~26:30、テレビ神奈川:2012年12月12日、25:30~26:00、千葉テレビ放送:2012年12月13日、25:00~25:30)
  • ハッピーMusic」(日本テレビ)の「ジモドル47」のコーナー(2013年3月8日および15日)
  • 銭形金太郎ビンボーさん秋祭りスペシャル」(テレビ朝日)の「現役アイドル貧乏さん」のコーナー(2013年10月3日)
  • 音楽情報番組Music B.B.にて「Darkness~心の闇」のMVがオンエア(2014年3月31日~2014年4月27日)
  • TBS系列COUNT DOWN TV「大注目コンセプトアイドル特集」にて、「千本桜」の平成琴での演奏などがオンエア(2014年11月15日)
  • 「ノブコブの平成キテます!リサーチ2015春」(静岡放送SBSテレビ:2015年3月29日 16:00-17:00)
  • 「PON!」(日本テレビ:2015年11月10日 10:25-11:30)
  • 「2016 元旦から生放送 新年!メデタイ静岡~生でモチモチいかせて~」(静岡放送SBSテレビ:2016年1月1日 7:35-8:30)
  • 「全力坂」Coco海里が出演(テレビ朝日:2016年6月2日及び6月27日 25:10~)
  • 超ドSナイト「ケオラカOh!」Coco海里が出演(静岡放送SBSテレビ:2016年7月12日 24:10~)

ラジオ[編集]

レギュラー番組/冠番組
  • 「平成琴姫のおめざメロディ」みのおFM(2013年7月7日~。毎週日曜日午前10時30分~10時59分。2014年4月6日から午前9時30分~9時59分に。)[26]
  • ラジカル NEO ナイト「平成琴姫の乙女革命」(2015年12月7日~。Radio NEO 愛知、三重、岐阜の中京エリア FM79.5 MHz。毎週月曜日午後10:40-10:55 (予定、時間前後する場合あり))
その他出演
  • 「palette」レディオ湘南(2012年7月25日、ゲスト出演)
  • 「サタデー・ワイド・フィーバー」みのおFM(2013年2月9日、ゲスト出演)[27]
  • 〜IDOL SHOWCASE〜 i-BAN!!FM NACK5(2013年6月16日、電話出演)
  • 「あしたへ・・・笑顔りんりん水曜日」FMえどがわ(2013年7月10日、ゲスト出演)[28]
  • 「〜IDOL SHOWCASE〜 i-BAN!!」FM NACK5(2014年1月5日、ゲスト出演))[29]
  • 「Hot Spice!!」DJ:Happy だんばら(2014年5月3日~5日の間にRSK山陽放送、ABS秋田放送、KBS京都放送、BSN新潟放送、WBS和歌山放送、YBC山形放送で放送される。桃屋マミ、沙月美祐の2名がゲスト出演)
  • 「Hot Spice!!」DJ:Happy だんばら(2014年5月10日~12日の間にRSK山陽放送、ABS秋田放送、KBS京都放送、BSN新潟放送、WBS和歌山放送、YBC山形放送で放送される。加藤唯、桜羽るかの2名がゲスト出演)
  • 「ノブコブの平成キテます!リサーチ2015春」2015年3月29日 14:00-15:00 静岡放送SBSラジオ

舞台[編集]

  • 「天国のシャボン玉ホリデー」(2015年3月27日~3月29日、三越劇場、主催:日本喜劇人協会

インターネット放送[編集]

レギュラー番組/冠番組
  • 「平成琴姫のお仕事帰りは推し琴しナイト」内容:トーク(北参道放送局)(放送終了。2013年4月3日~2013年6月26日。隔週木曜日午後9時~10時)。北参道放送局の公式Youtubeチャンネル[30]にて、「お仕事帰りは推し琴しナイト」の全放送のダイジェスト動画がUPされている。
  • 「平成琴姫の今晩ワッショイ!」

平成琴姫が主催のニコニコ生放送によるトークとライブを組み合わせたイベント。一貫してこのタイトルで開催されており、開催日時、チャンネル、会場はたびたび変更されている。

日付 放送チャンネル 収録場所 備考
2013年11月7日 下北FM SFMホール 「DJ Tomoaki's Radio Show!」内の1コーナーとして配信された
2013年11月23日 神チャンネル 秋葉原 神Tower 神Space サブタイトル「~ワンマン7週間まえだけど~」
2013年12月4日 神チャンネル 秋葉原 神Tower 神Space サブタイトル「~ワンマン5週間まえだけど~」
2013年12月18日 神チャンネル 秋葉原 神Tower 神Space サブタイトル「~ワンマン3週間まえだけど~」
2014年1月14日 神チャンネル 秋葉原 神Tower 神Space サブタイトル「~ワンマン直後だけど~」
2014年1月28日 神チャンネル 秋葉原 神Tower 神Space
2014年2月25日 神チャンネル 秋葉原 神Tower 神Space
2014年3月25日 神チャンネル 秋葉原 神Tower 神Space
2014年4月8日 神チャンネル 秋葉原 神Tower 神Space
2014年4月22日 神チャンネル 秋葉原 神Tower 神Space
2014年5月31日 AKIBAエンタメチャンネル AKIBAエンタメステージ
2014年6月26日 AKIBAエンタメチャンネル AKIBAエンタメステージ
2014年7月23日 アキドラチャンネル AKIBAドラッグ&カフェ
2014年8月28日 AKIBAエンタメチャンネル AKIBAエンタメステージ
2014年9月25日 AKIBAエンタメチャンネル AKIBAエンタメステージ
2014年10月28日 AKIBAエンタメチャンネル AKIBAエンタメステージ
2014年11月26日 AKIBAエンタメチャンネル AKIBAエンタメステージ
2014年12月22日 AKIBAエンタメチャンネル AKIBAエンタメステージ
2015年1月27日 AKIBAエンタメチャンネル AKIBAエンタメステージ
2015年2月24日 AKIBAエンタメチャンネル AKIBAエンタメステージ
単発
  • 「平成琴姫のガールズトーク ワンマン前夜祭~3日前だけど!~」内容:トーク(2013年10月9日午後10時~、放送チャンネル:ニコニコ生放送「神チャンネル」。収録場所:秋葉原 神Tower 神Space)
  • 「平成琴姫のハロウィンニコニコパーティー☆」内容:トーク(2013年10月31日午後10時~、放送チャンネル:ニコニコ生放送「神チャンネル」。収録場所:秋葉原 神Tower 神Space)
その他出演
  • 「コミカルTV「ちんチロりん@room」」 内容:トーク&ライブ (2012年8月13日。放送チャンネル:ニコニコ生放送「コミカルTV」。収録場所:声優カフェ)
  • 「しぶはら★ニコ生 アイドルコレクション」 内容:トーク&ライブ(2012年10月5日、放送チャンネル:ニコニコ生放送「アイコレNEXT」。収録場所:渋谷O FLOOR)
  • 「しぶはら★ニコ生 アイドルコレクション。~冬だ!メリクリ!ワッショイショイ!!阿鼻叫喚アイドル涅槃変~ アイコレ冬の陣2012」 内容:トーク&ライブ(2012年12月22日、放送チャンネル:ニコニコ生放送「アイコレNEXT」。収録場所:渋谷WOMB
  • 「京都アイドルシティフェスタ2013」 内容:ライブ(2013年7月21日。放送チャンネル:ニコニコ生放送「Zi:Music Live」。収録場所:KBS京都ホール)
  • 「”もぐないと”×”United Tones of Scarlet”」 内容:トーク&ライブ (2013年8月6日。放送チャンネル:ニコニコ生放送「フォレストフォンチャンネル」。収録場所:渋谷DESEO)[31]
  • 「DDのすゝめ」 内容:トーク(2013年11月18日。午後10時~。USTREAM放送)
  • 「アニドルTVプレミアムSP」 内容:トーク(2014年4月28日。放送チャンネル:ニコニコ生放送「レディオガガチャンネル」。収録場所:秋葉原Egg-man tokyo east)[32]
  • 「LIVEアイドル図鑑 投票中間速報!」 内容:トーク(2014年6月8日。放送チャンネル:ニコニコ生放送「AKIBAエンタメチャンネル」。収録場所:AKIBAエンタメステージ)[33]
  • 「KawaiianTV」内の番組「グッモーニンッ!アイドルRadio体操!」 ♯16[34](2015年3月21日、7:30〜8;00放送)
  • ウエディング専門のインターネット放送局「Wedding Channel」の「横浜ウエディングストーリー#23」及び「#24」に出演。「さくらさくら」を平成琴で演奏、「Love Magic〜恋の魔法」をパフォーマンスした。[35] [36](2015年4月15日及び22日)

雑誌[編集]

  • 『TopYell』 2013年5月号 「アイドルのリアルな日常」に加藤唯が掲載される。
  • 『TopYell』 2013年7月号 「アイドルのリアルな日常」に沙月美祐が掲載される。
  • 『TopYell』 2013年9月号 「アイドルのリアルな日常」に桜羽るか(掲載時は「桜木ちひろ」名義)が掲載される。
  • 『TopYell』 2013年11月号 「アイドルのリアルな日常」に桃屋マミが掲載される。
  • 週刊プレイボーイ』 No.43 2013年10月28日号の「進化系グループアイドル名鑑 100組666名の希望と不安」に掲載される。
  • フリーペーパー 『iDolspot』vol.10(2013年11月13日発行)の「美少女自撮り図鑑」に沙月美祐が掲載される。
  • 『TopYell』 2014年1月号 に「平成琴姫の秘密を探る」が掲載される。
  • 『TopYell』 2014年3月号 に「平成琴姫を100倍(?)楽しむ4つのツボ!!」が掲載される。
  • 『TRASH-UP』 Vol.17(2014年2月25日発売) の「アイドル50人に聞く2013年私のベスト5!!」に桃屋マミが掲載される。
  • TopYell増刊号『Fire』(2014年6月25日発売) 「今観るしか! 鬼熱現場」に掲載される。
  • Ranzuki』2015年1月23日発売「キワモノアイドル」に掲載される。
  • 『TRASH-UP』 Vol.21(2015年2月5日発売) の「アイドル251人に聞く2014年私のベスト5!!」に桃屋マミが掲載される。

書籍[編集]

  • 2012年8月14日発売、「インディーズ・アイドル名鑑」に掲載される。出版社:東京キララ社。
  • 2013年11月19日発売、「LIVEアイドル図鑑」に掲載される。出版社:オークラ出版
  • 2014年2月4日発売、「LIVEアイドル図鑑 vol.2」に掲載される。出版社:オークラ出版。
  • 2014年2月26日発売、「アイドル最前線2014」の「IDOL INTERVIEW」に加藤 唯が掲載される。出版社:洋泉社
  • 2014年4月30日発売、「LIVEアイドル図鑑 vol.3」に掲載される。付録DVDにもライブの模様が収録。出版社:オークラ出版 。

新聞[編集]

  • 日刊ゲンダイ 2012年8月21日号 「@失礼します」に加藤唯が掲載される。
  • 日刊ゲンダイ 2012年8月31日号 「@失礼します」に沙月美祐(掲載時は「竹林歩美」名義)が掲載される。
  • 日刊ゲンダイ 2012年9月6日号 「@失礼します」に桃屋マミが掲載される。
  • 日刊ゲンダイ 2012年9月15日号 「@失礼します」に桜羽るか(掲載時は「桜木ちひろ」名義)が掲載される。
  • 日刊ゲンダイ 2014年8月1日号 「泣いて笑って踏ん張って 役者・芸人 貧乏物語」に桃屋マミが掲載される。

インターネット・メディア[編集]

  • アイドル情報専門のニュースサイト「iDol spot」インタビュー「「平成琴姫」大躍進の2013年とワンマンライブへの想い」[37](2014年1月2日掲載)
  • アイドル情報専門のニュースサイト「iDol spot」ライブレポート「平成琴姫ワンマン目標達成とセカンドシングル決定」[38](2014年1月13日掲載)
  • 「アイドル誕生!TV」独占インタビュー「日本を代表するアーティストになって海外進出したいです!」[39](2014年3月9日)
  • 「アイドル誕生!TV」独占インタビュー「JPSガールズボイス ベルサス 2014春フェス」出演記念インタビュー[40](2014年3月24日)
  • アイドル情報専門のニュースサイト「iDol spot」ライブレポート「次は下克上で天下取り!?平成琴姫セカンドシングル感謝イベントレポート」[41](2014年4月21日掲載)
  • 「アイドルわちゃ」【独占インタビュー】和風アイドル「平成琴姫」[42](2014年8月10日)
  • 「アイドルわちゃ」和風アイドル「平成琴姫」が渋谷で重大発表!ライブレポート[43](2014年8月10日)
  • 中日新聞プラス「パンキングのアイドル界隈応援団」愛知・三重・岐阜から、夢を叶えに東京で集まったよ!「平成琴姫」[44](2014年12月19日)
  • ソーシャルミュージックサイト「OK Music」平成琴姫、ワンマンライブで念願の海外進出を発表[45](2015年3月10日掲載)
  • アイドル情報専門のニュースサイト「iDol spot」平成琴姫ワンマンライブ『夢見月~春一番!』ライブレポート「衛兵様のたくさんの笑顔が見れました!」[46](2015年3月15日掲載)
  • アイドル情報専門のニュースサイト「iDol spot」平成琴姫、初舞台直前インタビュー『ターニングポイントになる舞台』[47](2015年3月28日掲載)
  • ソーシャルミュージックサイト「OK Music」平成琴姫、3周年ライブでリーダー交代新体制を発表[48](2015年4月11日掲載)
  • ソーシャルミュージックサイト「OK Music」平成琴姫が新生体制の旗揚げに伴い、新メンバー募集オーディションを開始[49](2015年4月30日掲載)
  • 日刊SPA!「緊迫のアイドルオーディション現場にナマ密着――新生「平成琴姫」誕生の舞台裏」[7](2015年6月26日掲載)
  • おたぽる「よりパワーアップしたねって感じてもらいたい!」 新スタートを切った“新生平成琴姫”に迫る![50](2015年9月26日掲載)
  • 平成琴姫ワンマンライブ『琴姫城 RETURNS』レポート「新章の幕開け」[51](2015年11月11日掲載)

その他[編集]

  • Androidスマートフォン用壁紙アプリ「Smadeco(スマデコ)」の「平成琴姫きせかえ壁紙[52]」(2013年5月10日公開)
  • 「日本初、日替わりクーポンサイトPiku(ピク)[53]」とのコラボ
  • DAMチャンネル出演 内容:トーク、MC:松井玲奈/古畑奈和(SKE48)(2015年3月17日より)[54]
  • LINEスタンプを公開「平成琴姫-LINEスタンプ[55]」(2015年4月24日公開)
  • アイドルとファンを結ぶコミュニケーションアプリ「DMM.yell」に、かとう唯が参加[56](2015年5月27日公開)

ファンクラブ[編集]

ファンクラブを「琴姫城」といい、平成琴姫公式サイトから入会できる。入会金・会費等がなく、一切無料。

メールアドレスを登録すると月1回の平成琴姫メルマガ「琴姫瓦版」が送信される。会員だけの特典・限定情報などが配信される。号外もあり。

また、平成琴姫の主催ライブなどの中で「おたんじょう会」が月1回程度開催。その際に、その月が誕生日の会員には平成琴姫メンバーから手書きのメッセージカードが進呈される。(誕生日は事前に申請が必要)

五人囃子[編集]

平成琴姫のバックバンドのことを「五人囃子」と呼ぶ。 おもにワンマンライブの際にバックバンドを務める。シングル「メロディ」にも参加。

メンバーは以下の通り、

  • ドラム : たくや☆(坂本拓矢) (2014年8月10日「下克上」)
  • ベース : 石川栄一 (2014年4月8日「春の海~姫たちの戦い・AGAIN!」~)
  • サックス : マヒマヒ
  • トロンボーン : 原田彩香(2016年7月9日「全力元気ポジティブ100%」)

元メンバー

  • ベース : 上田梨央 (~2014年1月11日「春の海~姫たちの戦い」with 五人囃子)
  • ドラム : 中村慶太 (~2014年4月8日「春の海~姫たちの戦い・AGAIN!」)
  • ギター : 花岡将太郎 (~2015年3月8日「夢見月~春一番!」)
  • トロンボーン : グリフィー

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 名古屋のビアガーデンマイアミのキャンペーンガール。かとうがマイちゃん、沙月がアミちゃんとしてステージに出演していた。(ビアガーデンマイアミのサイトの「歴代マイちゃんアミちゃん」
  2. ^ ビアガーデン マイアミ(2011年04月27日)(名駅経済新聞)2016年12月23日閲覧
  3. ^ 愛知・三重・岐阜から、夢を叶えに東京で集まったよ!「平成琴姫」(中日新聞プラス)2016年12月21日閲覧
  4. ^ 名古屋ビアガーデンマイアミ☆(ゝω・)vキャピ」(お絵描きレーター桃屋マミ)
  5. ^ 平成琴姫、3周年ライブでリーダー交代新体制を発表(OKMusic)
  6. ^ 「年齢公開しました」(ゆいのラララ日記♪)
  7. ^ a b 「緊迫のアイドルオーディション現場にナマ密着――新生「平成琴姫」誕生の舞台裏」(日刊SPA!)
  8. ^ プロフィール(平成琴姫 公式ウェブサイト)
  9. ^ 新しい担当名☆(ゝω・)vキャピ(桃屋 マミ ブログ)
  10. ^ 自宅出産しまして母子ともに健康☆(ゝω・)v (桃屋 マミ ブログ)
  11. ^ 【芸名報告】ワンマンまで後3日(沙月 美祐ブログ)
  12. ^ 【※お知らせ※】今後の活動(沙月 美祐ブログ)
  13. ^ ショルダーハープ(株式会社三創楽器製作所ホームページ)
  14. ^ Heisei Kotohime | HYPER JAPAN : The UK’s biggest J-culture event.
  15. ^ モノsta.ライブ予定表(千葉モノレールホームページ内)
  16. ^ オリコンCDシングル週間ランキング(2013年7月8日付)(ORICON STYLE)
  17. ^ オリコン インディーズCDシングル週間ランキング(2013年7月8日付)(オリコン★インディーズ)
  18. ^ a b 丸山崇志 (2014年7月12日). “【三重】9曲収録「歌って元気になって」“歌う医師” 4枚目CD”. 中日看護師の卵ナビ. 2016年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月11日閲覧。
  19. ^ a b 中村和男 (2014年10月10日). “歌う医師、全国デビュー!!”. PoorGirl(プアガール). 2016年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月11日閲覧。
  20. ^ オリコンCDシングル週間ランキング(2014年4月21日付)(ORICON STYLE)
  21. ^ オリコン インディーズCDシングル週間ランキング(2014年4月21日付)(オリコン★インディーズ)
  22. ^ オリコンCDシングル週間ランキング(2015年2月16日付)(ORICON STYLE)
  23. ^ オリコン インディーズCDシングル週間ランキング(2015年2月16日付)(ORICON STYLE)
  24. ^ オリコンデイリーCDアルバムランキング(2016年2月29日付)(ORICON STYLE)
  25. ^ オリコンウィークリーCDアルバムランキング(2016年3月14日付)(ORICON STYLE)
  26. ^ みのおFM番組表
  27. ^ 「週刊サタワイ」ブログ
  28. ^ 「あしたへ・・・笑顔りんりん水曜日」ブログ
  29. ^ 1/5(日)i-BAN!!放送後記♪
  30. ^ 北参道放送局の公式Youtubeチャンネル
  31. ^ 「フォレストフォンチャンネル」:アイドルライブ「もぐナイト」x「United Tones Of Scarlet」
  32. ^ 「レディオガガチャンネル」:アニドルTVプレミアムSP
  33. ^ 「AKIBAエンタメチャンネル」:LIVEアイドル図鑑 投票中間速報!
  34. ^ 「KawaiianTV」内の番組「グッモーニンッ!アイドルRadio体操!」
  35. ^ 「Wedding Channel」の「横浜ウエディングストーリー#23」
  36. ^ 「横浜ウエディングストーリー#24」
  37. ^ 「「平成琴姫」大躍進の2013年とワンマンライブへの想い」
  38. ^ 「平成琴姫ワンマン目標達成とセカンドシングル決定」
  39. ^ 「アイドル誕生!TV」独占インタビュー「日本を代表するアーティストになって海外進出したいです!」
  40. ^ 「アイドル誕生!TV」独占インタビュー「目の前の人たちが笑顔になるのを見れて嬉しかったです」
  41. ^ 「次は下克上で天下取り!?平成琴姫セカンドシングル感謝イベントレポート」
  42. ^ 「アイドルわちゃ」【独占インタビュー】和風アイドル「平成琴姫」
  43. ^ 和風アイドル「平成琴姫」が渋谷で重大発表!ライブレポート
  44. ^ 愛知・三重・岐阜から、夢を叶えに東京で集まったよ!「平成琴姫」
  45. ^ 平成琴姫、ワンマンライブで念願の海外進出を発表
  46. ^ 平成琴姫ワンマンライブ『夢見月~春一番!』ライブレポート「衛兵様のたくさんの笑顔が見れました!」
  47. ^ 平成琴姫、初舞台直前インタビュー『ターニングポイントになる舞台』
  48. ^ 平成琴姫、3周年ライブでリーダー交代新体制を発表
  49. ^ 平成琴姫が新生体制の旗揚げに伴い、新メンバー募集オーディションを開始
  50. ^ 「よりパワーアップしたねって感じてもらいたい!」 新スタートを切った“新生平成琴姫”に迫る!
  51. ^ 「平成琴姫ワンマンライブ『琴姫城 RETURNS』レポート「新章の幕開け」」
  52. ^ 平成琴姫きせかえ壁紙(Google Play)
  53. ^ 日本初、日替わりクーポンサイト「Piku(ピク)」
  54. ^ DAMCHANNEL
  55. ^ 平成琴姫-LINEスタンプ
  56. ^ DMM.yell

オフィシャルサイト[編集]

ブログ[編集]

Twitter[編集]

その他[編集]