平林たい子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

平林 たい子(ひらばやし たいこ、1905年(明治38年)10月3日 - 1972年(昭和47年)2月17日)は、日本小説家。本名、平林タイ

生涯[編集]

現在の長野県諏訪市(旧諏訪郡中洲村)出身。貧しい農家に生まれ、12歳の頃にロシア文学を読んだことがきっかけで作家になることを決心し、上諏訪町立諏訪高等女学校(現在の長野県諏訪二葉高等学校)に首席で入学。高女時代に社会主義に関心を持ち始め、同校卒業後に上京して交換手見習いとして働き始め、アナーキスト山本虎三と同棲。山本の姉を頼って朝鮮に渡るが、1ヶ月で帰国。関東大震災直後のどさくさの中で検挙され、東京から離れることを条件に釈放される。結局日本では生活できなかったため満州に行き、大連の病院で出産するが、この女児は栄養不足のため、生まれてわずか24日目に死亡した。労農芸術家連盟に属し、その体験に基づく『施療室にて』でプロレタリア作家として認められる。1927年(昭和2年)小堀甚二と結婚(1955年(昭和30年)、小堀に隠し子がいたことが判明したため離婚している)。1946年(昭和21年)『かういふ女』で第1回女流文学者賞を受賞した。

戦後は、転向文学の代表的作家とも言われ、政治的にも民社党を結党当初から支持するなど反共右派色を強めていった。更に保守系の言論人団体である日本文化フォーラム・言論人懇話会にも参加している。

松本清張について、複数の助手作家を使った工房形式で作品を作っているのではないか、と韓国の雑誌『思想界』で指摘した。これに対し松本は、『日本読者新聞』において反論している。また『文藝春秋』誌1963年(昭和38年)7月号に掲載された対談での発言について、創価学会から組織的とも言える抗議を受けている(なお、この対談では藤原弘達も出席しており同様に藤原も抗議を受けた)。

平林の作品は、同時代の文学者や平林自身をモデルに創作された小説のほか、社会時評、随筆など多岐にわたる。戦時中、博徒の石黒政一に助けられたことでヤクザの世界に興味を持ち、『黒札』、『地底の歌』、『殴られるあいつ』などの任侠小説も書いた。1967年(昭和42年)『秘密』で第7回女流文学賞受賞。

没後、日本芸術院賞恩賜賞(1972年)を贈られ[1]、遺言により「平林たい子文学賞」が創設された。

諏訪市福島に「平林たい子記念館」がある。

宇野千代との交流[編集]

作風は全く違うが、宇野千代への思い入れは強く、宇野の着物の店の良き常連客であり続け、宇野が事業に失敗した際にも、宇野に頼まれるまま、黙って20万円(現在の500万円相当)を差し出している[2]。しかし、宇野が執筆より事業に熱心であることに不満を持っており、その執筆態度が趣味的であると批判的だった[3]

作品リスト[編集]

  • 『施療室にて 平林たい子短篇集』文芸戦線社出版部 1928
  • 『殴る』改造社 1929
  • 『敷設列車』日本プロレタリア傑作選集 日本評論社 1929
  • 『耕地』新鋭文学叢書 改造社 1930
  • 『石鹸工場の同志』鹽川書房 プロレタリア前衛小説戯曲新選集 1930
  • 『花子の結婚』啓松堂 1933
  • 『悲しき愛情』ナウカ社 1935
  • 『かういふ女』筑摩書房 1947 のち新潮文庫
  • 『私は生きる』板垣書店 1947 のち角川文庫
  • 『人生実験』八雲書店 1948
  • 『女親分 他7篇』青々堂出版部 1949
  • 『たい子日記抄』板垣書店 1949
  • 『地底の歌』文芸春秋新社 1949 のち角川文庫
  • 『露のいのち』文芸春秋新社 1949
  • 『栄誉夫人』東京文庫 1950
  • 『情熱紀行』大日本雄弁会講談社 1950
  • 『春のめざめ』中央公論社 1950
  • 『夢みる女』六興出版社 1950
  • 『炎の愛』湊書房 1951
  • 『夫婦めぐり』主婦之友社 1952
  • 『愛情旅行』新潮社 1953 のち文庫、角川文庫
  • 『桃色の娘』読売新聞社 1953
  • 『追われる女』毎日新聞社 1954
  • 『うつむく女』新潮社 1956 のち文庫
  • 『女ひとり』大日本雄弁会講談社 ロマン・ブックス 1956
  • 『女二人』近代生活社 近代生活新書 1956
  • 『殴られるあいつ』文芸春秋新社 1956
  • 『愛あらば』弥生書房 1957
  • 『女は誰のために生きる』村山書店 1957
  • 『砂漠の花』光文社 1957
  • 『妻は歌う』毎日新聞社 1957 のち角川文庫
  • 『炎の女 妲妃のお百・花井お梅高橋お伝』新潮社 1958
  • 『にくまれ問答』光文社カッパ・ブックス 1959
  • 『愛と悲しみの時』文芸春秋新社 1960
  • 『男たち』新潮社 1960
  • 『自伝的交友録・実感的作家論』文芸春秋新社 1960
  • 『情熱の市』講談社 1960
  • 『ソヴィエト文学の悲劇 パステルナーク研究』編 思潮社 1960
  • 『豊満聖女』角川書店 1960
  • 『不毛』講談社 1962
  • 『現代の貞女』講談社 1965
  • 『愛と幻』講談社 1966
  • 『真昼の妖術』サンケイ新聞出版局 1967
  • 『作家のとじ糸』芳賀書店 1968
  • 『秘密』中央公論社 1968
  • 『鉄の嘆き』中央公論社 1969
  • 『林芙美子』新潮社 1969
  • 『平林たい子の自選作品 現代の女流作家』二見書房 1972
  • 『宮本百合子』文芸春秋 1972
  • 『平林たい子全集』全12巻 潮出版社 1976-79
  • 『こういう女・施療室にて』講談社文芸文庫 1996
  • 『林芙美子 /宮本百合子』講談社文芸文庫、2003
  • 『平林たい子毒婦小説集』講談社文芸文庫 2006

映画化作品[編集]

参考書籍[編集]

関連書籍[編集]

  • 小堀甚二『小説 妖怪を見た』角川書店 1959
  • 阿部浪子編『人物書誌大系 平林たい子』日外アソシエーツ 1985
  • 阿部浪子『平林たい子 花に実を』武蔵野書房 1986
  • 村野民子『沙漠に咲く 平林たい子と私』武蔵野書房 1991
  • 中山和子『平林たい子』新典社 女性作家評伝シリーズ 1999

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『朝日新聞』1972年4月12日(東京本社発行)朝刊、23頁。
  2. ^ 「意識の近代化と文学 その三」岡田秀子
  3. ^ カルチャーラジオ NHKラジオアーカイブス「宇野千代」(1)