平松伸二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

平松 伸二(ひらまつ しんじ、1955年8月22日 - )は、日本漫画家岡山県高梁市出身。血液型O型。妻は漫画原作者の安江うに。代表作に『ドーベルマン刑事』『ブラック・エンジェルズ』『マーダーライセンス牙』など。

来歴[編集]

中学生の頃から漫画を描き始める。岡山県立高梁高等学校在学中、1年生の時に描いた『勝負』(週刊少年ジャンプ)でデビュー。在学中に5、6本の読み切りが載り、集英社の編集者にスカウトされ上京[1]中島徳博アシスタントとして働いたのち、1974年『ドーベルマン刑事』で連載デビュー。

法で裁けない悪党・外道を徹底的に叩き潰す主人公達の活躍を描いた作品が多い一方、『リッキー台風』や『どす恋ジゴロ』といった格闘技漫画も少なからず描いており、両作品ともセクシー描写が多く導入されている。

2015年、「ドーベルマン刑事」連載40周年&「ブラック・エンジェルズ」完結30周年を迎えるにあたって、ケンドーコバヤシが司会を務めるテレビ番組『漫道コバヤシ』(2015年7月21日放送、『祝!「ドーベルマン刑事」連載40周年&「ブラック・エンジェルズ」完結30周年!平松伸二SP』、フジテレビONE)に出演。製作秘話などを多く語った[2]

作品リスト[編集]

読切[編集]

  • モモタロー'87(単行本『モンスターハンター 平松伸二短編集』に収録)

師匠[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「赤鮫が行く‼︎」 第4回 外道漫画家『平松伸二』インタビュー - Manga Style 2014年7月11日付
  2. ^ 【解禁】漫道コバヤシ#18は平松伸二先生!”. 「漫道コバヤシ」公式ブログ (2015年6月27日). 2016年3月29日閲覧。